レポート

PyCon JP 2011 参加レポート[後編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

8月27日(土)に開催された「PyCon JP 2011」の模様をお伝えします。後編では午後のセッションと,翌日に開催されたSprintについてレポートします。

Pythonで創るソーシャルゲームの未来

PyCon JP 2011のGold Sponserである株式会社gumiの堀内さんが,PythonとDjangoを使って創ったソーシャルゲームの技術的な解説と,ソーシャルゲーム業界の現状についてお話しをされました。

講演する堀内氏

講演する堀内氏

広がるソーシャルゲーム市場

コンシューマ向けの市場が縮む一方で,ソーシャルゲームの市場はどんどん増え,映画産業やコンシューマゲーム産業と同等の規模になっているという堀内さん。しかしその一方,SAP(Social Application Provider)によるゲームは毎月数多く発表され,飽和状態になっているという現状も示しました。⁠決済システムのあるSNS内のユーザにゲームを提供するという仕組みも,なかなか難しくなっている。SAPの中でもTOP5くらいに入らないと厳しくなっている」とのこと。ソーシャルゲーム業界,なかなか厳しいですね…。

億単位のPVを支えるPythonシステム

通常のゲーム制作は1ゲーム8人のチームを組んで,2~3ヵ月でとりあえずのものを作り,うまく行けば大きなチームに移していくという流れで進めているようです。密な勉強会を行ってスキルを高めているとのことでした。厳しいソーシャルゲーム業界では,特にスキルアップが重要そうですね。

そんなソーシャルゲーム業界で億単位のPVを支えているシステム,その内部についてお話ししてくれました。使っているアプリケーションや工夫などについては講演の録画がUstreamにありますので,気になる方は見ていただけたらと思います。

Pythonを使った理由

講演後の質問で「ソーシャルアプリはPHPがメジャー,2DゲームならRuby on Railsがメジャーだと思うが,Pythonを使った理由は? 良かったこと,困ったことは?」という質問がありました。それに対して「Pythonが好きなエンジニアがいたため。Pythonというキーワードに興味を持っている人に技術志向の強い人が多いので,開発に合っている。大規模開発において習得が早いのも良いところだと思った。Ruby on Railsでもそうだが,Djangoというフレームワークがあって,後方互換性なども面倒を見てくれて安定してくれるのがとても良い。Pythonで特別困ったことはなかった」と答えていました。

どんどん大きな市場になっているソーシャルゲーム。膨大なPVを支える裏では,トラブル時の対応や拡張への準備などがしっかりと行われていることがわかりました。今後は,海外市場へも挑戦していくようです。

PyQtで始めるGUIプログラミング

次は@ransuiさんによるPyQtのセッションを紹介したいと思います。

講演する@ransui氏

講演する@ransui氏

PyQtとは?

Qtという,クラスプラットフォームのC++総合ライブラリが存在しますが,それをPythonから使うことのできるPyQtというプラグインがあります。PyQtは本家Qtのバージョンアップへの対応が早く,主要なモジュールはほぼすべてサポートされているので便利に使うことができ,さらにC++とシームレスにつながるように設計されているので使いやすいとのことです。

PyQtでGUIプログラミング

GUIプログラミングをする際,いきなりコードを書き始めたりせず,しっかりと「デザイン」をすることが大切と@ransuiさん。⁠設計ではなく,デザインを繰り返すことが大事だ」と繰り返していました。

スライドがとても詳しくまとまっており,スライド自体がチュートリアルになるので,興味の有る方はこちらからスライドを読んでいただくか,Ustreamに講演の録画があるのでそちらをご覧ください(と@ransuiさんもおっしゃっていました)⁠

筆者もプログラミングを始めたころは,GUIのプログラミングに憧れたものでした。でもなかなかそこまでたどり着くことはできずにいました。これを機会に,PyQtを使ったGUIプログラミングをスタートしてみたいなと思いました。ちなみにPyQtは,GUIだけではなく他の機能も充実しているので,単純に便利ライブラリとして使うこともお勧めされていました。

著者プロフィール

原健太(はらけんた)

東京工業大学附属科学技術高等学校 情報・コンピュータサイエンス分野

TeamPasraに所属するしがない情報科高校生。レゴでロボットが作れるマインドストームでプログラミングに出会う。近所のPython使いのプログラマに勧められPythonをはじめ、ちびちびPythonを書く日々を送る。最近はどうしたら学生がプログラミングに興味を持ってくれるのか試行錯誤している。

コメント

コメントの記入