レポート

「第1回 MongoDB JP & CouchDB JP 合同勉強会 in Tokyo」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

12月12日(日)「第1回 MongoDB JP & CouchDB JP 合同勉強会 in Tokyo」が開催されました。本勉強会はユーザーグループMongoDB JP発足後の初めてのイベントであり,CouchDB JPのメンバーに盛り上げていただく形での合同勉強会になりました。本稿では,この勉強会の模様をレポートします。

当日は12月の忙しい時期にも関わらず40名を超えるたくさんの人に参加していただきました。勉強会は14:00から19:00までと長時間に及ぶものでしたが,お菓子やコーヒーを飲みながらリラックスして行われました。筆者は司会進行と2011年春に開催を予定している「MongoDB Conference in Japan」の告知,そしてセッションの発表を行いました。それではメインセッションを紹介していきます。発表者の皆さん,素晴らしいプレゼン,どうもありがとうございました!

@doryokujin「MongoDBを用いたソーシャルアプリのログ解析 ~解析基盤構築からフロントUIまで,MongoDBを最大限に活用する~」

筆者@doryokujin)はログ解析におけるMongoDBの活用事例をお話しさせて頂きました(発表資料はこちら)⁠筆者は約3ヶ月間,ソーシャルアプリの各種ログを一元管理・解析するための解析データサーバーとしてMongoDBを活用してきました。なぜログ解析にMongoDBを採用したのかの説明から,具体的な解析の流れやデータサーバーの構築方法,最後に現在のMongoDBに関するトレンドを発表させていただきました。

ログ解析においては,MongoDBの検索クエリの豊富さ,コンソールの扱いやすさ,node.jsやRESTといった機能によるデータの取り出しやすさに非常に強力なサポートになります。解析者に優しいデータベース,それがMongoDBだと筆者は確信しています。また最近データ量が増えてHadoopとの連携がより重要になってきています。MongoDBの開発元である10genもHadoopとの連携を積極的に進めているようですので,今後の動向に注目しつつ,それらの機能は積極的に検証していきたいと思います。

※中継ミスにより,右からの音が録れていませんでした。

@snamuraさん「Ameba PicoとMongoDB」

サイバーエージェントの@snamuraさんからは,累計登録ユーザー数 3,000,000,MAU 560,00を誇る大人気サービスAmeba Pico(アメーバピグの海外版)のMongoDBでの運用について,その具体的な方法と注意点などについてお話していただきました(発表資料はこちら)⁠

日本でMongoDBを使用しての実サービス運用事例は非常に稀少な例ですし,ましてやShardingやReplicationをいったスケーラビリティを考慮しないといけない大規模サービスについての事例でしたのでとても貴重なセッションになりました。AmazonEC2での具体的なサーバー構成をお話ししていただいた後,遭遇した様々な問題点とその対象方法を具体的に述べていただきました。例えば,Shardingが偏ってしまう問題はfoursquareでも発生していて,それにどう対処するのかなどは非常に参考になりました。さらにサーバー負荷のモニタリング方法やJava Asynchronou Driverの開発など,ハイレベルなMongoDBの活用事例に見習うところはたくさんありました。

※本セッションの序盤,配信サーバーにつながらず中継できなかったため,後半からしか録画が録れていません。

@yssk22さん「Big Couchについて」

CouchDB JPの主要メンバーである@yssk22さんからは CouchDBとCouchDB JPの2010年の活動を振り返えったあと,Big Couchについてお話ししていただきました(発表資料はこちら)⁠CouchDB JPの皆様は非常に精力的な活動を続けられていますので,MongoDB JPの方もこれに負けじと頑張っていきたいです。

CouchDBとは何か,Big Couchとは何かの紹介を面白くわかりやすく紹介していただいたあと,Big Couchの仕組みと動かし方を詳細に発表していただきました。特に実際の動かし方の手順をわかりやすく述べて頂いたあと,様々な実験検証を行い,q: シャード数・n: 複製するシャード数・w: 書き込み保証数・r: 読み込み保証数のトレードオフと,それによる運用の難しさをお話ししていただきました。また,佐々木さんは現在非常に注目度の高いnode.jsに関しても様々な活動もされています。

著者プロフィール

井上敬浩(いのうえたかひろ)

MongoDB JP主催者。MongoDB日本語ドキュメント訳もしています。現在はアルバイトとして芸者東京エンターテインメントGTEでソーシャルアプリのログ解析を1人で担当しています。Hadoop,MongoDB,GraphDB(Neo4j)を使用して,大規模かつ複雑なソーシャルデータの解析を行っています。解析技術においては業界一を本気で目指しています。

Twitter:@doryokujin

コメント

コメントの記入