レポート

ソーシャルWebやHTML5/CSS3のポイントが解説された「Web Directions East 2010」レポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

11月15日,Webとビジネスをつなぐ発想と創造をテーマに掲げるカンファレンスWeb Directions East 2010が野村コンファレンスプラザ日本橋にて開催された。本稿では,前後編に分けて本イベントのレポートをお届けする。

なお,イベントは「デザイン」「マーケティング」「W3C」の3つトラックがあったが,本稿では「デザイン」トラックのレポートとなる。

オープニング

はじめに,Web DirectionsのオーガナイザーであるJohn Allsopp(ジョン・アルソップ)氏と,Web Directions Eastのオーガナイザーの菊池氏より,今年のカンファレンスの開始が宣言された。

写真1 オーガナイザーのJohn Allsopp氏と,Eastのオーガナイザーである菊池氏

写真1 オーガナイザーのJohn Allsopp氏と,East担当の菊池氏

オープニングキーノート:Brian Boigon氏「「フォロー・ミー」世代を開拓する」

Brian Boigon(ブライアン・ボイゴン)氏はモバイルソーシャルメディアにおける多様的なコミュニケーションを研究しており,「我々は現代社会のLEGOモジュールである」と語る。

写真2 Brian Boigon氏

写真2 Brian Boigon氏

LEGOのピースのように,組み合わせて大きく複雑なものを構築でき,すぐに壊してまたまったく違ったもの,もしくは拡張の一部になることもできる。我々はそういった世界の一部で,また近代から現代にかけてのモバイルのメッセージシステムも同じ形態を持つという。

近代のテレビやラジオなどの従来のメッセージシステムは一方的であり,発信者側がコントロールしていた。ところがポータブルの携帯電話やインターネットデバイスが登場したこと,またYoutubeなどのサービスの発展により,今までメッセージの受け手だった人たちがコンテンツパブリッシャーへと変化する。

氏はその世代をフォロー・ミー世代とし,その世代に対するアプローチを構築する上で,もう一度過去のアプローチを振り返り,どういったことができるかを考えることが重要だとした。

広告は,それが悪いことではないとした上で,「広告とは即ちである」という。あたかも真実であるかのように幻想と,なにか別の真実を視聴者に伝える,メッセージを含んだコンテンツ。それが広告である。

そして,メッセージを市場に浸透させる基本的なアプローチであるバイラルマーケティングを使ったプロジェクトとして,プレスリーのラッピングバスキャンペーン,ラスベガスのカジノでの携帯クーポンなどの事例を紹介。これは現代の日本でも頻繁に行われているアプローチの一つだ。

写真3 プロジェクトを担当した経験から,バイラルマーケティングが解説された

写真3 プロジェクトを担当した経験から,バイラルマーケティングが解説された

また,マイクロソフトが展開するXBOXなどで使用できる電子通貨Microsoft Pointsを取り上げ,「物理的なチケットがバーチャル世界を繋ぎ,一種のミクロ経済を構築している」とした。

氏はフォロー・ミー世代にアプローチするためには,従来の文化と新しい文化の形から生じるパラドクスを理解する必要があると語る。モバイルサービスにおけるソーシャルネットワークは定住型であり,人々は家にいながら,拡張現実の中で世界中を移動することができる。それによって誰もがパブリッシャーになりえるのは明らかだ。

既に,旧世代ではあり得なかったパブリッシャーたるコンシューマーそのものが商品のプロデュースする,という現象が起こっている。それをうまく利用し,リバース・マーケティングとしてモデル化することが,フォロー・ミー世代とソーシャルネットワークに対するアプローチとして必要なのだ。

最後に,現在のソーシャルネットワーク社会におけるマーケティングは非常に複雑でカオス化していることが語られた。その中では,自らをマッピングし,何が必要とされているのかしっかりと見据えることが重要だとした。

写真4 大学の講義で利用している図を利用しながら,現在のソーシャルネットワーク社会を解説

写真4 大学の講義で利用している図を利用しながら,現在のソーシャルネットワーク社会を解説

セッション休憩中:Gene Wong氏「PayPal X - Japan and beyond」

セッション休憩中を利用して,PayPal X担当のGene Wong氏より,現在のPayPalの状況,そして日本へのアプローチについて話があった。サービスの部分については,具体的なサイトBoyaaなど)を挙げて解説した。

写真5 Gene Wong氏

写真5 Gene Wong氏

Bruce Lawson氏「HTML5の鉄人になろう」

「HTML5はタイの寺院のようなものだ。モダンと伝統が融合している」と語るBruce Lawson(ブルース・ローソン)氏はOpera社のオープンWebスタンダードエバンジェリストとして数々の講演やワークショップを行っている。本セッションでは,HTML5の誕生までの背景と新しい要素を解説した。

