レポート

未来のWebにつながるネットワーキングイベント―JPNewTechプレパーティ開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

人材のマッチングと新たなサービスの創出を目指して

2011年1月22日,東京中目黒にある「中目黒ラウンジ」にて,クローズドなWeb界隈のネットワーキングイベント「JPNewTechプレパーティ」が開催された。

人材のマッチングとサービスの創出を目指す「JPNewTechプレパーティ」⁠

画像

これは,日本のWeb業界の中での,エンジニアとデザイナーのマッチング,そこから生まれるアイデアやサービスの創出を目的としたイベント。株式会社ヌーラボ代表取締役 橋本正徳氏@hsmt)⁠株式会社Abby代表取締役社長 米林正明氏@yone098の両名を中心に,エンジニア・デザイナー・メディアに関わる有志によって開催に至った。

将来的に世界に出ていける何かを生み出す場を作ろう

開催にあたり,米林氏から本イベントの趣旨が説明された。

「カオス」のその先にあるもの…それは?!

画像

「人と人が集まると,カオス(混沌)とした状態が生まれます。そこから,たとえば会社だったりサービスだったり,ユーザやコミュニティ,ときには結婚や友達といったプライベートの関係まで,さまざまなつながりが生まれてきます。JPNewTechは,こうした人と人とのつながりから生み出される「何か」を創出し,発展させることを目的に企画しました」と,ネットワーキングイベントの本質である「人と人とのつながり」の潜在能力,そこから広がる可能性について述べられた。

挨拶の仕方を教えます

趣旨説明に引き続き,橋本・米林両名から,挨拶の仕方と名刺交換など,ネットワーキングにおいて非常に重要な要素を,実演を交えた解説が行われた。

ネットワーキングは「はじめまして」から始めます。実際は,すでに多くの参加者が自然にネットワーキングをしており,⁠この部分の説明はいらなかったかな」とは,イベント終了後の橋本氏のコメント。

画像画像

「新春・Web業界大喜利2011」

オープニングに引き続き,⁠新春・Web業界大喜利2011」と題して,エンジニア/デザイナー,サービス/受託,さまざまな立場で活躍する4名によるパネルディスカッション形式の大喜利が行われた。

パネリスト
株式会社ユーザーローカル 閑歳孝子氏@kansai_takako
有限会社PLACES 堀内敬子氏@horri
株式会社キャピタル・アセット・プランニング 片山暁雄氏@c9katayama
株式会社ミクシィ 田中和紀氏@Tkazuki
進行
株式会社技術評論社 馮富久@tomihisa

今回のお題は以下の6つ。

  1. 2010年、一番影響を受けたWebサービスは?
  2. 映画にしてみたいWeb業界の人物・サービス
  3. Web業界、エンジニアとデザイナー何が同じ?何が違う?
  4. 僕が/私がWeb業界でやりたいこと、変えたいこと
  5. 一緒に働くならこんな人
  6. これからのJPNewTech、ぜひともこれは実現したい!

「新春・Web業界大喜利2011」⁠多種多様な回答が見られた。

画像

影響を受けたサービス,映画にしてみたい人物

まず,アイスブレイクとして1,2番目のお題が進行し,最初のお題ではKickstarter⁠閑歳氏)⁠Instapaper⁠堀内氏)⁠kabu.com⁠片山氏)⁠mixi⁠田中氏)という回答があり,⁠マネタイズにつながるサービス」⁠⁠生活に近いサービス」といったものが挙げられた。

2つ目のお題では,片山氏は「ゼロスタートコミュニケーションズCEO山崎徳之氏のこれまでを映像化してみたいですね」と,自身としても交流のある人物を挙げたり,また「ソフトバンク(孫社長)⁠堀内氏)「Apple(スティーブ・ジョブス)⁠田中氏)など,人物+会社の歴史を見たい,という回答が見られた。

エンジニアとデザイナーの違い

今回のイベントそのもののコンセプトにも関係のある3番目のお題では,⁠本質的なところでは違いがない」⁠堀内氏)という意見が出た一方で,⁠エンジニアは手抜きをしたがる,デザイナーはこだわりたがる」⁠田中氏)というように,会場からも「おっ」と同意される回答があった。ただ,4名全員に共通していたのは,⁠エンジニアもデザイナーも

クリエイティブな職種である」ということ。サービス開発・受託案件などに関わらず「何かを生み出す」ことは共通しているという意見だった。

「若手を育てる」「Exitするサービスを生み出す」

4つ目以降は,これからのJPNewTechの方向性とも関わるお題でもあるのだが,その中で印象的だったのが,⁠4.僕が/私がWeb業界でやりたいこと、変えたいこと」という回答に対して,パネリストの中で最も年齢の若い田中氏の「若者を育てる,学校をつくる。」という回答で,他のパネリストからも「これは重要」⁠若手からこういう意見が出ることがすごい」と,多くの賛同を得ていた。

「若者を育てる,学校をつくる。」と熱く語った田中氏。

画像

また,閑歳氏は「今目指したいのは(外部の企業や他の資本に)Exit(売却)できるサービスを作ること」と,楽しいサービス,ユーザを集めるサービスのさきとして,ビジネスとして成立するサービスの重要性を説く意見が挙がった。

最後の質問に関しては,⁠今までに出会ったことのない人と出会える場」⁠友だちを作る」と,まさに「ネットワーキング」という回答で締めくくられた。

パーティはお酒を片手に,カジュアルな雰囲気で進行した。

画像画像

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入