レポート

「オラクルがベンダロックイン? ありえないね」ラリー・エリソンのキャラ立ちっぷりに感動!Oracle OpenWorld Tokyo 2012基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

4月4日から6日までの3日間,東京・六本木を文字通り真っ赤に染めて開催された「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」⁠2日目(4月5日)の基調講演にはOracle CEOのラリー・エリソン(Larry Ellison)氏が登場しました。同氏といえばIT業界きってのdisりキャラ…もとい,ストレートな物言いがその魅力でもあります。ライバル企業への批判を,なんのためらいもなく口にできる舌鋒の鋭さは,親友の故スティーブ・ジョブズを彷彿とさせるところも。メディアにとっても見出しになりやすい発言をいつもしてくれるので,非常にありがたい存在です。

今回の基調講演も,短い時間ながらそんな同氏の魅力を最大限に感じられるものでした。本稿では基調講演でのエリソンCEOの"キャラ立ちぶり"を発言を中心にまとめてみました。なお,文中ではあえて同氏の愛称である"ラリー"を使わせていただきました。

エリソン氏の講演はなぜか? 京都のサテライトからのライブ中継

エリソン氏の講演はなぜか? 京都のサテライトからのライブ中継

OracleはエンタープライズのAppleを目指す

ジョブズとは25年来の親友だったというラリー。昨年10月,サンフランシスコで開催されたOracle OpenWorld 2011のさなか,自身のキーノートスピーチ後にジョブズの死を知らされたラリーはしばらく放心状態だったと伝えられています。

今回の基調講演でもジョブズやAppleを称える発言が随所に見られました。冒頭の「iPhoneという次世代のシステムを作ったことでAppleは世界で最も価値のある企業になった」に始まり,

「スティーブのアイデアはいつもシンプル。PCの世界でIntelやHP,Microsoftが三者三様の動きを取り,そのしくみはどんどん複雑化していった。彼は,Appleにはハードもソフトもサービスも自社で開発する力があるのだから,PCのマネをする必要はない,重要なのはフィット感だとして,1社ですべてを提供した。それが奏功した」

「ハード,ソフト,サービスをまとめてエンジニアリングしたことで,少ない研究費で最大の利益を生む製品を作り上げた」

「トヨタのレクサスにはすばらしいレインシールドがある。わざわざポルシェのものに置き換える必要はない。ITの世界も同じ。独自のインテグレーションのほうがフィット感ある製品を作り出せる」

「AppleがHPやIntelを目指さなかったように,OracleもIBMと同じである必要はない」などなど…。

そしてOracleもまた,Appleと同じようにエンタープライズの世界で⁠ハード,ソフト,サービスをまとめてエンジニアリング⁠する方向性を強く打ち出しています。⁠Engineered Work Together」とはSun買収以来,Oracleが掲げているポリシーですが,それを具現化した最初の製品が2008年リリースの高速データベースマシン「Oracle Exadata」です。

すべてを並列化することで超高速を実現したExadata

Exadataおよびその他のExaシリーズについての詳細はここでは割愛しますが,Exaシリーズの最大の売りはそのパフォーマンスです。基調講演中,ラリーが何度も強調したのは「すべてを並列化した」ということ。メモリやディスクなどハードウェアまわりだけでなく,ミドルウェアもソフトウェアもネットワークすべてを並列に扱うアーキテクチャにこだわって生まれたのがExaシリーズです。

Intel Core168個!フラッシュストレージ5.3T!を誇るExadata

Intel Core168個!/フラッシュストレージ5.3T!を誇るExadata

「世界最安値のDBマシンがExadata。同じ事をIBM製品で実現しようとすればいくらかかることか」

「何千台ものIntelマシンと1台のExalogic,どちらにメリットがあるかははっきりしている」

「Exadataのラック1台で実現しているI/OをEMCで実現しようとするならこの壁いっぱいのラックが必要になる」⁠いままでにない速さを求めるなら,ハードとソフトを一緒に開発しなければ無理」

「ネットワークにEthernetではなくInfiniBandを選んだことでモダンな並列ネットワークが実現した」

なぜここまで並列化にこだわったのか。ラリーは「並列化のメリットはシングルポイントフェイリャーがないこと。真の意味でフォルトトレラントな世界」であると強調しています。Exaシリーズのアーキテクチャは特殊なように見えて,汎用的で安価なコンポーネントを数多く使っています。このあたりもAppleのiPhoneに近いアーキテクチャと言えるのかもしれません。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入