レポート

第4回RightScale User Conferenceレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

プライベート,パブリックのクラウドを管理するmyCloudの可能性とは

2011年6月8日,米国ニューヨーク州ニューヨーク市のJavits Centerで行われた「Cloud Computing Expo 2011 New York」⁠以下Cloud Expo)の一角を貸し切ってマルチクラウド管理ツールを提供しているRightScale社のRightScale User Conference⁠以下RS Conf)が開催されました。

RS Confは参加無料のRightScaleに関わっている人たちのための情報交換の場として毎年開催されており,今年で第4回目になります。

「Real Cloud Experience. Shared.」と題して,RightScale社からはプロダクトマネージャー,開発者やマーケティング,RightScaleと提携をしているクラウドベンダー,RightScaleを実際に利用しているエンドユーザの3者が交わり,より良いクラウド構築について学び,議論する場になっていました。

Cloud Expoとは違い,ラフな格好をしている参加者が多く,各セッションとも多くのユーザが発表者の説明に耳を傾けていました。

RS Confのスポンサー企業には,IaaSサービスを提供しているパブリック・クラウドのAWSや,プライベートクラウドを構築提供しているCloud.com,Eucalyptus,NoSQLを提供しているCouchBaseなど多くのクラウド業界のトッププレイヤーが協賛していました。

本イベントには事前登録者が700人以上登録があったそうで,CEOのMichael Crandell氏のイントロダクションには250人以上が参加がありRightScaleに熱い関心と注目が行っている事を実感しました。

エンタープライズでのクラウド利用のモチベーションは?

調査会社のフォレスター社のクラウド業界状況分析に関する発表は,驚きと発見が多く,米国企業は日本よりもダイナミックに,より意欲的にクラウドに移行しているのかと思いきや,ITレガシーを抱えている企業にとってはクラウドの移行にすら戸惑っている,という発表もありました。

現在の米国IT業界では,⁠クラウドとは何か?」という定義付けは終わり,⁠どのベンダーを使えばクラウド化できるのか?」というクラウド業者の選択に頭を悩ませているようです。

企業がクラウド化するときに大事な点として,なぜクラウド化したいのか?と自分のモチベーションを理解する事が大事であると説明していました。クラウドを使うことで,外注のようにコストを下げたいのか,それともビジネスの柔軟性を達成したいのか,達成したい事が違うとクラウドの使い方も変わってくると指摘していました。

またクラウド提供者のクラウドそのものをよく理解することも必要であると付け加えていました。クラウドをよく理解することで,クラウドをどのように自社の中に取り込む事ができるか,イメージができ,より良くフィットした形で利用することができると強調していました。

そして最後にクラウドをエンタープライズとして利用する際は,外部企業やクラウド提供者の協力を得る事が大事であると締めくくっていました。

クラウドへのシルクロード

RightScale利用企業による事例紹介では,実際にRightScaleを使って案件を行っている4社(アメリカ3社,イギリス1社)から,会社でのクラウドの位置づけ,どのようにしてRightScaleを使ってより業務の効率化を行っているか,の発表がありました。

クラウドへの道筋

クラウドへの道筋

Amdocs社のGali Reznik氏の発表では,エンタープライズをクラウドに持っていくのはそう単純ではなかったと語り,エンタープライズのクラウド化する道筋に関しての紹介もありました。

エンタープライズのアプリをクラウド化する為に超えなければ行けない壁には,セキュリティ,コンプライアンス,アプリの柔軟性,SLAの問題があり,そして何よりミドルウェアがクラウド・フレンドリーではない事も,移行の妨げになっていたと言っていました。

しかし,4社の各発表者が口を揃えて,一見クラウドには不利のように見えるエンタープライズ環境も,それらの課題を乗り越えてでもクラウド化する価値があると強調していました。

質疑応答ではAWSの東海岸で起こった障害についての質問がされ,Pearson社のAndy West氏からはRightScaleを使ってイーストリージョンとウエストリージョンに同じサーバの準備をしていたため,顧客がDNSを切り替える30分ぐらいしか影響がなかった,など障害時の可用性について具体的な対策について紹介がありました。

障害対策や,コスト感などの質問がされていました

障害対策や,コスト感などの質問がされていました

Free Lunch!

カンファレンス開場では,4種類のランチが振る舞われ,各テーブルでは多くのユーザや,サービルプロバイダーがRightScaleを使ったクラウド化や,課題点などの相談をしていました。

ベジタリアン向けのランチボックスもありました

ベジタリアン向けのランチボックスもありました

著者プロフィール

小室文(こむろ あや)

クラウド関係の提案,構築からマーケティングまでやってます。クラウド関係の週刊ニュースもUstreamでしています。
詳細:http://www.popowa.com

コメント

コメントの記入