レポート

mixi Girls Hackathon featuring Android 女子部開催――女性エンジニアたちがAndroid開発に熱中した1日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2011年8月6日,株式会社ミクシィAndroid女子部共催による「mixi Girls Hackathon featuring Android 女子部」が開催された。これは,女性エンジニアたちが一堂に会し,短時間の間にAndroidアプリを開発するというイベント。ここでは,その模様をお届けする。

そもそもハッカソン(Hackathon)って?

そもそもハッカソンとは何でしょうか? これはHack(ハック)とMarathon(マラソン)を掛け合わせた造語で,⁠マラソンをするようにハックし続けること」を意味します。ミクシィでは,田中洋一郎氏@yoichiroが中心となって,mixi Hackthonを開催しています。

今回,田中氏の部下でもある鈴木理恵子氏@asyoulike007が中心となり,この「mixi Girls Hackathon featuring Android 女子部」開催に至りました。

いよいよイベントがスタート。

開幕に先立ち,企画者の鈴木氏,Android女子部あんざいゆき氏の両名から挨拶が述べられました。

「今日は皆さんと一緒に,アプリ開発の楽しさを共有したいです」と語る鈴木氏

「今日は皆さんと一緒に,アプリ開発の楽しさを共有したいです」と語る鈴木氏

「ミクシィさんとこういう形でAndroid女子部がコラボで来て嬉しいです」と話すあんざい氏

「ミクシィさんとこういう形でAndroid女子部がコラボで来て嬉しいです」と話すあんざい氏

女性らしいアプリとは?

オープニングセッションは鈴木氏による「女子目線のアプリ」⁠冒頭で,mixi Platformに関して基本的な解説が行われました。

mixi Platformとは,mixiのソーシャルグラフを利用してアプリやサービスをつくるためのプラットフォームで,大きく

  • mixi Graph API
  • mixiアプリ
  • mixi Plugin

から構成されます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

mixi developer Center
http://developer.mixi.co.jp/

続いて鈴木氏は「皆さん,実は,mixi Platformは女性エンジニア向きなんです!」と,mixi Platformと女性エンジニアとの相性の良さについて話し始めました。会場からは当初「なぜ?」という声が聞こえてきそうでしたが,裏付けの理由がたくさんあるのです。

まず,mixiには幅広い層のユーザがいますが若い女性ユーザも多いということ。現在,総ユーザ数2,400万人,1ヵ月に1度以上ログインするアクティブユーザが1,600万人いるのですが,そのうち女性ユーザが52%と半数を超えています。また,サンシャイン牧場のような,女性にも使ってもらいやすいアプリがヒットする土台があることも理由の1つとのこと。

その他,女性エンジニア自身がmixiユーザであることが多かったり,これまでは個人で作成したアプリが少ないため,個人作成のアプリのユニーク性が評価されやすいといった,環境要因をいくつか紹介しました。

次に,⁠女性向けアプリのアイデアの出し方」として,次の項目を紹介しました。

  • mixiのアプリをいろいろ見る http://mixi.jp/search_appli.pl
  • 他のプラットフォームのアプリもいろいろ見る
  • すでにヒットしているアプリに女性要素をプラス
  • 大衆に訴求するより,ニッチに
  • 女ですもの,見た目は大事
  • ソーシャル化も忘れずに!(かわいいものは見せたい)

いくつかは「女性向け」に限らず,たくさんのユーザに向けても意識すべきポイントではありますが,たとえば「すでにヒットしているアプリに女性要素をプラス」⁠女ですもの,見た目は大事」というように,女性目線をどのように加えるか,それが1つのポイントになりそうです。

鈴木氏は,これらを踏まえたサンプルとして,下表のようなアイデアを紹介しました。

カレンダーアプリ+女子多色書きや,シール・写真を貼れるデコ機能を付ける
Run Keeper+女子トイレや着替えができる場所と紐付ける
診断メーカ+女子告白っぽい内容やデコレーションのような装飾機能を付ける
ForSquare+女子ケーキショップやカフェなど,女性好みの店舗と連動する

最後に「今日は楽しくアプリを作りましょう」とコメントし,プレゼンテーションを締めくくりました。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入