レポート

Amazon Glacierとは何か? 説明会を開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

8月24日,アマゾンウェブサービスは,21日に発表された新しいストレージサービス「Amazon Glacier」⁠グレイシャー)の勉強会を開催しました。ここでの解説を元にGlacierの概要を紹介しましょう。

説明を行うアマゾンウェブサービス 技術統括部長/エバンジェリスト 玉川憲氏

説明を行うアマゾンウェブサービス 技術統括部長/エバンジェリスト 玉川憲氏

Amazon GlacierとS3の違い

Amazon Glacierは,低頻度のアクセスを想定し,運用コストを低く抑えたバックアップ/アーカイブ用のストレージサービスです。Amazonのストレージサービスとしては「Amazon S3」がよく知られていますが,これと比較してみましょう。

Amazon GlacierAmazon S3
データアクセス(読み出し)に長時間読み書きともパフォーマンス高
耐久性99.999999999%(イレブンデジット)99.999999999%(イレブンデジット)
月額費用$0.012/GB(東京リージョンの場合)~$0.13/GB

データの耐久性などはまったく同じで,Glacierはアクセスに時間がかかるぶん,費用がS3の約10分の1となっているわけです。Glecierだと1Tバイトのデータが1ヵ月約1000円程度で保管できる計算です。

このような特徴を持っているGlacierを,Amazonはこれまでテープでバックアップをしていたようなペタバイトクラスの大容量データを数年にわたる長期で保存する,といった用途を想定していると言います。

Glacierサービスの利用方法

具体的な利用方法ですが,まずは他のAWSのサービスと同様,Amazonにユーザ登録,ログインして「マネジメントコンソール」を立ち上げます。どのリージョンのGlacierサービスを利用するかを選択後,Vault(ボルト)を作成します。ここにデータをアップロードする単位のアーカイブを格納できます。このVaultに対してアクセス権限と,Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)を使ったジョブ終了通知などの送り先を設定します。ここまでがWeb GUIを使った最初の設定です。

この後,実際にデータをアップロードしますが,ここからはGUIでできるわけではありません。S3等と同様,Web API,あるいは用意されているSDKを使ってプログラムを作成し,処理を行います。SDKはJavaと.NET用が用意され,サンプルコードも付属しているので,プログラミング経験のある方なら,それほど苦労なく利用できるとのことです。

Glacierサービスの大きな特徴は,データの取り出し処理にあります。Glacierにアップされたデータはその名の通り「氷漬け」のようなイメージで保管されており,データ取り出しを実行できるようになるには「リトリーブ」と呼ばれる処理が必要で,3.5~4時間かかります。かかる時間はデータの大きさに関係ありません。

取り出し実行可能になる(データが「ホットになる」と言うそうです)と,それから24時間の間にダウンロードを実行します。ホットになったかどうかは,先に設定したAmazon SNSによる通知により知らされることになります。ダウンロードももちろん,API経由,またはSDKによるプログラム処理が必要です。

なお,データの削除はワンコマンドで可能とのことです。

長期の保存に特化した料金体系

ではGlacierの価格体系をもう少し詳しく見てみましょう。

東京リージョンのGlacierサービスの価格

ストレージ$0.012/GB/月
リクエスト数(アップロード,データ取り出し)$0.06/1000リクエスト
アップロード無料
データ取り出し格納容量の5%まで無料/
超えた場合は$0.01/GB程度の料金が発生
データ削除アップロード後90日以内に削除した場合,$0.01/GB程度の料金が発生
AWS外へのダウンロード通常のダウンロード料金

たとえば,1Tバイト(1000Gバイト)のデータを削除せず,毎月1回,50Gバイト未満のデータを取り出すような運用であれば,ストレージの利用料 $0.012×1000=$12と,データを取り出した後のAWS外部へのダウンロード代が$9ほどで済みます。あとは取り出しのリクエスト$0.06が加わり,取り出し料は無料となります。

というわけで,なるべく動かすことがない,かつ大量で重要なデータを長期保管する用途なら,非常に低コストで運用できるしくみだと思います。⁠クラウド時代のテープバックアップ」といったイメージでしょうか?

Amazon Glacier
URL:http://aws.amazon.com/jp/glacier/

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入