レポート

マネタイズとアウトプットを意識する~エンジニアの視点から考えるネットサービス:エンジニアブレークスルー#02レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

エンジニアがどのようにしてブレークスルーしていけるか

エンジニアブレークスルーは,その名のとおり「エンジニアがどのようにブレークスルーしていけるか」をテーマに,株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ 山崎徳之氏を中心にスタートした活動。10月7日に,スタートアップデイティングの一企画として第1回が開催され,今回初の単独開催として,第2回目開催の運びとなった。今回は二部構成で,一部がパネルディスカッション,二部がパネリストと参加者の交流を兼ねたエンジニア査定大会が実施された。

イベントの企画者でもあり,モデレータを務めた山崎氏。

イベントの企画者でもあり,モデレータを務めた山崎氏。

エンジニアの視点から考えるネットサービス

今回のパネリストは以下の通り。

  • 米林正明 氏(株式会社Abby)
  • 閑歳孝子 氏(株式会社ユーザーローカル)
  • 和田修一 氏(株式会社ロケットスタート)
  • 和田裕介 氏(株式会社ワディット)
  • 天野仁史 氏(オーマ株式会社)
  • 並河祐貴 氏(株式会社サイバーエージェント)
  • 小林 隆 氏(株式会社ブレインパッド)
  • 堀 邦明 氏(フリーランス)
  • 福永康司 氏(fkoji.com)
  • 佐藤一憲 氏(有限会社スティルハウス)

第1回目から7名が再登壇し,和田(裕)氏,天野氏,堀氏が,今回初登壇となった。

前回に引き続き,モデレータは山崎氏が務めた。

左手前から右に向かって,和田(裕)氏,和田(修)氏,閑歳氏,米林氏。

左手前から右に向かって,和田(裕)氏,和田(修)氏,閑歳氏,米林氏。

右手前から左に向かって,天野氏,並河氏,小林氏,堀氏,福永氏,佐藤氏。

右手前から左に向かって,天野氏,並河氏,小林氏,堀氏,福永氏,佐藤氏。

「ゴール=作ること」から「ゴール=使ってもらうこと」

オープニングの自己紹介は閑歳氏から。現在,⁠なかのひと」⁠Twitraq」などの開発・提供を行っている立場から,⁠以前は作ることがゴールになりがちだったのですが,最近は,ユーザ向けのサービスを提供するようになり,継続的に使ってもらうこと,そして,何かしらの対価を発生させることをゴールとして意識するようになりました」とコメントした。これは,職業としてのエンジニアとして見た場合に,非常に重要なポイントと言えよう。

一方,さらにユーザ目線の立場でコメントしたのが,Meity.jpの作者でもある福永氏。⁠僕がいつも考えているのは,便利なもの。便利なツールを作ることを目指しています。便利なツールというのは,それ以上に便利なツールが現れない限りずっと使ってもらえるから。単に人が集まる(一過性の)サービスだと飽きられて終わってしまいますね」と,やはり別の言い回しから,使ってもらうサービス/ツールを作る重要性を訴えた。

企画屋とエンジニアの違い

引き続き,オープニングの自己紹介が進む途中,モデレータの山崎氏から「もう少し対象を狭めて,エンジニアが考える(エンジニアならではの)サービスってどう?」という問いに対し,株式会社ワディット和田(裕)氏から,次のようなコメントが述べられた。

「エンジニア視点っていうのは,つまるところ,企画屋と技術者の違いじゃないでしょうか。つまり,実装技術を知っているかどうか。エンジニアの場合,技術の裏付けから企画が上がってきます。たとえば,位置情報を使えるとこういうことができるとか,スマートフォンを対象にするならここまでできる,とか。

一方で,企画屋,あるいはデザイナーまで幅を広げたとき,その視点で提案される企画の多くは⁠できるかどうかはわからないけど面白そう⁠というのが裏側にあります。これは重要で,できることにだけ縛られてもいけないと思いますね。

ただ,どちらが良いか悪いかではなくて,ようはニーズからのアプローチ,アイデアからのアプローチさまざまなものがある中で,エンジニアは実装できることを知った上で作れることが特徴になります」という,自身の経験を踏まえたメッセージが述べられ,パネリストからも多くの賛同が得られていた。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入