レポート

Linuxがもたらす“自動車の未来”とは? 「Automotive Linux Summit 2011」イベント後記

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

『Automotive Linux』の記念すべき第一歩

Automotive Linux Summit 2011が横浜のパシフィコ横浜で開催された2011年11月28日は,自動車業界とLinuxにとって記念すべき一日となりました。

ドイツの発明家カール・ベンツが最初の自動車を発明してから125年目,そしてフィンランドの学生リーナス・トーバルズがLinuxのソースコードをインターネット上に最初にポストしてから20年目,この節目の年である2011年11月28日,ついに両者は出会いました。

これまでもLinuxは自動車で使われて来ました。ただその役割は,カーナビ,カーマルチメディア等のごく一部の役割に限られてきました。この自動車とLinuxの関係は今後大きく変わるでしょう。

まずは,トヨタ自動車の近未来のモビリティライフを描いたショートムービー「君がいてよかった」をぜひご覧ください。

近未来の自動車は,携帯端末とつながり,クラウドとつながり,スマートグリッドとつながり,さらにはネットワークを介し自動車から収集された膨大な情報はスーパーコンピュータで分析され,ドライバー向けのサービスに利用されます。

近未来の自動車業界は,これまでの「自動車」の概念を超越した新しいビジネスになることが,このショートムービーの中では描かれています。ショートムービーの中で描かれているような近未来の世界の実現を目指すために,おそらく以下の2つが重要な要件となることでしょう。

  1. さまざまな端末同士の連携を可能にする共通のプラットフォーム
  2. 世界中,かつさまざまなレイヤにおいてイノベーションを加速化される大きなエコシステム

この2つの要件を満たすOSプラットフォームは,現時点ではおそらくLinuxをおいて他にはないでしょう。それは以下の数字から証明できると思います。

  • 組込みOSプラットフォームとしてNo.1シェア
  • スマートフォン向けOSプラットフォームとしてNo.1シェア
  • Top 500 Supercomputerのうち95%以上がLinuxベース
  • Google,Amazon,FacebookなどのWebサービス,クラウドサービスのほとんどがLinuxベース
  • 世界最大の開発コミュニティ(過去1年間で2,889人の開発者と358の企業開発に参画※1)⁠

Linuxコミュニティの開発モデルについて語るGreg Kroah-Hartman氏

Linuxコミュニティの開発モデルについて語るGreg Kroah-Hartman氏

一方で,自動車業界におけるLinuxの活用をより突きつめて考えると,上記にあるような良い事ばかりではないのが実情です。

自動車のビジネスに必要とされる技術的な要件(Fast Boot,Power management,システムの信頼性向上等)や,開発プロセス的要件(開発リードタイム,サポート期間,ライセンスコンプライアンス等)など,まだまだクリアしていかなければならない課題が山のようにあります。

こういった課題に対して自動車業界を挙げて取り組むために,2011年7月にトヨタ自動車はThe Linux Foundationへの参画を決定し,デンソー等の大手自動車部品サプライヤもそれに続きました※2)⁠そして,自動車業界の中でLinuxに対するより大きなモメンタムを巻き起こし,⁠Automotive Linux」のイノベーションの加速化をはかるべく,今回のAutomotive Linux Summitの企画が発足されました。

8月にはこのAutomotive Linux Summitの企画に賛同する,インテル,NEC,Genivi Alliance,デンソー,トヨタ自動車,日産自動車,それにルネサスといった自動車業界とIT業界を代表する企業によって,カンファレンスの企画チーム(ステアリング・コミッティ)が発足し,⁠自動車」「Linux」の共同作業が本格的に開始されました。

このようにしてAutomotive Linux Summitと『Automotive Linux』の記念すべき第一歩は踏み出されたのです。

※1)
数値は2010年10月から2011年10月の統計。Automotive Linux Summit 2011でのGreg Kroah-Hartman氏の講演より。
※2)
デンソーのLF参加アナウンスは11月でしたが,実際には8月の段階でLFへの加盟手続きが完了していました。

著者プロフィール

福安徳晃(ふくやすのりあき)

The Linux Foundation ジャパンディレクタ。ターボリナックス,ゼンドジャパンの代表取締役社長などを歴任し,2009年12月から現職。オープンソース,Linuxの普及に日夜取り組んでいる。

コメント

コメントの記入