レポート

「東京Ruby会議05」開催レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2月4日(金),オブジェクト指向スクリプト言語Rubyについてのカンファレンス東京Ruby会議05を開催しました。本稿では,本イベントのレポートをお届けします。

カンファレンスのテーマ

東京Ruby会議05は地域Ruby会議のひとつで,東京地域では5番目,全国では20番目となります。このカンファレンスの開催にあたっては,⁠もっと会議を,もっと対話を,もっと挑戦を」をテーマとして,これからもっとRubyをたのしむようになること,参加者同士の話し合いを軸にアクティブにイベントや集まりに参加できるようなきっかけになることを主眼に置きました。

会場

会場として,渋谷・神泉にある株式会社ECナビの社内バー「AJITO」を提供していただきました。海賊船をモチーフとした造りとなっており,テレビや雑誌の撮影・収録もよく行われている,ユニークな施設です。

東京Ruby会議05の会場。ECナビ 社内バーAJITO

東京Ruby会議05の会場。ECナビ 社内バーAJITO

こういった場所であれば初めて会った人同士でも話しをしやすいかと思い,会場として使わせていただきました。金曜夜の渋谷に集まって,いい雰囲気のバーで軽食とお酒やソフトドリンクを片手に語り合うという,いつもとは趣が違うカンファレンスを開催できたのではないかと思います。

名札

Ruby会議に参加したことがなくても,勉強会やイベントなどでRuby会議の名札を目にしたことはあるという人は多いかと思います。東京Ruby会議05でもRuby会議らしい大きい名札を配布し,太いペンで名前を記入していただきました。

Ruby会議らしい大きい名札

Ruby会議らしい大きい名札

プログラム

プログラムは,トークセッションと,興味あるテーマごとに参加者が集まってお互いの考えや思いを話し合うのテーマトークの2本立てとしました。

トークセッション

トークセッションでは,90年代からRubyを利用し続けていて,日本Rubyの会の会長としても著名な高橋征義さんに,Rubyのたのしさについてお話いただきました。

高橋さんといえば,高橋メソッドというプレゼンテーション技法でエンジニアのみならず広く名が知れ渡っていますが,今回はスライドを使わず,ホワイトボードを使って参加者たちと近い距離で対話するような進め方となりました。

Rubyのたのしさについて語る,高橋征義さん

RubyRubyのたのしさについて語る,高橋征義さん

今日のRubyの発展は,他の言語では見かけない,なんとも名前の付け得ないたのしさというものにフォーカスしたことが繋がっているのではないかという話ののち,参加者に楽しいと感じるのはどこか,楽しいと感じないところはどこかを問いかけながら話を展開するという,双方向のセッションとなりました。そのなかでは,参加者同士でのオープンな応答で盛り上がる場面もありました。

高橋さんからの問いかけの中に,普段はどの環境でRubyに触れているかというものがあり,参加者の開発環境ごとの割合が明らかになりました。それぞれMac,Windows,Mac以外のUnix/Linuxなどで1/3ずつとなり,最近のRubyのイベントではMacユーザが多いというイメージとは異なる,面白い結果となりました。

著者プロフィール

東京Ruby会議05実行委員会

東京Ruby会議05を開催するためのプロジェクトチーム。若手Rubyistと新進気鋭のデザイナで構成。

Rubyist:こしばとしあき(@bash0C7),櫻井達生(@tatsuoSakurai/株式会社万葉),池田正人(@ikm),岩本政樹(@masaki925
デザイナ:伊藤ジュンイチ(http://451system.net/

バックナンバー

2011年

  • 「東京Ruby会議05」開催レポート

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入