レポート

7年ぶりに帰ってきた!JavaOne Tokyo 2012開幕!―未来へ~"MOVING JAVA FORWARD"

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2012年4月4日,7年ぶりとなるJavaOne Tokyoが六本木アカデミーヒルズ49で開幕しました。

7年ぶりのJavaOne Tokyo

Java Strategy Kenote,MCを務めたのは,JavaOne Tokyo 2012実行プロジェクトリーダーの伊藤敬氏。オープニングの挨拶では「JavaOneが7年ぶりに東京に戻ってきました。これまでの変化,そしてこれからのJavaが見える2日間を楽しんでください」と述べ,JavaOne Tokyo 2012の幕が開きました。

「7年ぶりの開催をみんなで楽しみましょう。これから2日間はずっとJavaのことを考えてください」と,JavaOne Tokyo開催について,参加者とともに喜んだ伊藤氏

「7年ぶりの開催をみんなで楽しみましょう。これから2日間はずっとJavaのことを考えてください」と,JavaOne Tokyo開催について,参加者とともに喜んだ伊藤氏

これからのJava,3つの柱―「技術」「コミュニティ」「投資」

7年ぶり,そして,OracleによるSun買収後初となるJavaOneということで,それぞれのアップデートの解説に入る前に「今のJava」のオーバービューが説明されました。担当したのは,Oracle,Java Product ManagemetのDirector,Naveen Asrani氏。

Naveen氏は,⁠Oracleのもと,⁠技術」⁠コミュニティ」⁠投資」の3本柱により,これからのJavaが進化します」と力強く語った

Naveen氏は,「Oracleのもと,「技術」「コミュニティ」「投資」の3本柱により,これからのJavaが進化します」と力強く語った

Naveen氏は現在のJavaについて,⁠3つの柱として,技術,コミュニティ,そして,Oracleによるプラットフォームへの投資があります。これらがJavaの進化を支えているのです」とJavaの現状を俯瞰し,それぞれの最新動向について説明を続けました。

Javaは3つの要素が支えている

Javaは3つの要素が支えている

技術に関しては,JDK 7 for Mac OS X Developer Preview,JavaFX 2.1 for Mac OS X/Linux Developer Previewが注目したいポイントとのこと。また,コミュニティに関しては,⁠オープンソースプロジェクトとして推進されているOpenJDKに,IBMやApple,SAPに加えて,Twitterが参加したことが大きなインパクトを与えていくでしょう」と,従来のITベンダに加えて,ここ数年急激に成長を続けているソーシャルメディアの雄,TwitterがJavaコミュニティの仲間に加わったことを強調しました。

そして,Oracleによる投資,リーダーシップとして,JavaOne参加者が毎年30%伸びている点やJDKのダウンロード数が伸びている点,Java Magazineの発行など,裏側から支えている状況を紹介しました。

見えてきたJava SE 7,そして8の展望

次に登場したのは,Java ME/SE Product Management,Sr DirectorのHenrik Stahl氏です。Henrik氏からは,

  • Java開発者の規模
  • JDK 7の今
  • JDK 8の展望

に関する説明が行われました。

Java開発者こそがJavaの価値とする,Java ME/SE Product Management,Sr DirectorのHenrik Stahl氏

Java開発者こそがJavaの価値とする,Java ME/SE Product Management,Sr DirectorのHenrik Stahl氏

現在,全世界には900万人のJava開発者がいるそうで,Henrik氏はこれを「東京で言えば,朝の通勤をする会社員全員が開発者と言えるぐらいの規模になりました。Javaの開発者数は,いまやそのぐらいまで拡大しています」と,例えを用いながら開発者が増えていること,その規模が年々増えていることを紹介しました。

JDKは現在バージョン7が最新となっていて,この4月にJDK 7u4がリリースされるとのこと。併せて,JavaFXの最新版,JavaFX 2.1もリリースされることが発表されました。

そして,2012年中にJDK 7u6のリリースが予定されており,Mac OS X向けのJREのポート,複数OS間の自動アップデートなどが行えるようになるとのことです。

そして,次期バージョンJDK 8は2013年夏ごろリリースとなっています。

JDKの今後のロードマップ

JDKの今後のロードマップ

JDK 8で実現されること

JDK 8のアップデートで注目したいのは,

  • Project Lamda
  • Project Jigsaw

の2つ。以前から開発が進められているプロジェクトで,この2つにより,Javaのモジュール化,そして,クロージャの実装が行われることになり,Javaアプリケーション開発の効率化,パッケージングおよびデプロイの簡易化が実現されることになります。

JDK 8のアップデート項目

JDK 8のアップデート項目

Herik氏のパートの最後では,OpenJDKに加わったTwitterから,Engineering Infrastructure,DirectorのRob Benson氏がゲストとして登壇し,TwitterとしてのJavaへの期待,参加の目的を述べました。

Twitter,Engineering Infrastructure,DirectorのRob Benson氏。⁠現在,TwitterではJavaとScalaを利用した開発を進めています。その中で,コミュニティの中に入ることがとても大事で,自分たちにとって何が必要なのか,そのためにどのように貢献していくかを考えています。オープンコミュニティの価値は,参加することにあります」とコメントした

Twitter,Engineering Infrastructure,DirectorのRob Benson氏。「現在,TwitterではJavaとScalaを利用した開発を進めています。その中で,コミュニティの中に入ることがとても大事で,自分たちにとって何が必要なのか,そのためにどのように貢献していくかを考えています。オープンコミュニティの価値は,参加することにあります」とコメントした

最後にHerik氏は「JDK 6のアップデートは今年11月で終了します。ぜひ早いタイミングでJDK 7へ移行し,来たるべくJDK 8に備え,また,先進的に進められる開発者にはフィードバックを戻してもらいたいです」と述べ,締めくくりました。

JDK 7
http://oracle.com/java
http://java.com/
JDK 8
http://openjdk.java.net/projects/jdk8/

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入