レポート

Evernote Trunk Conference,サンフランシスコで開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

8月18日(米国時間)⁠Evernote社はEvernote Trunk Conference(ETC)をサンフランシスコにて開催した。まる1日をかけて行われた今回の技術カンファレンスでは,技術講義や公開APIを利用した作品コンテストに加え,ガイ・カワサキ氏やゴードン・ベル氏など著名人を招いてのパネルディスカッションも実施され,盛りだくさんの内容となった。日本からは古川享氏も駆けつけた。

ETC会場

ETC会場

100年後も愛用してもらえるサービスを

オープニングにて,CEOのフィル・リービン氏は「100年後も愛用してもらえるサービスを目指したい」と語った。⁠とにかく,情報をEvernoteにどんどん入れていけば,いつでも取り出せる。Evernoteを使い続ければ,その価値は時間が経過するにつれて益々高まるのです」⁠

フィル・リービン氏(撮影Sam Furukawa)

フィル・リービン氏(撮影Sam Furukawa)

リービン氏いわく,GoogleやTwitterがそうだったように,良い道具があれば考え方が変わり,新しい現実が見えてくる。シンプルでエレガント,しかし一度使えば世界が変わる,Evernoteはそうしたサービスを目指しているのだという。

緑色に象のロゴがトレッドマークとして知られているEvernote。日本で象といえば動物園の人気者というイメージが強いが,西洋では「象は忘れない」のフレーズで象徴されるように,記憶力の良い動物というイメージがある。企業イメージとしてロゴは非常に重要だ。今のロゴの落ち着くまで何十種類もの象のイメージを考慮し,シンプルかつEvernoteのコンセプトを連想させるロゴを考えたそうだ。色も重要な要素だが,公式に登録されているソフトウェア企業のロゴのうち,90%は赤か青。その中で敢えて緑色を選ぶことで目立つ存在になったとの解説もされた。

無料版が生み出す価値

Evernoteでは無料版が基本。長く使っていれば,ユーザはその価値に気付いてくれ,セールス活動を積極的にしなくても自然にプレミアムにアップグレードしたくなるはずだと同社は考える。カンファレンスではSkitch社の買収も発表されたが,リービン氏は発表のプレゼンテーションでSkitchのそれまでの提供価格19.99USドルをバツ印で消し,これも無料で提供すると約束した。Skitchの一番素晴らしい機能は,オンラインで指を指すソリューションを提供してくれるところにあるそうだ。

これから実装される目玉の新機能としてはてGalleryの機能が発表された。これは,Evernoteの環境をカスタマイズしたい,友達や同僚そしてEvernoteのコミュニティにつながりたい,サードパーティーの機能へのアクセスが欲しいというユーザからの要望に応えたものだ。開発者は,今年後半にかけてリリースされるHTML5対応のツールキットを利用してGallery用のウイジットを作成することができるようになる。デモではノートに組み込める地図ウイジットなどが披露され,これまでのようにデータを蓄積するという役割だけでなく,開発者コミュニティを巻き込んだプラットフォームになることへの野心を垣間見せた。Windows Phoneへの対応を説明するために1セッションが割かれたのも興味深い。Windows Mobileを切り捨ててゼロベースで開発されたWindows Phoneだが,この新しいプラットフォームにいち早く進出しようとしていることからも,その可能性を見込んで真剣に取り組もうとしている姿勢が伝わってくる。

1,250万ユーザを突破!日本の利用割合は27%

2007年創業のEvernoteは,現在の登録ユーザ数は約1,250万人で,一年前の390万人から約3倍に増加した。サービスは日本語を含む31ヵ国語にローカライズされており,ユーザの国際比率は36%の米国が最大のマーケット。その次が日本で,27%もの割合を占める。そのサービスは100以上のモバイルアプリ,そして50以上のデスクトップアプリケーションに組み込まれている。

モバイル組み込みの現在の内訳は,iPhoneが52%,iPad用が29%,Android用が15%,その他が4%。最も人気の高いモバイル用アプリ10件のうち8件はiOS用のものである。CTOによる技術セッションではサーバアーキテクチャの概要を講義,膨大なAPIの呼び出しに耐えるスケーラブルな対応をいかにしているかを解説。また,公開APIで万が一トラブルがあった場合には原因はどこにあるかやOCR実装最適化の仕組みについての説明もなされた。

豪華な顔ぶれによるパネルディスカッション(撮影Sam Furukawa)

豪華な顔ぶれによるパネルディスカッション(撮影Sam Furukawa)

著者プロフィール

松原晶子(まつばらあきこ)

ソフトウェアエンジニアリングおよびテクノロジーマネージメントを専門としたプロフェッショナル。アドビ システムズの米国本社にてソフトウェアエンジニアとして約10年間勤務の経験を持つ。また,シリコンバレーベンチャー企業にてプロジェクトマネージメントにも従事。シリコンバレーで働く技術者を中心とした日本人プロフェッショナルを支援するNPO,Japanese Technology Professionals Association(JTPA)の共同代表も務める。

Twitter: @kokiara

Blog:http://kokiara.blogspot.com/

Google+:http://gplus.to/akiko

コメント

コメントの記入