レポート

組み合わせテストにどっぷり浸かる2日間─「WACATE2012 夏」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめまして。WACATE2012夏,レポートを担当する畠山と申します。

WACATE(Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)とは,若手テストエンジニアによる若手テストエンジニアのためのワークショップです。夏冬と年に2回開催しており,10回目を迎える今回は組み合わせテストがテーマ。「禁則にときめけ!無則にひらめけ!」を合言葉に,晴天の三浦マホロバ・マインズで,2012年6月30日~7月1日,1泊2日の合宿が開催されました。

画像

今回,後述するベストポジションペーパー賞を受賞し,この場でWACATE2012夏を紹介する機会をいただきました。WACATE初参加の,それどころか社外の勉強会やコミュニティにすら参加したことがないという初心者の私がレポートを担当させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。

知らない人ばかりでも安心! ―人と人との距離を縮める仕掛け―

WACATEはセミナーでも講習会でもなく「ワークショップ」です。手を動かして技術を身につける,しかもチームでの行動となると,参加者同士のコミュニケーションが欠かせません。WACATEには交流を促す仕掛けが随所に施されています。

まず参加者のネームプレート。初参加の人は黄色,2回目以降の人は緑色のカード,そして5回以上参加している常連さんは青色のカードになっています。WACATE経験者の方は右も左も分からない初参加者を積極的にフォローしてくださり,また,書籍を執筆されている方,JaSSTの実行委員をされている方など,社外に飛び出したばかりの私には雲の上の存在だと思っていた方々も分け隔てなく接してくださり,貴重な交流の機会を十分に得ることができました。

初心者同士の交流の場も設けてあります。初日夜,ディナーセッションの後に行われる「分科会」は,いくつかの提示されたテーマの中から好きなものを選び,興味のある人同士が集まって語り合うというものです。「初心者集まれ!」とリードしたのは実行委員の奥村健二さん。それぞれテストに関して悩んでいることを挙げ,回答ができる人が答える,初心者同士が自分たちで解決していくことで自信に繋がる時間でもありました。

これらの交流の要になるのが「ポジションペーパー」の存在です。ポジションペーパーとは自己紹介や参加の意気込み,問題提起,議論したいことなどをA4用紙1枚にまとめたもので,参加者は申し込み時に全員が提出しています。全員のポジションペーパーは冊子にまとめられ開始時に配布されているので,それを元にお互いの情報を知ることができます。WACATE最初の大きなセッションは,このポジションペーパーを使っての交流です。1人3分時間が与えられ,チーム内で順番に発表していくのですが,テストに対する熱い想いを持って参加した人ばかりですから,3分という時間はあっという間。私も語りきれませんでした。熱い想いを語り合い,仲間意識が芽生えたところで,テスト尽くしの2日間がスタートするのです。

画像

技術を学ぶその前に―意欲を高めるヒント―

前述したポジションペーパーに3つの賞が用意されています。その中のひとつ「ベストポジションペーパー賞(BPP賞)」は,参加者が選んだ最優秀ポジションペーパー賞のこと。今回のテーマ「組み合わせテスト」の世界に入る前に,WACATEに参加することでどのようなことが得られ,どう業務に生かしていけばよいのか,そのヒントを前回のBPP賞受賞者である藤崎祐美子さんが講演します。

画像

藤崎さんの最初の一歩は,Twitterのつぶやきなのだそうです。ほんの小さな一歩から繋がったのが,このWACATEやソフトウェアテストに関わるたくさんの人たち。そして藤崎さんは,以下の3ステップで人生が変わったといいます。

  • みんなの力を組み合わせることで加速
  • 気づく,考える,発信する
  • 世界に視野を広げてみよう

多くの人たちから刺激を受け,自分の立ち位置を意識するようになり,徐々に周りの人たちへも影響を与えるようになったという藤崎さん。これからは世界にもどんどん視野を広げていきたいと語っていました。得たものを持ち帰り,生かしている先輩の声を聞き,「この小さな一歩に大きな可能性が秘められている」初参加の私は今日ここで一歩を踏み出せたように思い,大きく胸が膨らみました。

組み合わせテストって??―基礎を積む―

今回のテーマ「組み合わせテスト」について,参加者の知識レベルはばらばらです。グループワークに入る前に全員が同じスタートラインにつくため,1日目の午後は,実行委員の井芹洋輝さん,近江久美子さん,加瀬正樹さんが講師となり,組み合わせテストの基礎を学習します。

「組み合わせテスト」をするには何をしなければならないのか,ラーメン屋を例に挙げて講義は進みます。組み合わせが多すぎたり洗い出した条件が複雑であったりする場合,解決策として,「デシジョンテーブル」「直交表」,「ペアワイズ」といった組み合わせテスト技法を用います。しかし,最初から技法を使用するべきではありません。テスト対象や目的に応じて適宜使い分ける必要があるだけではなく,組み合わせテストをする場合,他にも落とし穴があるかもしれません。

画像

たとえば,組み合わせを網羅する中で,条件によっては肉なしチャーシュー麺ができあがります。組み合わせても問題は起きませんが,メニューとしてありえない,そのような「禁則」は事前に見つけ出しておく必要があります。また,メニューには書かれていない麺の堅さが選べるかもしれませんし,壁に冷やし中華はじめましたと書いてあるのを見逃してしまっているかもしれません。このような「抜けや漏れ」,「隠れた仕様」も,きちんと探っておく必要があります。

抜けや漏れ,隠れた仕様を見逃してしまうと,それは丸々テスト漏れになってしまいます。そのようなことがないよう,テストをする前には分析,設計が大切です。仕様の分析にも便利な手法があります。「マインドマップ」「FV表」,「ラルフチャート」などを活用しながら詳細化することで,因子や水準をよりよく抽出でき,適切なテスト技法を選択する手がかかりになります。また,順を追ってテスト実施に至ったとしても,それが完璧かどうかはわかりません。テスト条件,要因・因子,粒度・水準・範囲,テスト技法,それらが適切かどうか,随時,見直しをすることが大切です。このように「良い手法」を用い,「良い習慣」をつけることにより,適切なテスト,即ち「良いテスト」をすることができるのです。

画像

講義の間にはミニワークも行われました。書かれたことしか読み取れなかったガチガチの頭は,小さな実践と振り返りで,少しずつ柔らかくなっていきます。段階を踏んで学ぶことで,徐々に身についていくのがわかります。

著者プロフィール

畠山さつき(はたけやまさつき)

QTPやSeleniumといった自動テストツールの導入に携わってきたが,ソフトウェアテストに対する知識の狭さを感じ,今回WACATEに初参加。大勢の仲間と出会いテストエンジニアの可能性に胸をときめかせながら,小さな開発会社で新しい道を切り拓こうと奮闘中。

コメント

コメントの記入