レポート

今後のIT業界はどうなる?どう乗り切る?「第1回 エンジニアの未来サミット for students 2011」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

10月29日,サイボウズ東京本社にて,技術評論社×サイボウズ共催,日本マイクロソフト協賛によるイベント「エンジニアの未来サミット for students 2011」の1回目が開催されました。

このイベントは,技術評論社主催で行われた「エンジニアの未来サミット」の意志を継ぎ,これから社会に出ようとする学生の皆さんに身につけてほしいスキル,心構えから,今後の日本社会をどう乗り切っていくべきかまで,幅広い話題に業界の著名人が答えるというもの。この形での開催は昨年から行われており,今年もこれから年末にかけて全3回開催の予定です。

第1回となる今回は,プログラミング言語Rubyの開発者,まつもとゆきひろ氏をゲストに迎え,学生代表のパネラー,そして「ソフトウェア デザイン」の連載記事でもおなじみの竹迫良範氏(サイボウズ・ラボ)⁠モデレータとして技術評論社の馮富久を交えた熱いトークが展開されました。

会場の模様。Web上の募集で集まった学生さんを中心とした来場者でほぼ満席状態です

会場の模様。Web上の募集で集まった学生さんを中心とした来場者でほぼ満席状態です

プログラミングは“最も人間的な活動”

前半は,まつもとゆきひろ氏による「10年後のプログラミング言語」と題した講演です。自他共に認める「プログラミング言語オタク」のまつもと氏が,プログラミング言語の誕生から現在にいたる進化,そしてこれからを概観しながら,⁠言語」を通したITや開発者,社会のあり方へと話は進みました。

まつもとゆきひろ氏

まつもとゆきひろ氏

プログラミングというと,一見コンピュータを相手に無機質なやりとりを行うように見られがちですが,まつもと氏は「非常に人間的な活動」だと言います。プログラムの産物であるツール(ソフトウェア)を使うのは人間です。つまりプログラマは未来のユーザに向けてコンピュータを通して働いているのです。コンピュータは(まだ)自分のプログラムを自分で開発することはできません。人間にしかできないことです。

プログラミングが人間的であるだけに,プログラムの出来はプログラマの気分に左右されます。当然,気分良く開発できるとはかどりますし,何かに邪魔をされると,思った通りにできなくなることもあります。プログラミング言語も,当然プログラマの気分をなるべく良くできる,つまり「プログラマが思ったとおりに動く」プログラムを作ることができる方向に進化していると言えます。

さらに自然言語についての有名な仮説「言語は思考に影響を与える」⁠Sapir-Whorf仮説)を取り上げ,プログラミング言語もプログラマの発想に影響を与えると言います。こうして影響を及ぼし合った延長線上に現在のプログラム言語もあり,今後も人間の作業を楽にする方向に進化する。そしてその新しい言語を作っていくのは,⁠これからプログラマになろうとしている皆さんです」とまとめ,講演を締めました。

画像

まつもと氏ご自身も関わるRubyについてのトピックとしては,これまでRubyなどのスクリプト言語があまり使われることのなかったHPC(High Performance Computing)や組込み/リアルタイム分野でのプロジェクトが紹介されました。⁠習得が容易で簡潔に記述でき」かつ「システムの深いところまで記述できる」という言わば「いいとこ取り」が今後も進化のポイントになるのでしょう。

講演の後の質問コーナーにて。⁠なぜRubyはJavaより普及していないのか?」という容赦ない質問に苦笑しつつ,司会役の馮を大企業に見立てて「私が個人で作っているのと大企業が後ろ盾にあるのと,あなたが経営者ならどっちを選びますか?」と説明

講演の後の質問コーナーにて。「なぜRubyはJavaより普及していないのか?」という容赦ない質問に苦笑しつつ,司会役の馮を大企業に見立てて「私が個人で作っているのと大企業が後ろ盾にあるのと,あなたが経営者ならどっちを選びますか?」と説明

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入