レポート

コンピュータの未来,エンジニアとしての働き方は?「第2回 エンジニアの未来サミット for students 2011」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

11月19日,サイボウズ東京本社にて,技術評論社×サイボウズ共催,日本マイクロソフト協賛によるイベント「エンジニアの未来サミット for students 2011」の2回目が開催されました。

このイベントは,技術評論社主催で行われたエンジニアの未来サミットの意志を継ぎ,これから社会に出ようとする学生の皆さんに身につけてほしいスキル,心構えから,今後の日本社会をどう乗り切っていくべきかまで,幅広い話題に業界の著名人が答えるというもの。この形での開催は昨年から行われており,今年もこれから年末にかけて全3回開催されます。

第2回となる今回は,アルファブロガーとして,また,⁠WEB+DB PRESS』『Software Design』での連載,小飼弾のアルファギークに逢ってきたの著者としても有名な小飼弾氏を特別ゲストに迎え,さらにマイクロソフトからアカデミックエバンジェリストの渡辺弘之氏,サイボウズ代表取締役社長青野慶久氏,サイボウズ・ラボ竹迫良範氏が加わり,モデレータに技術評論社の馮富久を交えて熱いトークが展開されました。

コンピュータの未来はどうなる?

第一部は「コンピュータの未来」と題し,渡辺氏からコンピュータの歴史を振り返りながら,今後のコンピュータ世界の展望についてプレゼンテーションが行われました。現在,多くのユーザがコンピュータや携帯電話などが使えるようになっていますが,その中心的役割を果たしたものにWindowsの存在が挙げられます。

日本マイクロソフト,アカデミックエバンジェリストの渡辺弘之氏

日本マイクロソフト,アカデミックエバンジェリストの渡辺弘之氏

渡辺氏は,⁠1975年から振り返りたいと思います.というのも,Microsoftが設立したのがこの年だからです」と,同社の設立について紹介しました。Microsoftの出発点となるメッセージが「すべての机に家庭にコンピュータを(A computer on every desk and in every home)⁠とのことで,まさにそれを体現したのが,20年後のWindows 95の登場といえるでしょう。

こういった背景の解説から,組込み分野の進化,データセンターを利用したインターネット化といった技術進化が進んでいくことに触れ,現在,Microsoftは「3スクリーン+クラウド」と呼ばれる世界を目指しているとのこと。これは,3つのスクリーンとして,

  • PC(デスクトップ)
  • モバイル(スマートフォン)
  • 専用端末(ゲーム機など)

があり,クラウドを通じてデータを共有しながら,それぞれのスクリーンの上で,より自然なユーザインターフェースを提供するという考え方。まさに,各ジャンルともMicrosoftが注力している分野と言えますし,今後の展開が気になります。

渡辺氏は「これはMicrosoftとしての取り組みではありますが,特定のソフトウェアや技術ではなく,ユーザに対して何を提供していくか,それを考えることがエンジニアとして求められていくでしょう」と,これからエンジニアを目指す学生に向けて熱いメッセージを残しました。

最後に「コンピュータの未来」への期待を込めて,同社が作成したイメージビデオ「Productivity Future Vision (2011)」を上映し,プレゼンテーションを締めくくりました。

企業の協業って?~第一部パネルディスカッションから

プレゼンテーション後,サイボウズ青野氏,モデレータ馮を含めたパネルディスカッションが行われました。今回は,来場者からの質問を受けながら,パネリストが回答していくというスタイル。

第一部パネルディスカッション。右から青野氏,渡辺氏,

第一部パネルディスカッション。右から青野氏,渡辺氏,馮

会場からは「Microsoftとサイボウズの協業の最初のきっかけってなんですか?」という質問や,⁠日本は組込み業界が強いと言われていますが,具体的に何が強いんですか?」というような疑問など,多岐にわたった内容が寄せられました。

1つめの協業に関して,青野氏は,契約の問題上お答えできない部分がありますが,という前提の上で「日本マイクロソフトの代表執行役樋口さんと私が同じ大学学部の先輩後輩というつながりがあり,ふとしたときにお会いする機会があったのが最初のきっかけでした。それまで,両社の接点というのはほとんどなかったことを考えると,こういった人間的なつながり,ウェットな部分というのは,実はビジネスで重要なポイントになります」と,ビジネス的なゴールはもちろんのこと,そのスタートのきっかけには人のつながりといった面も大切であるとされました。

次の組込みに関する質問に関して,渡辺氏は「プレゼンでも話したように,今,日本のメーカ各社が提供する専用端末(例:カーナビ)には,Windows Embeddedを搭載しているものが多くあります。こうしたモノを組み合わせていくという考え方,作り方は日本のメーカが非常に強いと思います。ただ,現在は世界的な不況,そして日本自体の経済不況などから,組込みジャンルのリーダーが他のアジア地域などに移っているという印象です」と述べました。また,青野氏は「組込みというと,今,渡辺さんがおっしゃったような,小型のハードウェアに対して組込む技術をイメージするかもしれませんが,実は,世の中で注目されているクラウドは,まさに組込みと同じ考え方なのです.それは,サーバ側,クライアント側,それぞれのハードウェアへの実装,その組み合わせを行っていくというのは,組込み技術の考え方と同じなのです」と,クラウド=組込みという独自の理論を展開しながら,⁠これは言い換えれば,日本という国がこれからまたリーダーシップを取っていく流れになっているわけです。そこでのエンジニアの存在がますます重要になっていきます」と,未来のエンジニアたちに熱いメッセージを述べました。

最後にモデレータの馮から「クラウドの話を含め,これからのエンジニアリングは,技術力の追求とともに,それを使い何をするのか,どういう価値を提供するのか,そこまで考えていくことが必要であり,その能力を持つことが一歩先ゆくエンジニアになれるでしょう」とまとめられ,第一部の幕が閉じました。

第二部スピーカー小飼氏からも質問が。⁠なんで製品名すべてにWindowsが付くの?」という質問も

第二部スピーカー小飼氏からも質問が。「なんで製品名すべてにWindowsが付くの?」という質問も

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入