レポート

「第29回 HTML5とか勉強会 ~JavaScriptモバイルフレームワーク」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第29回目の「HTML5とか勉強会」は,DeNAさんに会場をお借りして開催しました。

今回のテーマは「JavaScriptモバイルフレームワーク」。最近色々なJavaScriptフレームワークが登場していますが,今回はその中からモバイルフレームワークについて講演していただきました。

本稿では,今回のイベントについてレポートします。

画像

ngCoreについて

セッションの1つ目はngCoreについてDeNA紀平拓男さんに講演いただきました。

画像

ngCoreはJavaScriptを使ったゲーム用のフレームワークで,ゲームとソーシャルの機能に特化したAPIが用意されていて,ngGoといったゲームライブラリやIDEのngBuilderがあるとのことです。ngCoreで書かれたソースはiOSとAndroidの2つのプラットフォームで動かすことが可能で,個人でも無料で試用することができると紹介しました。

他のゲームエンジンと比較したngCoreの特徴として,収益を上げる実績があること,開発支援環境が充実していること,SDKにソーシャル系のAPIが標準で用意されていること,開発言語がJavaScriptであるといった点があるとのことです。中でも開発言語がJavaScriptであることが重要で,ブラウザでそのまま実行できることが大きなメリットであり,iOSやAndroidで動いているゲームアプリをそのままブラウザで動かすことができると述べていました。

ゲームをHTML5化することのメリットとして,アップデートに審査が必要なプラットフォームと比べてリアルタイムでアップデートできること,HTML5が使える新しいプラットフォームへの対応が簡単なこと,リリースしたゲームがアプリとWebのどちらで流行っても即座に対応できるといったことがあるとのことです。

ネイティブアプリを作るフレームワークでも将来のHTML5移行を見据えることが重要で,JavaScriptではない言語を使ったフレームワークは今後HTML5に移行する際にスムーズに行かない可能性があることから,JavaScriptのフレームワークを優先的に使うことが推奨されると述べていました。

ngCoreの詳しい解説やデモなどは講演動画をご覧ください。

PhoneGap

セッションの2つ目はPhoneGapについて,ネオローグのタチゾノマサヒコさんに講演いただきました。

画像

はじめにWebアプリとネイティブアプリの比較を紹介しました。

Webアプリとネイティブアプリの差として開発言語の違い,既存プラットフォームで課金システムが使えるかどうか,マルチプラットフォーム対応,集客にかかる手間,そしてデバイス固有の機能が使えるかどうかの差があるとのことです。ネイティブアプリでないと色々と厳しい面もありますが,ネイティブアプリの開発は単一プラットフォームでも手間がかかり,マルチプラットフォーム化は大変だと述べていました。これらの差はハイブリッドアプリにすることで減らすことができるとのことです。

PhoneGapはWebViewをベースにしていて,各種プラットフォーム上で動くアプリとしてwrapします。JavaScriptからネイティブAPIへのブリッジを提供することで端末のカメラやセンサー,連絡帳など様々な固有機能を使うことができるとのことです。

PhoneGapはiOSやAndroidなど多くのプラットフォームに対応していますが,プラットフォームによってはサポートされていないAPIもあるとのことです。PhoneGapにはプラグインが存在しており,TwitterプラグインやFacebookプラグインなど便利な機能を追加することができるそうです。

PhoneGapにはPhoneGap BuildというWebサービスがあり,HTML・CSS・JavaScriptをアップロードすることで各プラットフォーム向けのバイナリを書き出すことができるそうです。簡単にバイナリが作ることができるサービスとしては優秀で,iOSやAndroidだけでなくWindow PhoneやBlackBerryといったプラットフォームのバイナリも作ることができるとのことです。

詳しい内容は講演動画講演資料をご覧ください。

Titanium Mobile

セッション3つめはAppcelaratorの増井雄一郎さんTitanium Mobileについて講演いただきました。

画像

Titanium MobileはJavaScriptを利用してiOSやAndroid向けのネイティブアプリを作ることができるフレームワークです。Objective-CやJavaでの開発に比べて簡単にネイティブアプリが作成できます。Titanium Mobileは現在30万人の開発者によって35,000以上のアプリがマーケットに出されていて,中にはObjective-Cで書かれたコードを捨て,Titanium Mobileで作りなおしてiOSとAndroidの両方に対応させるといった事例もあると紹介しました。

Titanium Mobileを使ってリリースされたアプリの中には,デザイナーの方が作ったアプリもあるそうで,とても簡単にアプリの作成ができるとのことです。

Titanium Mobileで書かれたコードは各プラットフォームの特徴を考慮したインターフェースで実行されます。例えばAndroidではタブが上に表示されますが,iOSでは下に表示されるといったようにプラットフォーム毎にユーザの体験を邪魔しないUIを作りこむことができるとのことです。

他にも,DRMの処理などJavaScriptで実行させるには向かないものに関して,Titanium MobileではObjective-CやJavaによってModuleとして拡張できるとのことです。これら作成したModuleはOpen Mobile Marketplaceで売買することができると紹介しました。

詳しい内容は講演動画講演資料をご覧ください。

著者プロフィール

中島直博(なかじまなおひろ)

DMM.com Labo所属。

html5j/HTML5とか勉強会スタッフ。

フロントエンドエンジニアとして主にスマートフォン向けサービスの開発に従事。ツチノコの巣に迷い込んだひよっこ。

twitter:@nakajmg

コメント

コメントの記入