レポート

「第3回クラウド勉強会」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2010年12月16日,不定期で開催している「クラウド勉強会」第3回を開催しました。運営を担当した筆者より,今回の勉強会の活動を報告させていただきます。

「第3回クラウド勉強会」の概要

クラウドをテーマにした勉強会をこれまで2回開催してきましたが,参加者の皆様からNoSQLの話が聞きたいという声をたくさんいただいたため,第3回ではNoSQL(KVS)をテーマにして開催しました。参加者数は,これまでで最大規模となり,約200名の方に参加いただきました。

司会進行は,2009年下期未踏ユースの大山有美氏@yumilcyに協力していただきました。また,今回の運営面での新しいチャレンジとして,ライトニングトーク(持ち時間5分)の発表枠を設けました。

それでは,各セッションの内容を簡単に紹介します。

「KVSのマルチテナント化」

はじめに,さくらインターネット株式会社の大久保修一氏@jq6xze_1より,基調講演をしていただきました。

KVSの説明やその広まり,ユースケースが紹介された後,マルチテナント化が語られました。また,Flareの利用事例,kumofsと比較したベンチマーク,利用する際のメリットと注意点が述べられました。

「Flareについて」

Flareの開発者のグリー株式会社藤本真樹氏@masaki_fujimotoより,Flareについて講演していただきました。

なぜNoSQLなのか,GREE内のどこの処理で使われているかが語られたほか,はまったところ,今後考えていきたいデータモデルなどが紹介されました。

「okuyamaについて」

okuyamaの開発者の株式会社神戸デジタル・ラボの岩瀬高博氏@okuyamaooより,okuyamaの仕組み,とそのユニークな機能について講演していただきました。

okuyamaは2009年12月から開発され,現在のバージョンは0.8.4。Javaで開発をされていて,実装はすべて一からオリジナルで作られたとのこと。現在は,株式会社リンクの協力のもと,引き続き開発・検証を続けられることが述べられました。

「ROMAユーザ拡張性の高いNoSQL DB」

ROMAの開発者の楽天株式会社の西澤無我氏@muga_nishizawaより,ROMAの開発背景,楽天サービス内での利用事例,主要な特徴とアーキテクチャについて講演していただきました。DSLでプラグインを簡単に記述して拡張ができるというところに,参加者の反響が大きかったようです。

著者プロフィール

佐伯真一(さえきしんいち)

株式会社サイブリッジモバイル 所属。

Twitter:@shinichi_saeki

コメント

コメントの記入