レポート

バリバリチューニングするぜ!Webシステムのパフォーマンスを争った一日―第1回チューニンガソン開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2時間半の限られた中で

ここ数年,日本のエンジニア界隈でもハッカソンと呼ばれるプログラミングイベントが流行っています。これは「Hack」「Marathon」を合わせた造語で,米国で1999年あたりから使われ出したそうです。

このコンセプトをヒントに,「Hack」ではなく「Tuning」をテーマに,インフラエンジニアを対象としたイベント,「チューニンガソン」が7月9日に開催されました。

チューニンガソン
http://bit.ly/tuningathon01
http://www.facebook.com/tuningathon
クラウドスポンサー「Amazon Data Services Japan K.K.」
http://aws.amazon.com/jp/
会場スポンサー「株式会社 EC ナビ」
http://ecnavi.jp/
メディアスポンサー「株式会社技術評論社」
http://gihyo.jp/
運営協力「株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ」
http://zero-start.jp/

会場となったECナビオフィス内「パンゲア」

会場となったECナビオフィス内「パンゲア」

このイベントは,アプリケーションレイヤではなく,WebサーバおよびDB(データベース)の設定を編集するなどして,いかに優れたパフォーマンスを出せるかを目的としており,開催当日までお題は発表されませんでした。

そして,イベント当日に発表されたお題は以下の通り。

WordPressのコメント書き込み回数
20並列で1,000回実行にかかる時間

計測・審査は500回×2回で行いました

参加者に提供される環境は,

  • AWS ap-northeast-1
  • midium instance
  • Amazon Linux 2011-02
  • WordPress 3.1.4ja(/var/www/html/wordpress)

となっていて,

  • Apacheをフロントにすること
  • データベースはMySQL
  • /var/www/html/wordpress以下の改変はNG
  • Apache,MySQL,PHPの入れ替えはOK

という条件で行われました。

たとえば,各サーバソフトウェアをソースからコンパイルしてチューニングするといったことは可能ですが,WordPressの設定変更やWordPressの実行を短縮するなど,プラグインなどの利用はNGという形で,サーバ/インフラ側の「設定」のノウハウが対象である条件となっています。

実際の計測は,abコマンドを利用して行われました。

参加者39名,32チームによるチューニングバトル

今回の企画メンバーの一人でもある株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ 代表取締役社長 山崎徳之@zaki氏から,条件や注意事項の説明が終わると同時に,参加チームにIPアドレスが割り振られ,チューニンガソンがスタートしました。

「インフラエンジニアのスキルアップ,そして,何よりインフラエンジニアの地位向上につながれば」と話した山崎氏

「インフラエンジニアのスキルアップ,そして,何よりインフラエンジニアの地位向上につながれば」と話した山崎氏

参加者たちは,テーブルでチューニングしたり,床に寝転がってチューニングしたりと,それぞれがチューニングしやすいスタイルで,ガリガリと,また,ときには周りの人の様子も伺いながら,1秒でも早いパフォーマンスを目指していました。

皆,それぞれのスタイルで,集中してチューニングを行った。ちょうどこの日は関東地方の梅雨が明け,外の暑さにも負けないぐらいの熱いバトルが行われた

画像

画像

画像

画像

また,バトル中までの様子は,株式会社ゼロスタートコミュニケーションズの広報ブログにも掲載されていますので,合わせてご覧ください。

【前編:バトル!】いろいろチューニングしてパフォーマンスを競うバトルイベント!「Tuningathon」 #tuningathon
http://pr.zero-start.jp/archives/65588426.html

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2011年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入