レポート

「Web CMS導入後2年を語る! 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のWeb CMS活用事例」セミナーレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2010年11月2日,FatWire株式会社主催による「Web CMS導入後2年を語る! 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のWeb CMS活用事例」と題したセミナーが開催されました。複数のシステムでユーザー認証を共通化するシングルサインオン,そしてシステム開発におけるプロジェクトのリスクを低減する手法などについて説明が行われ,多くの受講者が熱心に耳を傾けていました。その模様をレポートしていきます。

セッション1 欧米で普及するPOC

FatWire株式会社
代表取締役社長 田中猪夫氏

FatWire株式会社 代表取締役社長 田中猪夫氏

まず最初に登壇したのは,FatWire株式会社の代表取締役社長である田中猪夫氏です。FatWireは米国を始め世界各地に拠点を設置,ワールドワイドでソリューションを展開していると説明し,Web CMS導入における海外と日本の違いとして,POC(Proof of Concept:概念実証)が日本で行われることが少ないと指摘します。

POCとは,プロダクトや開発パートナーを選定する際,そのプロジェクトにおいてもっとも重要なこと,鍵となる技術について実際に実装を行い,ユーザー側の要求を満たせるかどうかを確認するというフェーズです。田中氏によれば「日本では書類のやり取りのみで済ませられることが多く,POCが実施されることは少ない」とのことです。

一方欧米では,まずユーザー企業から提出されたRFP(Request For Proposal:提案依頼書)に対して5社程度が提案書を提出,その内容から2社程度に絞り込まれ,重要なポイントに対してPOCを実施,十分なパフォーマンスがあるのか,他のシステムとの連携に問題はないかを確認することが多いと田中氏は話します。

開発プロジェクトにおいて,たとえばシステム連携が想定していたよりも困難で,それによって開発期間が大幅に伸びてしまったという例は少なくないでしょう。こうしたトラブルを未然に防げるというだけでなく,ユーザーとベンダー双方において,そのプロジェクトで何がポイントになるかを明確にできることなどを考えると,POCは極めて有効です。

なおFatWireでは,POCを行った実績も多数あると話し,最後に「今後も積極的にPOCに取り組んでいく(田中氏)⁠と締めくくりました。

セッション2 リニューアルで浮き上がった課題

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部 竹森賢司氏

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 広報部 竹森賢司氏

続けて登壇したのは,伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 広報部の竹森賢司氏です。

伊藤忠テクノソリューションズは,オープン系システムインテグレータとして企業の情報システムやインフラの構築,そしてコンサルティングなどを提供しており,大規模ネットワークやデータベース,各種情報システムの構築を得意としています。

創立されたのは1972年で,2006年には伊藤忠テクノサイエンス株式会社と,株式会社CRCソリューションズの経営統合が実施されます。これをきっかけに,ブランド統合などの経営統合プロジェクトの1つとしてコーポレイトサイトのリニューアルが検討課題となりました。

それ以前のコーポレイトサイトについて,⁠事業グループが単独でWebサイトを持っていたり,あるいは同じコンテンツを複数の部署がそれぞれのページにおいて公開していたりと,統合的に管理されていなかった(竹森氏)⁠とのこと。

そこではじめに取り組んだのは,現在のWebサイトにどのようなコンテンツがあるのか,そしてサブドメインで公開されているWebサイトにどういったものがあるのかなどといった調査でした。さらに組織ごとにコンテンツの内容や更新頻度,技術的な必須条件などをヒアリングによって洗い出し,現状把握を進めていきます。

この中で明らかになった問題点として,⁠各コンテンツのオーナーがばらばらにアップロードしているという状況で,情報の欠落も少なくなかった。またコンテンツの再利用が実現されていないため,バージョンの異なる同じ情報がアップロードされているという状況が発生していた」と竹森氏。またコンテンツをアップロードするための仕組みが整備されていなかったことも課題だったと語ります。

FatWireのWeb CMSとID管理システムを連携

そこで竹森氏らはこれらの課題を解決するためにWeb CMSツールの導入が必須であると判断します。そのWeb CMSの選定にあたって重視したのは,⁠スモールスタートが可能」⁠⁠拡張性が高いこと」⁠⁠OSに依存しないこと」などで,さらに重視したのが「既存のID管理システムと連携できること」でした。

「リニューアル後のコーポレイトサイトの規模は大きく,それぞれの領域を担当するコンテンツオーナーが140名ほど存在している。さらに1人1つのコンテンツとは限らず,管理権限は複雑化していくため,手作業で管理するのは困難だった(竹森氏)⁠

そこですでに運用されているID管理システムとWeb CMSを連携できれば,既存のID管理の枠組みの中で,Web CMSに対する権限も割り当てられ,管理の煩雑さを軽減できるというわけです。

こうした中で選定されたのがFatWireのWeb CMSである「FatWire Content Server」でした。特にID管理システムとの連携において,FatWireではLDAPサーバや種々のID管理ソリューションとの連携が可能です。

現在コンテンツ更新に携わるアクティブユーザー数は約140名で,それにもかかわらずリニューアル後2年が経過した今も,当初のクオリティを維持しながらコーポレイトサイトを運営できていると言います。最後に「今後もコーポレイトサイトを日々進化させて,よりよいものにブラッシュアップしていきたい」と抱負を述べ,セッションを締めくくりました。

コメント

コメントの記入