写真6 Bruce Lawson氏

写真6 Bruce Lawson氏

HTML5誕生までの経緯として,1998年,ブラウザベンダーごとに要素やレンダリング仕様などの独自実装が頻繁に行われていたこの時期,W3CがXHTML2.0を予告。HTMLを純粋なXML言語としての昇華を目標とする。このとき,MozillaおよびOperaは「HTML4は論文を書くためのもので,RIA開発には向かない。特定の企業が先走ってはならない」と発表し,仕様統一に参画する。しかし時は経て2007年,W3CはHTMLの見直しを示唆し後にXHTML2の開発を中止,現状のHTML5路線に移っていく。

氏は,HTML5の仕様策定の原則として「新しい道を造るのではなく,これまでのやりかたを活用する。牛の通り道を舗装している」と語る。まったく新しいものではなく,後方互換性を意識し,かつ定義が明確なマークアップ言語ということである。つまり,HTML5は4.01の後継ではないということだ。HTML5は4.01の拡張しつつ,優れた実装と仕様をより堅牢な形で調整されていると説明した。

そして,HTML5で変更された主な仕様を紹介した。もっとも大きな変更の一つとして,section要素やarticle要素,nav要素などのセクショニングコンテンツと,header要素/footer要素などの新しいフロー・コンテンツについて解説。

今までのHTML4では,マークアップの主要素はdiv要素だった。HTMLはマークアップ言語である以上,文章の構造化という意味で,このままでは歪だ。そこでサイトをランダムに選び,div要素によく使われているclassidを抽出。頻度と妥当性を検証し,新しい要素名を決定したという。

また,これまで実装が難解だったフォームを改善。いままでJavaScriptを使わなければならなかった機能をHTML5に内包し,HTML5はユーザーライクとシンプルさを前提に実装されている。これにより,アドレスや入力文字の正当性を評価するバリデートを始め,スライダーやカレンダーなどの従来JavaScriptが必要な部分がHTMLのみで可能になった。さらに,モバイルスマートフォン向けの機能としてinput要素のフォーカス時に使用できるソフトウェアキーボードの選択も設定可能になっている。

写真7 HTML5ではフォーム周りを手軽に実装できるようになる

写真7 HTML5ではフォーム周りを手軽に実装できるようになる

次に,「<object>タグは美しくなかった」と,埋め込み要素の一つであるvideo要素を紹介。拡大縮小可能な動画が再生でき,ネイティブコントローラーももちろんスケーラブルだ。また,a要素を内包することでHTML5を実装していない古いブラウザでの代替を設定可能であり,その例としてYoutube動画を利用したFallBackOptionを紹介。「HTML5とFlashの共存」と評価した。コントローラ部分の拡張には,DOM APIによって提供されるためJavaScriptを使って開発することになるが,CSS3で作った動画プレイヤーを見せ,シンプルかつ重要な機能を簡単に実装できるとしている。アクセシビリティの面では,ビデオ上に字幕を乗せることができるtrack要素が加わっている。文字選択や言語,デバイスによった条件分岐が可能だ。また,メディアクエリーによって,デバイスごとの再生動画の変更といった,従来ユーザー側が個々に選択していた部分を吸収する機能も備わっている。便利なvideo周りでぜひ使用していきたいが,そうもいかないのも現実だ。現状ではブラウザによってビデオフォーマットが異なることを考えなければならず,主にベンダー間の問題であるだけに複雑で,氏は「悲しい話」と語った。

写真8 Dragonfly(Opera)を利用して,開発も容易に

写真8 Dragonfly(Opera)を利用して,開発も容易に

そして,canvasとsvgの違いと使い分けについての解説。canvasはScriptableなビットマップイメージであり,今までプラグインが必要だったものだ。ドローイングのためのAPIをJavaScriptによって操作することが基本となる。canvasはビットマップのためスケーラブルではない。逆にSVGはスケーラブルベクターであり,またAPIではなく一つの形式である。主要なモダンブラウザとIE9がサポートし,XMLでテキストベースのためアクセシブルなのも特徴的だ。ケースバイケースで選択することが重要だと氏は説明する。

最後に,HTML5について「FlashやSilverlightは重要だが,一つの企業が手中に収めるべきではなく,HTML5のようなオープンスタンダードが必要。しかし,前者の既存コンテンツを殺すと言うことを考えるのはナンセンスだ。選択肢が増えると考えて欲しい。優れたデベロッパーは適した選択肢を選ぶのだ」と語った。

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入