レポート

Linux/OSS採用に踏み出した企業は語る─「Enterprise User's Meeting 2011」イベント後記

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

12月1日,品川プリンスホテルで開催された,The Linux Foundation主催のエンドユーザ企業向けのLinuxカンファレンス「Enterprise User's Meeting 2011」⁠略称:EUM 2011)は,Linux/OSSを使う企業にとって貴重なカンファレンスとなった。Linux/OSS先進企業がLinux/OSSとどのように向き合い,ROI(投資対効果)の向上を実現しているのかを知ることができたからである。

EUM 2011会場の模様

EUM 2011会場の模様

エンタープライズ分野にLinuxが採用されてから10年近い。現在では,国内外の多くの金融システムに採用され,証券取引所システムに至っては,世界の70%以上に採用されている。

ユーザ企業は,なぜLinuxを採用しているのだろうか? 彼らはどのようにLinux/OSSと向き合い,ROIの向上を実現しているのだろうか? 現在はユーザ企業にもLinux/OSSの開発者がいて,コードを読み,コミュニティで技術議論をしている。彼等は,なぜその一歩を踏み出したのか?

Linux/OSS先進企業とパートナーシップを持つベンダも,Linux/OSSの利用を迷っている企業も,このような情報が知りたかったに違いない。EUM 2011では,担当者自身からその理由が明かされた。

デフォルトスタンダードからオープンスタンダードへ

NYSE(ニューヨーク証券取引所)はすべてのインフラでLinuxサーバを利用している。そのシステムを開発,運用しているNYSE Technologiesは,2011年10月,マーケットデータ配信用の事実上のメッセージング標準であるMAMA(Middleware Agnostic Messaging API)およびMAMDA(Middleware Agnostic Market Data API)製品をOSS化した(OpenMAMAプロジェクト)⁠

NYSE Euronext マイク・ショーンバーグ氏

NYSE Euronext マイク・ショーンバーグ氏

彼らは,8年以上も商用として販売し,150社以上の顧客が利用している製品をOSS化した。なぜだろうか? NYSE EuronextのHigh-performance Messaging担当ディレクタ マイク・ショーンバーグ氏は「さまざまなミドルウエアが乱立する弊害を避けるため」と語った。技術やビジネスの変化が激しい時代にあって,最新かつ最適なシステムを迅速に顧客に提供していくためには,⁠特定企業製品のデファクトスタンダードではなく,パートナー,顧客,ISV,競合他社と協力して作り保守していくオープンスタンダードが必要」という。実際,OpenMAMAの運営委員会には,多事業種の企業が参加している。

もちろん,OSS化に当たってはいくつかの課題があった。⁠他企業の賛同をどう得るか」⁠OSS前提で開発していないコードをどう公開するか」⁠減益リスクにどう対応するか」など。他の多くの企業でも,これらの課題は常に存在し,Linux/OSS推進者の肩に重くのしかかっている。

「現状の利益を捨てても新たな道は開ける」と口で言うのは簡単だが,社内の合意を得ることがどんなに難しいか。NYSEも例外ではなく,社内で大議論があったという。しかし,⁠閉じられたメッセージング・ソリューションから脱皮」することを決め,CTOやCEOの熱心な支援のもと,OSS化を実現したという。この決断は,企業のLinux/OSS推進者にとって,大きな味方になるに違いない。

健康的なエコシステムからROI(投資対効果)の向上が生まれる

ショーンバーグ氏は,⁠OpenMAMAは,サポートやプロフェッショナルサービスといった新たな収益の道を開く」と言う。CMEグループ アソシエイトディレクター兼Open Systems R&D代表 ビノッド・クッティ氏やYahoo! Linuxチーム シニアマネージャ バルティカ・アガーワル女史も,講演の中でROIの向上に触れた。

CMEグループ ビノッド・クッティ氏

CMEグループ  ビノッド・クッティ氏

CMEグループは,世界最大の先物取引所である。80ヵ国以上で操業し,総額1,200億ドルの取引が行われているが,そのほとんどがLinuxサーバで処理されており,Linuxサーバは5,000台ある。CMEがLinuxを採用したのは,⁠ITにおける自分たちの課題を,自分たちで解決できる」からだ。

CMEには15名のLinux開発者がいる。⁠自分達が単なる傍観者にならない」ために,Linuxの動作を知り,障害解析を行い,問題解決に積極的に取組んでいる。実は,それが障害解決時間の短縮という効果につながっている。また,汎用ハードウェアで構成できることで低コストやベンダーロックイン回避を実現し,かつ最新ハードウェア技術も使うことができている。まさに,オープンソースの利点を有効に活用している実例である。

Yahoo! バルティカ・アガーワル女史

Yahoo! バルティカ・アガーワル女史

世界に7億人のユーザを抱えるYahoo!は,BSDからLinuxに切り替えた。選択の理由は「ソースコードの共有」⁠コミュニティの活動も活発」⁠開発スピードが速い」だという。日本電気株式会社 OSS推進センター センター長の柴田次一氏が,実際のデータを元にコミュニティの開発スタイル,開発規模やサイクル,動向などを紹介したが,他に類を見ないほど活発であり,この選択の正当性を裏付けている。

日本電気 柴田次一氏

日本電気 柴田次一氏

「他にも多くのメリットがあった」とアガーワル女史は言う。⁠良い人材の長期雇用」⁠買収した会社との短期間での統合」などだ。⁠自分達の戦略にあうライセンス要件と原価/利益モデルを評価して選択すれば,想定以上の効果を得られる」と語った。

著者プロフィール

杉田由美子(すぎたゆみこ)

The Linux Foundationのテクニカルコンサルタント。(株)日立製作所からの出向。2000年からLinuxの開発に携わり,コミュニティ活動も積極的に行っている。現在,Linux/OSSの普及促進と開発者の地位向上に,日々取り組んでいる。

コメント

コメントの記入