レポート

開発者の祭典「Google Developer Day 2011 Tokyo」開催―Android,Chrome,App Engine,そしてGoogle+,その先にある未来が見えた1日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2011年11月1日,横浜みなとみらいパシフィコ横浜にて「Google Developer Day 2011 Tokyo」が開催されました。Google Developer Day(GDD)は,Googleが開催する開発者向けのテクニカルカンファレンスで,今年は世界で8ヵ国で開催され,ここ日本では5年連続5回目の開催となりました。

Google Developer Day 2011 Tokyo
http://www.google.com/intl/ja/events/developerday/2011/tokyo/

天候に恵まれ,秋晴れの下,開催された

天候に恵まれ,秋晴れの下,開催された

朝9:00から開始した受付には多数の参加者が来場し,10:00スタートの基調講演前には長蛇の列ができていた

朝9:00から開始した受付には多数の参加者が来場し,10:00スタートの基調講演前には長蛇の列ができていた 朝9:00から開始した受付には多数の参加者が来場し,10:00スタートの基調講演前には長蛇の列ができていた

日本のGoogleの現状,震災復興に貢献できること

定刻10:00に基調講演が開幕。GDDが多くの開発者たちの注目を集めていることを裏付けるかのように,会場内は満席となりました。

満席となった会場

満席となった会場

オープニングに登場したのは,Googleシニアエンジニアリングマネージャーの及川卓也氏。及川氏は「今回で5回目となる日本開催のGDDには,5,000名の方から参加申し込みをいただきました。ここにいる約1,500名の皆さんは,DevQuizを勝ち抜いた方,あるいは,普段から技術貢献をされている皆さんです。今日1日,ぜひ楽しみましょう」と,歓迎メッセージを述べ,開幕しました。

最初に登壇した及川卓也氏

最初に登壇した及川卓也氏

具体的なキーノートに入る前に,これまでの日本のGoogleの取り組みが発表され,現在は,API Expertsが20名,GTUG(Google Technology User Groups)が8つ,GTUGメンバーが1,856名と,技術だけではなく,それを支えるコミュニティが健全に,順調に成長していることが発表されました。

公式ハッシュタグ「#gdd11jp」が用意され,参加者全員による情報共有・情報発信も行われた

公式ハッシュタグ「#gdd11jp」が用意され,参加者全員による情報共有・情報発信も行われた

また,ここ日本に関しては,2011年3月11日,東日本大震災という大変悲しい出来事が起きてしまったことに改めて触れ,「私たちエンジニア自身がこの震災からたくさんのことを学び,未来につなげています」と述べられました。とくに,震災直後の情報共有,復興支援に向けた取り組みに対して,

  • オープンであること
  • スケールできるアーキテクチャを実装すること
  • アジリティ,迅速なアプリケーション開発が行えること
  • 企業・団体の枠を越えた結束

という点の大切さです。「(エンジニアが)こうしたことを学びながら,日本の再生につなげていけると信じています。そういう思いも感じながら,今日1日のGDDをおすごしください」と,オープニングメッセージを締めくくりました。

次に登壇したのは,Cloud/Socialのプロダクトマネージャーでもあり,Google+ Platformのリードプロダクトマネージャーを務めるBrad Abrams氏。基調講演の内容の前提として,これまでのWebの歴史,そして,その中でのGoogleの位置づけについて紹介しました。

そして,今,Googleが注力しているのが,

  • Android
  • Chrome
  • Google App Engine

の3つのテクノロジーであること,そして,それらの中心となる人こそが最も重要であり,人と人との関係づくりを支援するのがGoogle+であると述べ,各テクノロジーの説明に移りました。

「2012年から先,Webがどうなるのかは誰もわからない。1つわかっていることがあるとすれば,中心には人がいるということだ」と,Brad氏はコメントした

「2012年から先,Webがどうなるのかは誰もわからない。1つわかっていることがあるとすれば,中心には人がいるということだ」と,Brad氏はコメントした

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入