レポート

モーショノロジー2012 #1「検索はシステムを救う」実施レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

2012年1月26日,CROOZ株式会社主催「モーショノロジー2012 #1」がアカデミーヒルズ(六本木ヒルズ内)49階タワーホールにて開催されました。

今回のテーマは「検索はシステムを救う」と題して,利用するプロダクトや技術に加えて,具体的なサービスでどのプロダクトがどのように使われているのかといった視点を多く取り入れた内容としました。

画像

「検索」といえば,どのようなサービスでも当たり前にあるものだと思われがちですが,実際には「プロダクトを入れただけなんとかなる」範囲は狭く,提供するサービスによって複雑な開発が必要になってきます。

はじめに「モーショノロジー」について

近年,既存携帯電話からスマートフォンにデバイスが広がったことで,表現力(処理能力)が格段に上がりました。私たちのようにサービスを提供する側は,いかにしてユーザを技術で夢中にさせていくかを追求するべく,⁠動き(motion)⁠技術(Technology)⁠2つの単語を掛け合わせた造語をタイトルとしました。

CROOZ株式会社では,サービス向上について,新技術,新ガジェット,新プラットフォームなど,さまざまな課題に対して定期的に同業他社様と切磋琢磨し,業界全体の発展を寄与していきたいと考えております。

モーショノロジー(Facebookファンページ)
URL:http://www.facebook.com/motionology

発表内容

今回発表いただいた皆さんと内容は次表の通りです(敬称略)⁠検索技術や実装サービスなど,聞いた事ある!よく使っています! というものばかりではないでしょうか?

表1 発表の内容

1groongaの索引構築の実装有限会社未来検索ブラジル
森大二郎
2MeCabからの脱出?(仮CROOZ株式会社
長谷川 博紀
3全文検索のちょっとちがった使い方(仮グリー株式会社
一井崇
4rroongaによる検索サービスの実装株式会社クリアコード
須藤 功平
5groongaの位置情報検索関連について株式会社ぐるなび
塩畑公一
6Solrを使ったレシピ検索のプロトタイピングクックパッド株式会社
兼山元太

では,実際の発表を紹介していきましょう。

groongaの索引構築の実装

有限会社未来検索ブラジルの森さんよりお話しいただきました。森さんと言えば,書籍検索エンジンはなぜ見つけるのかでも有名な方かと思います。

画像

発表内容はgroongaを中心とした全文検索のお話で,検索に関する歴史からていねいに説明されました。

  • 1945年:Vannevar Bush's As We May Think
  • 1950年:情報検索(information retrieval)という用語が誕生
  • 1971年:全文検索(full-text information retrieval)萌芽的段階

上記の段階を辿って検索の技術は発展してきましたが,現在まで「大量の文書から いかに高速に処理するか,いかに的確な情報を見つけるか」という課題に関してはあまり進展がありません。このようにいろいろと課題のある中,今回はgroongaでも採用している「転置索引」を中心とした説明がありました。

転置索引は,本の巻末索引とおおよそ同じイメージで,groongaでは「転置索引型の全文検」⁠索引の動的構築が得意」⁠カラムストア指向」を実現しており,今後は静的構築にも意欲を示していました。静的構築が実現されると,たとえばバッチ処理などでの利用用途などに幅が広がるとのことで,今後の対応が楽しみでもあります。

著者プロフィール

高岡将(たかおかすすむ)

大手金融,独立系SIerにて気がつけば計18年以上のキャリアを重ねる。バランス感覚に長け,インフラ/アプリ,プレイヤ/マネージャなど関係なくこなし,「いそうだけどいないタイプ」と評価される。

仕事以外では,自転車,ジョギング,サックス等を趣味にし,密かに「エンジニアと健康」についてダイエット成功論の連載を企む。

コメント

コメントの記入