レポート

「第28回 HTML5とか勉強会 HTML5ビジネス最前線(B2C編)」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第28回目の「HTML5とか勉強会」は,富士ソフトさんに会場をお借りして開催しました。

今回のテーマは「HTML5ビジネス最前線(B2C編)」。ビジネスの現場でも存在感が増しているHTML5について,Webやハイブリッドアプリの制作などに関わった方々に講演していただきました。

本稿では,今回のイベントについてレポートします。

画像

スマート・デバイスとHTML5,そのビジネス

はじめに,KDDI総研の小林雅一さんにHTML5を使ったデバイスの紹介や,HTML5の重要性について講演いただきました。

画像

現在スマート・デバイスのコモディティ化が進み,差別化が難しくなっているそうです。乗せるOSが限られていることもあり,各社はデバイスのスペック面での強化による差別化を図っているとのことです。日本のメーカーも防水のタブレットを出すなどしています。差別化のためには家電,自動車などの異業種をまきこんでいくことが重要になっていくと述べていました。

スマート・デバイスの成功の鍵を握っているのはHTML5です。HTML5によってWebサイトはホームページを見るためのものから,何かをするためのプラットフォームになっています。ブラウザは強化されたJavaScriptによってアプリケーションプラットフォームとして働きます。HTML5のオフライン機能やデバイスAPIによってブラウザとOSの境界線がなくなっていくことで,ブラウザがOSにより近くなるだろうとのことです。

HTML5が注目されている理由として,OSやデバイスによる囲い込みを回避できるという点があります。これから日本企業がとるべき戦略として,自社のコンテンツを自社のデバイスだけで使えるようにするのではなく,どの端末でも利用できるようにするべきだと述べていました。今まではOSがプラットフォームになっており,日本企業はそれに沿うしかありませんでしたが,プラットフォームがブラウザへと移行することで,日本企業にも様々なチャンスが生まれるとのことです。

講演では他にも,様々なデバイスやサービスの紹介がありました。詳しくは講演資料や講演動画をご覧ください。講演で紹介された動画が掲載されたページはこちらです(リンク先画面右側に動画があります)。小林さんが執筆された本日本企業復活へのHTML5戦略が発売中ですので,興味がある方は是非手に取ってみてください。

小さく,早い改善がスマホのサービス開発を変える

次に,クックパッドの五十嵐啓人さんにAndroidアプリのハイブリッド化の事例から,スマートフォンのサービス開発について講演いただきました。

画像

Android,iOS,Webと3つのプラットフォームで別々に開発していたアプリをハイブリッド化するにあたって,クックパッドではそれまでと違った開発手法をとったそうです。従来は社内で価値をねりこんでから全体にサービスを公開するという手法でしたが,小さなターゲットに向けて細かい機能を段階的に提供していくという手法にしたそうです。1,000万人規模の大きなプラットフォームになってしまうと従来の手法ではアイデアがあっても周囲の説得が必要であったり,リリース可否の判断がシビアになったりと保守的になりがちです。また影響範囲も大きいことから,様々なユーザの利害を考慮しなければならないとのことです。

クックパッドでは「The Lean Startup」(Eric Ries著)から,起業における仮説の検証作業や議論プロセスの効率化についてを,サービス開発に適用しようと試みたそうです。今回の事例では1人のユーザにターゲットを絞って新機能を提供し,そのユーザが使ってくれるかどうかを検証,ユーザが新機能を使ってくれるまでアップデートやアプローチの変更を行い,うまく行った場合には公開規模を拡大する,といったことを繰り返したとのことです。特定ユーザへの機能提供や素早いアップデートが行えるのは,HTML5やJavaScriptで開発しているからこそできる利点だと述べていました。

講演ではこの他にハイブリッド化にあたって注意した事柄や,ハイブリッド化後に気付いたことなどの紹介がありました。詳しくは講演動画講演資料をご覧ください。

著者プロフィール

中島直博(なかじまなおひろ)

DMM.com Labo所属。

html5j/HTML5とか勉強会スタッフ。

フロントエンドエンジニアとして主にスマートフォン向けサービスの開発に従事。ツチノコの巣に迷い込んだひよっこ。

twitter:@nakajmg

コメント

コメントの記入