レポート

グーグルもVMwareもアップルも─マイクロソフトの“disり王”ケビン・ターナーがWPCでライバルたちをメッタ斬り

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

マイクロソフトが毎年7月初旬,北米の一都市で開催する世界最大級のパートナーイベント「Microsoft Worldwide Pertner Conference(WPC)⁠今年は気候もさわやかなカナダ・トロントに全世界から1万6,000名のパートナーが集結,Windows 8のリリース日やOffice 365の新パートナープログラムが発表されるなど,非常に話題の多いWPCとなりました。

例年,初日のキーノートにスティーブ・バルマーCEOが登場して年間(マイクロソフトの会計年度は7月スタート)の戦略方針や重要な発表を行い,2日目には各部門のプレジデントクラスが登壇して主要な技術の方針について説明が行われます。そして最終日となる3日目にメインスピーカーを務めるのはCOOのケビン・ターナー(Kevin Turner)氏。その年のWPC全体のラップアップを行い,会場に集まった世界中のマイクロソフトパートナーに対し「今年も一緒にやっていこうぜ!」的な呼びかけを力強く行ってシメる,これがWPCの定番です。

WPC名物 ケビン・ターナー氏

WPC名物 ケビン・ターナー氏

日本ではあまり知られていませんが,ターナー氏はマイクロソフトきってのdisりキャラもとい辛辣な表現で有名な人物です。WPCのキーノートでは毎年必ず,マイクロソフトの製品&サービスはなんてたって宇宙一,対抗する競合製品はすべて悪の手先とばかり,バッサバッサと切り倒します。単に罵詈雑言を吐き散らすのではなく,意外と鋭い視点をもっていたり,第三者による調査データを提示するなど,他社をdisるためには腰の入った準備を怠らないところがすばらしい。

というわけで,今年も我々の期待を裏切ることなく,エンジン全開でライバルをぶった斬ってくれたターナーさん。本レポートではそのごく一部を写真とともにお伝えしていきます。

最強にして最悪のライバル,その名はグーグル

マイクロソフトにとって現在もっとも腹ただしい相手,それがグーグルです。ここ数年,WPCでのターナーさんの矛先もグーグルに向かうことが多かったのですが,今回はいつにもまして悪の帝王扱いでした。

ありとあらゆるところでガチでぶつかりまくっている両社ですが,現在,もっともにらみ合いを続けているポイントがOffice 365 vs. Google Appsというところでしょうか。

Google Appsに流れた顧客は「グーグルの放置プレイでまたOfficeに帰ってくる」そうです

Google Appsに流れた顧客は「グーグルの放置プレイでまたOfficeに帰ってくる」そうです

「Google Appsの1アカウント50ドルにだまされるな」と氷山の図を使って,見えないコストを強調。50ドルが718ドルっていったい…

「Google Appsの1アカウント50ドルにだまされるな」と氷山の図を使って,見えないコストを強調。50ドルが718ドルっていったい…

個人的な印象を言わせていただけるのなら,Google Appsは完成度の面ではOffice 365にまだ相当負けている感じがします。やはりオフィススイートに関してはマイクロソフトに一日の長あり。Google Appsでパワポのファイルとか開くと,ひどい表示になること多いですからね。トータルコストやサポートでも,マイクロソフトのほうが有利な部分が多い。

しかし,そんな"勝ってあたりまえ"のフィールドで誇らしげに吠えているだけではdisりキャラとしては役不足。相手が圧倒的に優位な分野で噛みついてこそ,disりキャラは生きてくるのです。そしてもちろん,ターナーさんは期待に応えてくれました。

「世の中は,グーグルのターゲティング広告はどれだけプライバシーを侵害したら済むんだ! という流れになりつつある」

「世の中は,グーグルのターゲティング広告はどれだけプライバシーを侵害したら済むんだ! という流れになりつつある」

「検索の妥当性でいえばGoogleよりBingのほうがすぐれている」え! そうなの?

「検索の妥当性でいえばGoogleよりBingのほうがすぐれている」え! そうなの?

グーグルの超有名なモットー「Don't be evil」⁠しかし最近のグーグルは邪悪の化身そのものではないかというご指摘。ターゲティング広告も検索エンジンも優秀であればあるほどプライバシー侵害のリスクも高まるので,グーグルは当面,かなりの体力を使ってこの問題と向き合わざるを得ないでしょう。検索やオンライン広告の分野ではマイクロソフトはまだまだグーグルと同じ土俵に立つことはできていませんが,プライバシーという外部の力で相手を弱めようとする他力本願的な攻撃パターンも用意しているところがさすがです。

意外な新ターゲット─VMware

Windows 8リリースの報に隠れてしまいましたが,今年はWindows Server 2012がリリースされます。発売時期は9月。"新しい時代のクラウドOS"を標榜するこの新OSのターゲットはなんとVMware。言わずと知れた仮想化環境の超デファクトスタンダードです。

Windows Server 2012とHyper-VはVMwareの仮想化環境よりも「とにかく全部上!」

Windows Server 2012とHyper-VはVMwareの仮想化環境よりも「とにかく全部上!」

たしかに発表内容を見る限り,Windows Server 2012には64CPU/1TBメモリまでハンドルできる仮想マシンなど,プライベートクラウドに必要な仮想化機能をかなり高いレベルで備えています。しかしだからといって圧倒的なシェアを誇るVMwareの牙城を崩すのはそんなに簡単ではありません。安いから,とか,機能が上だから,という理由だけではシェアは奪えないですからね。マイクロソフトももちろんそんなことは了承済み。Windows Server 2012のリリースと同様に,お得なHype-V移行キャンペーンをVMwareユーザ向けに展開することも発表しています。ターナーさんもdisりでしっかり援護射撃。どこまで奏効するか,9月以降に期待しましょう。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入