レポート

「第25回 HTML5とか勉強会」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめまして,HTML5とか勉強会スタッフの中島と申します。2012年1月18日,今年最初の「HTML5とか勉強会」SONYさんに会場をお借りして開催しました。第25回目のテーマは「Webと家電」。HTML5は今やパソコンやスマートフォンだけに留まることなく,多様なデバイスに広がりはじめています。その中でも特に,生活に密着したデバイスへの広がりが今後ますます注目されます。

本稿では,今回のイベントについてレポートします。

画像

ゲーム,家電,自動車,新聞などへの影響

最初にご登壇いただいたのは,KDDI総研の小林雅一さん。HTML5が各産業界へどのような影響を与えているかについて講演いただきました。

画像

現状でHTML5の普及が一番進んでいるのはゲーム産業です。Flashのサポート関係やモバイルプラットフォームの重要度の増加から普及が進んでいます。また,WebGLなどのゲーム開発に利用できる技術の登場も影響があるとのことです。現状ではいくつか問題もあるとし,デバイスやOS,ブラウザ間の互換性が不完全でそれらに対応する必要があり,ブラウザからデバイスのカメラやセンサーの操作ができないとのことです。これらの問題はWebアプリからネイティブアプリへと変換することで一時的に解決することができます。変換にはPhoneGapTitanium MobileEnchant.jsなどが使われているとのことです。

家電産業では,3Dテレビの需要が増えなかったことや,従来型テレビの値崩れから付加価値の高い次世代機を開発したいという狙いがあると述べました。

家電メーカーが関心を移しつつあるものとして,インターネットTVがあります。しかしインターネットTVが実用化されるためには大きく2つの課題があります。

1つはWeb上の動画コンテンツについてです。テレビの放送局は自社のコンテンツをWeb上に公開することを躊躇っています。一方でWeb上にあるYouTubeなどの動画コンテンツは一般的に解像度が低いため,テレビの大画面で視聴する画質として十分ではありません。最近ではYouTubeの画質は改善しつつあり,コンテンツの自主制作に着手するといった動きもでてきているとのことです。

もう一つはUI(ユーザ・インターフェース)についてです。インターネットTVとしてGoogle TVが昨年市場に出ていますが,操作方法と入力デバイスが使いづらかったことが,普及が進まなかった原因の1つではないかとのことです。

現在は各メーカーによってUIの改善が進められています。音声での文字入力,ポインティングデバイス,タッチパッドなどによって操作性の改善が図られていると紹介しました。

HTML5ではWebRTC(Web Realtime Communication)という,リアルタイムコミュニケーションを行うための仕様が策定中です。WebRTCによってブラウザがデバイスのハードウェアを操作できるようになります。テレビにカメラなどの機器を付けることで,テレビはビデオ会議などを行える多目的な情報処理端末へと,HTML5によって進化するだろうと述べました。

現時点でWebRTCはChromeの開発版で利用することができます。各ブラウザへの実装が進めば,Webの進化はますます加速していくと思われます。

講演では小林さんが取材されたCES2012での展示から,HTML5やWebを利用したシステムがいくつか紹介されました。詳しくは講演動画や講演資料からご覧ください。小林さんが書かれたCES2012の動画付きの記事がこちらにありますので,興味がある方はあわせてご覧ください。

家電にもブラウザがあるさ

続いてご登壇いただいたのは,Opera Softwareダニエルさん。Webと家電について講演いただきました。

画像

はじめに,Webが家電の拡張をする例として,テレビのブラウザ向けWebアプリケーションプラットフォームであるOpera TV Storeを紹介しました。ここではテレビ向けのWebアプリを開発する際の注意点について説明がありました。

テレビなどのハードウェアはソフトウェアと比較して開発期間が長くかかるため,市場に出る頃には搭載されているCPUの性能が相対的に低くなります。そのためアニメーションなどの重い処理を用いるかどうかを,慎重に判断する必要があります。

一般的にテレビの買い換えは頻繁に行われることではないため,ユーザのテレビは常に古いハードウェアであると考えたほうが良いとのことです。

次に,家電がWebを拡張するパターンについて説明がありました。台所の棚にタブレットを埋め込む,お風呂の中でタブレットを使う,といった使用方法を動画を見せながら紹介しました。紹介された動画はユーザが新しい使い方を発信している良い例です。ユーザが発信した使い方に他のユーザが共感すれば,それが製品化に繋がりユーザは今より便利にWebを利用できるようになるだろうとのことです。

家電でWebを拡張する場合,Web開発者にとっては問題点があります。それはユーザの利用しているデバイスや環境の判断が難しいということです。インプットデバイスの種類は多く,タッチ操作なのかリモコンなのか,ブラウザはどのインプットデバイスで使われるかを判断できないのです。ハードウェアの性能についてもブラウザは判断できないため,ユーザにとってより良いエクスペリエンスを提供するためには,この問題を解決する必要があると述べました。

次に,Webから家電を操作することについて説明がありました。ブラウザとハードウェアの連携は徐々に進んでいて,ブラウザからカメラやGPSを利用できるようになってきています。また,サーバを介さずに他のデバイスと連携できるようになってきています。ですが他のデバイスを発見するための手段が乏しく,接続するのが難しいとのことです。

デバイス間で連携するプロトコルとしてDLNA(Digital Living Network Alliance)を紹介しました。DLNAに対応したデバイスはネットワークを介して,それぞれのデバイスが持っているコンテンツや機能にアクセスすることができます。DLNAはデバイスディスカバリにUPnPを使用します。UPnPによってネットワーク上のデバイスを,手間なく相互認識することができます。DLNAに参加している企業はとても多く,今後ほとんどのデバイスがDLNAをサポートするかもしれないとのことです。

おわりに,Webを利用した家電の普及に必要なことを言及しました。Webと家電はいろいろな可能性があるが,普及のために必要なのはそのデバイスでなければできない,といったキラーアプリやユースケースの登場であるとのことです。

Webと家電,色々な利用方法ができるようになれば,ますます生活が便利なるのではと期待しています。講演の詳しい内容や流れは動画と講演資料をご覧ください。

著者プロフィール

中島直博(なかじまなおひろ)

東京工科大学大学院の修士1年。

Web好きJavaScript男子。お気に入りの変数はInfinity。「HTML5とか勉強会」のスタッフ。温泉ツーリングにハマっているHONDA党。

twitter:@nakajmg

コメント

コメントの記入