レポート

PyCon JP 2011 参加レポート[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2011年8月27日(土)に,産業技術大学院大学にて「PyCon JP 2011」が開催されました。本記事では,同カンファレンスに参加した筆者が,PyCon JP 2011のセッションについて2回に渡ってレポートします。前編ではおもに午前中のセッションの模様をお届けします。なおスペースの都合上,筆者の気になったセッションを選んでお伝えします。

PyCon JPとは?

PyCon JPは,アメリカやヨーロッパをはじめとした10ヵ国以上で行われているPythonのカンファレンス,PyConの日本版です。日本各地のPythonistaはもちろん,台湾,そしてフランスなど海外からも参加者が訪れました。

参加前

筆者は参加前にguidebookをiPhoneにインストールし,それを使って自分オリジナルのスケジュールを組んで参加しました。これは全体のスケジュールから自分の見たい講演をセレクトすることで,自分だけのスケジュールを作ることができるもので,大変便利でした。次回もぜひ用意して欲しいと思います。

事前に配布されたguideapp。自分好みのスケジュールが作れる

事前に配布されたguideapp。自分好みのスケジュールが作れる

受付

会場に到着して受付をすませました。はがきサイズの名札にマジックで自分の名前と書きます。今回は海外からの参加者も意識してか,英語OKか日本語OKかを示す箇所もありました。

自分の名前を大きく書きます

自分の名前を大きく書きます

さらに,お土産としてPythonステッカーと金太郎飴,さらにバッジが配布されました。後で発覚したのですが,この金太郎飴を舐めると舌が真っ赤になるようです。

参加者へのお土産です

参加者へのお土産です

Keynote ─Tarek Ziade氏

さっそくカンファレンススタートです。まず最初は,『エキスパートPythonプログラミング』の原著者であるTarek Ziade氏がはるばるフランスから来日し,パッケージングとPython3について話してくれました。

講演するTarek氏

講演するTarek氏

パッケージングについて

まずパッケージングにおける依存関係,setup.pyの役割,パッケージ管理システム,バージョン管理の仕組み,データファイルの定義についてひと通り問題点と解決法を示した後で,パッケージングについて以下のようにまとめました。

  • PEP386準拠のバージョン体系を使うこと
  • できるだけひとまとめにsetup.pyを作ること
  • インストーラの利用を前提としないこと
  • PyPIには不安定版をリリースしないこと
  • データファイルに気をつけること

パッケージングにはあまり縁のない筆者でしたが,なんだか「Pythonらしさ」を感じたような気がしました。

Python3について

次は,Python3への移行についてでした。

講演当日の段階でPython3系は3.2までリリースされており,パッケージは少しずつではあるが,コンスタントにPython3への対応を進めているとのことでした。Python2系のアップデートでは機能追加はもうしないことを強調していました。

DistributeやNumpy/Scipy,SQLAlchemyなどのパッケージがPython3対応をする中で,Djangoなどの大きなフレームワークがまだ移行できていないことが,Python3への移行が進まない原因なのではないかと語りました。また,PyPyがPython2しか対応していないのもPython3への移行が進まない原因と示唆しました。

Python3への移行を気にせずPythonを使ってきた筆者ですが,個人的に利用しているライブラリなどはほとんどPython3対応してきていることを知り,パッケージングの状況なども含めてPython3への移行をはじめようと思う良いきっかけになるセッションでした。

著者プロフィール

原健太(はらけんた)

東京工業大学附属科学技術高等学校 情報・コンピュータサイエンス分野

TeamPasraに所属するしがない情報科高校生。レゴでロボットが作れるマインドストームでプログラミングに出会う。近所のPython使いのプログラマに勧められPythonをはじめ、ちびちびPythonを書く日々を送る。最近はどうしたら学生がプログラミングに興味を持ってくれるのか試行錯誤している。

コメント

コメントの記入