レポート

セミナーイベント「Facebookモバイルアプリ on AWSクラウド」ハンズオンレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

11月20日,パソナテックのエンジニアカフェにおいて「Facebookモバイルアプリ on AWSクラウド ~ハンズオン&ハッカソン~」が開催されました。このセミナーイベントは,Amazon Data Services Japanとgumi,そしてエンジニアカフェの共催によるもので,その日のうちにFacebookモバイルアプリをAWSクラウド上で開発してしまおうという主旨のイベントです。とはいえ,対象を上級者に限定したイベントではなく,午前中は初心者向けのハンズオンも用意され,上級者は午前中からアプリ開発に専念してもいいという,リベラルな雰囲気のセミナーイベントとなりました。

Facebookは,もはや説明する必要がないほど普及が進んでいるSNSです。10月11日にはモバイル向けのプラットフォームである,コードネーム「プロジェクトスパルタン」が公開され話題になりました。今回のセミナーイベントでも,さっそく「プロジェクトスパルタン」を活用しており,さらにAWSクラウド,スマートフォン,HTML5などなど最近のトレンドを一気にキャッチアップできるものとして,初心者から上級者まで30名以上が参加しました。

会場の模様

会場の模様

セミナーイベントは,Amazon Data Services Japan株式会社のエバンジェリスト/技術推進部長である玉川憲氏と,株式会社gumiのCTOである堀内康弘氏の2名が進行役となり,午前中に両氏によるチュートリアル,午後は参加者各自がFacebookモバイルアプリの開発にいそしむハッカソンが行われ,最後に完成したFacebookモバイルアプリのプレゼン発表というスケジュールとなっていました。プレゼン発表されたアプリに対して参加者による投票が行われ,投票結果の発表と表彰があり,その後は懇親会も開催されました。

このセミナーイベントは,最新の技術を使って初心者から上級者まで幅広く活用できるという内容だけでなく,参加者全員に25ドル分のAWSクーポンがプレゼントされるほか,最優秀アプリ作成者には1000ドル分のAWSクーポンが贈呈されるという魅力的なプレゼントも用意されていました。実際に開発を行う内容のため,参加条件としてノートパソコンの持参が可能であることや,HTML5,JavaScript,CSSのいずれかの使用経験が必須であることが明記されていました。ただし,サーバサイドの言語はPHP,Perl,Ruby,Pythonなど一切問わないという条件でした。

チュートリアル

Amazon Japan玉川氏(左)とgumi堀内氏

Amazon Japan玉川氏(左)とgumi堀内氏

まず,玉川氏と堀内氏による開会の挨拶と自己紹介がありました。玉川氏は,東京大学大学院,米カーネギー・メロン大学を経て,IBM東京基礎研究所でウェアラブルコンピュータの研究開発を行い,超小型腕時計型Linuxコンピュータ「WatchPad」の研究開発をはじめ,ハード,ソフトの開発に従事。その後,IBM Rationalにて開発プロセス&開発ツールの講師,コンサルティング,技術営業,エバンジェリスト,マネージメントを歴任し,現在はアマゾンでクラウドを推進するエバンジェリスト,技術推進部長を務めています。

堀内氏は,慶應義塾大学大学院を経てブイキューブで多数の企業向けWebシステムの開発を経験後,動画共有サービス「FlipClip」の開発に従事。2009年にgumiへ入社後,複数のソーシャルアプリの開発を担当し,現在は同社取締役として開発責任者を務めています。また,AWS User Group Japan東京支部の副代表も務めており,紹介の際にユーザーグループへの参加を呼びかけていました。

本題ではまず,ソーシャルゲームのトラフィック傾向として,朝,昼,夜,月初,土日などにピークがあるほかイベントなどで突発的なピークがあるなど「変化が激しいこと」⁠1日に1億PVなど「膨大であること」を挙げました。そこで重視すべきポイントは「スケールアップでなくスケールアウト」で,どこまでもスケールアウトでき,しかも短時間で行える設計が大事であるとしました。さらに,⁠システムの状況をモニタリングできる仕組み」の必要性も強調しました。

そしてAWSクラウドは,こうしたポイントに対して「必要なときに必要なだけ『すぐに』使える」⁠トライ&エラーが手軽にできる」⁠MySQLやHadoop,memcacheなどオープンなテクノロジーを採用している」⁠強力なモニタリングツール『CloudWatch』が用意されている」と,多くの面でメリットがあるとのことです。

玉川氏によるチュートリアル

玉川氏によるチュートリアル

続いて,玉川氏による「AWSのチュートリアル」が行われました。玉川氏はまず,開発者およびITプロ向けサービスである「AWS(Amazon Web Service)⁠がアマゾンにとってEコマース,マーケットプレイスと並ぶ大きなビジネスのひとつであるとして,3月3日に東京データセンターをオープンしたことを紹介しました。これにより,国内からミリ秒以内という高速なネットワークを実現し,国内にデータを安全に管理できること,24時間365日の日本語プレミアムサポートが提供されていることを説明しました。

AWSのサービスの1つである「Amazon EC2」では,AWSのデータセンターからWindowsやCentOS,Oracle DBなどをイメージとして容易に構築できるとして,玉川氏は実際にサーバを構築する方法について解説しました。ここでは,玉川氏が独自に作成した資料「はじめてのアマゾンクラウド」などを参考に進行し,アカウントの取得からEC2でのWebサーバー立ち上げ,Webコンテンツの保存,公開までを参加者とともにハンズオンで実施しました。実際に20分ほどでWebサイトの立ち上げまでを行うことができました。

堀内氏によるチュートリアル

堀内氏によるチュートリアル

玉川氏のチュートリアルによってAWSでサーバを構築したところで,堀内氏による「Facebookモバイルアプリ」のチュートリアルが行われました。このチュートリアルは,玉川氏のチュートリアルで構築したサーバを使ってFacebookモバイルアプリを一緒に開発していこうというもので,もちろん「プロジェクトスパルタン」を使用します。これはFacebookのデベロッパ向けサイトに用意されており,基本的に誰でも利用することができます。

アプリ開発を始めるには「新しいアプリケーションを作成」ボタンをクリックし,アプリケーション名とネームスペースを入力,ポリシー承認にチェックを入れて新しいアプリケーションを作成していきます。また,モバイルアプリへのチェックと,URLの欄にEC2で作成したサーバの「index.html」のアドレスを入力します。これにより,このページでFacebookのAPIが使えるようになり,さらにHTMLのコードを差し込むことでJavascriptのSDKを組み込むことができます。このように,基本的にコードを貼り付けていくことでFacebookモバイルアプリの開発を行っていきます。

堀内氏は,ログイン状態を判断して表示するログイン,ログアウトボタンや,ユーザー名とプロフィール写真の読み込み,友だち一覧の取得,リクエストを送るダイアログ,情報のシェア,ニュースフィードの読み込み,⁠いいね!」ボタンの配置などを実際に行い,チュートリアルを終了しました。なお,チュートリアルで使ったもの以外のFacebookのJavaScriptのAPIはFacebookデベロッパサイトのJavaScriptページにまとめられており,日本語訳されたページもあります。ただし,日本語のページは全角文字が混ざっていることがあるので,利用するなら英語ページの方が確実と付け加えました。

こうして玉川氏,堀内氏のチュートリアルが終わり,18時までのハッカソンに入っていきます。

コメント

コメントの記入