レポート

モチベーションアップにつながるきっかけ作りを――CSS Nite in TAKAMATSU, Vol.6「Webデザイナーのモチベーションアップ」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2012年2月25日,香川県高松市eとぴあ・かがわにてCSS Nite in TAKAMATSU, Vol.6 「Webデザイナーのモチベーションアップ」が開催されました。ここではその模様をお届けします。

まもなく開演

まもなく開演

メインのMCを務めた鷹野氏(右)と鍋坂氏(左)

メインのMCを務めた鷹野氏(右)と鍋坂氏(左)

セッション1:たかがWebクリエイター,されどWebクリエイター

オープニングセッションを務めたのは,株式会社アンティー・ファクトリー代表取締役/アートディレクター兼社団法人日本WEBデザイナーズ協会(JWDA)会長の中川直樹氏。

トップバッターを務めた中川氏。自身の経験,そして,今Webを取り巻く状況で起きている出来事をテンポ良く解説しながら,地方のクリエイターの価値について語りました

トップバッターを務めた中川氏。自身の経験,そして,今Webを取り巻く状況で起きている出来事をテンポ良く解説しながら,地方のクリエイターの価値について語りました

冒頭で「Webクリエイターとして今年何をすればよいか,それを皆さんと共有したいです」とコメントし,「たかがWebクリエイター,されどWebクリエイター」と題したセッションをスタートしました。

まず,今回のCSS Niteが香川で開催されたとと紐付けて「今,地方には優秀なクリエイターの方たちが増えています。(案件としての)トータルバランスで見た場合,東京のクリエイターに発注するよりも地方のクリエイターの方と仕事をしたほうが良いケースがあります」とし,東京集中型になりがちなWeb制作業務に対する1つの見解を述べました。

その上で「自分としては,モチベーションを高められるところで仕事を受発注できるようにしたい。価値というものは普遍的なので,その価値の上に付加価値をどう付けるか,たとえば,地方の特性を活かしたWebの活用方法を身に付けることで,日本全国どこでも活躍できるはずです」と,参加者に向けて自身の経験や知見を踏まえたメッセージを送りました。

また,最近のモバイルファーストの考え方については「そもそも限られた表示面積とモバイルの表示速度に合わせた,ムダを省き絞り上げられたUIに(その本質が)ある」として,改めてモバイルの中にある制約を知ること,また,スマホの出荷率は増えていても普及率は同様には増えていないことなど,表層的ではない本質的な面をを意識する重要性についても触れました。

その他,

  • タブレットネイティブの出現
  • デジタルサイネージの可能性
  • インフォグラフィックから伝えるCI,BI

など,現在の技術や周辺環境と未来を交えた話,それに対応する必要性を体系的に解説し,その上で,改めてグラフィックデザインの基礎を学んでおくこと,「何でも新しいものだけを取り入れるのではなくこれまでにあった良いもの,良い考え方をきちんと吸収していくこと,イノベーションではなく次世代のスタンダードをつくることこそがデザインの本質であり,未来につながっていきます」とまとめ,「(新しいものが日々登場している時代だからこそ)今,私たちは10年後を考えられる時代にいます。地方のクリエイターに対するニーズ,期待感を感じ取り,デザインに取り組んでいきましょう」と締めくくりました。

ショートセッション:クライアントの満足はクリエイターの満足~良い仕事をすることでモチベーションを上げていこう

続いて,地元香川から2つのショートセッションが行われました。

最初のセッションを担当したのは司会も務めた鍋坂理恵氏が登場しました。鍋坂氏は,地元香川でフリーランスのWebデザイナーとして活躍する一方,香川の制作者向けコミュニティWebridge kagawa(ウェブリッジかがわ)の副代表も努めています。

メインのMCも務めた鍋坂氏。「クライアントの方に対して,できるかぎり仕事がしやすくなるよう,相手の立場で物事を考えています」と,仕事のパートナーの気持ちになって仕事をすることの大切さについてお話されました

メインのMCも務めた鍋坂氏。「クライアントの方に対して,できるかぎり仕事がしやすくなるよう,相手の立場で物事を考えています」と,仕事のパートナーの気持ちになって仕事をすることの大切さについてお話されました

フリーランスのデザイナーという立場から,どうすれば良い仕事できるか,良いデザイナーでいられるかについて,鍋坂氏ならではの視点で発表しました。冒頭で述べた「良い仕事をすることが最大の営業になる」ということについては,会場内で頷く聴講者も多く,また,参加者のTwitter上のツイートでも同様の反応が見られました。

その上で,「発注していただく方に自分は何ができるのか。頼んだら何ができるのかを想像してもらうことの重要性」,そのために「相手の立場になって,根回しして一番仕事をしやすくすることが大切」という,フリーランスに限らず,どういった立場にも通ずる参考になる意見を述べていたのが印象的でした。

また,鍋坂氏は,やる気にならない仕事については「一日のうち,たとえば5分は必ずその仕事に向きあう時間を作る」など,モチベーションが上がりづらい業務に関してルーチン化する工夫などをして,メリハリを付けるなど,自身ならではの工夫についても紹介しました。

まとめとして,今回のセミナーのテーマである「モチベーションアップ」について「同業のクリエイターからもらう刺激,それが最大のモチベーションアップになりますし,デザイナーとしての歩みを止めないことを心がけましょう」と投げかけ,セッションを終えました。

ショートセッション:生粋のうどん県民が東京に1年住んで見えてきたもの

地元セッション二人目は,香川出身,現在は東京で勤務している有限会社ヘルツのうどん王子(?)こと,筒井志信氏。香川出身の人間が1年間東京で暮らし,仕事をしてきて見えてきたことについて,体験記の形でまとめました。

今回のCSS Niteのイメージキャラは筒井氏をモチーフにしているとのこと。最初に「あげぽよ」と,ちょっと照れながら話していたのが印象的でした

今回のCSS Niteのイメージキャラは筒井氏をモチーフにしているとのこと。最初に「あげぽよ」と,ちょっと照れながら話していたのが印象的でした

東京生活を始めた当初,驚いたのはその人の多さとのことで,通勤時の満員列車などは実際に見るまでは誇張されていたと思っていたそうです。そして,人の多さと同じくWebを含めたITに関する勉強会の開催数の多さにも驚いたとか。実際,IT勉強会カレンダーを見てもわかるとおり,他の地域に比べて東京開催の勉強会の数の多さには目を見張るものがあります。こうした環境要因から生まれる,Web業界の首都圏と地方の業界人ピラミッドなどを視覚化した資料とともに「そうは言っても,インターネットの仕事をしているのだから,本来は場所は関係ないはずです。場所にとらわれない仕事をしていくことが大切です」と,香川・東京両方の地域で働いている経験から得た,自身の考えを伝えました。

そして「(どんな業務でも)1つ1つを誠実に。地方に住んでいることを意識して,人間関係やコミュニティを大切にしていきたいです」と,これからも自身として考え取り組みたいことを述べました。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入