レポート

第3回テックヒルズ「2012..Flashの終焉!? ~Flashの今後を見抜く~」実施レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2012年8月29日,CROOZ⁠株⁠主催「第3回テックヒルズ」がアカデミーヒルズ(六本木ヒルズ内)49階(タワーホールA)で開催されました。

第3回目のテーマはアドビシステムズ⁠株⁠を招き,⁠2012..Flashの終焉!? ~Flashの今後を見抜く~」という大胆なテーマで開催されました。

Flashテクノロジーの今後とあなたの人生とのかかわりについて

まず最初に,Flashと言えばアドビということで,アドビシステムズ⁠株⁠の太田禎一氏が登壇しました。

太田禎一氏

太田禎一氏

太田氏といえば,マクロメディア社時代よりDirector,Flashなどのデザイン・開発ツールのプロダクトマネジメント・マーケティングを担当し,アドビシステムズとの統合後は,Flash PlatformとWeb標準技術を基盤としたデジタルコンテンツ制作・メディア配信技術を中心に,アドビシステムズの最新テクノロジーの訴求活動を行っているいわば「本家本元」として,⁠Flashテクノロジーの今後とあなたの人生とのかかわりについて」お話しいただきました。

「着実に減っている」

太田氏は最初に「頼んでもいないのに各所から皆さんが予言をしてくれる」と言いながら,⁠AppleがFlashに勝つ」⁠Flashは死んだ」と題したサイトなどを次々と紹介しました。

次にUsageTrendsなどの市場数字を用いてSWFObjectを含むWebページ比率の遷移を示しながら,着実に減っている理由は,⁠Flashの役割がシフトして『適材適所』が進んでいるため」と述べました。実際に減ったと示しているのは「表示エフェクト,スライドショー」に関するもので,たとえば著作もののコンテンツでは現在でも多く利用されていると指摘しました。

また気になる部分として,HTML5における市場シェアを同サイトより取得したものを示し,先に紹介したFlashは「大きく減らして」9.5%に対して,HTML5は「大きく伸ばして」0.62%である部分にフォーカスし,

「まぁ,あれでFlashが死んでんならHTML5ビデオ始まってもいないってか?」⁠

と,会場を盛り上げました。

Adobeがフォーカスする方向

多くのガジェット,ブラウザなどが乱立する現在,デスクトップPC,スマートフォン,既存フィーチャーフォンは全て重要で,特にスマートフォン,フィーチャーフォンは今後数年にわたっては重要と位置づけたものの,その数年「の先」は先細りになるであろうとの危機感を示しました。

その危機感より,Adobeは以下の2つの分野にフォーカスをするとのことです。

プレミアムビデオ
堅牢なコンテンツ保護
AAAゲーム
最高品質の3Dゲーム,軽快な2Dゲーム,GPUを最大限活用化

AAAゲーム側の取り組みについてのより詳細なお話として,ゲームプラットフォームのインストールベースの規模についての資料を見せながら「合い言葉は⁠Webブラウザのゲームコンソール化”」に取り組むとし,実際に高機能プロファイラ「ProjectMonocle(開発中)⁠「ActionScript⁠Next⁠(開発中)⁠に注力していく方向であることを示しました。

Adobeがフォーカスしない方向

フォーカスする分野を示す一方,現時点で具体的に以下の分野はAdobeが投資をしないと明言しました。

  • スマフォアプリ以外のモバイルFlash開発
  • Flash Lite対応(Device Central含む)
  • ActionScript2以前の言語
  • GPU対応しない従来のDisplay Liteレンダリング

4つの分野を細かく書きましたが,結局のところ「Flashモバイル撤退」でということです。しかしながら「撤退はモバイルブラウザプラグインのみ」「モバイルFlashテクノロジーはスマートフォンアプリ技術開発(AdobeAIR)として進化し続ける」と明言しました。

HTML5の世界へ

HTML5対応に関しては,その流れは否定しないものの,さまざまな問題があるという点も認識しなければならず,これから1,2年は「自己責任」のフェーズになるだろうと述べました。

  • PCとモバイルで別世界のHTML5(WebGLなど)
  • HTML5のモバイル実装が不安定(Canvasなど)
  • Flashレベルで使いやすいHTMLツールが(まだ)ない
  • 決定的なワークフローが存在しない

現時点での具体的な点として上記を挙げたものの,⁠それでも(HTML5の世界へ)行くしかない」という実情より,Flash→HTML5変換の試みに触れました。ProjectWallaby,FalconJS,Flash Pro + Toolkit for CreateJS,Swiffy,ExGame,Reelなどを紹介し,現時点では「銀の弾丸」はなさそうであるとしました。

はじめからHTML5+JSでも良いのでは?

最後に「はじめからHTML5+JSでも良いのでは?」という点については,⁠世界中の才能あるクリエイターとのコミュニティ」というアナログ的な部分を紹介し,これが今までFlashに携わっていた技術者のノウハウであり,⁠Flashの肝は人間,才能あるクリエイターとのコミュニティが既に形成されている。立ち止まらなければ,Flashの未来は明るい」と締めくくりました。

著者プロフィール

高岡将(たかおかすすむ)

大手金融,独立系SIerにて気がつけば計18年以上のキャリアを重ねる。バランス感覚に長け,インフラ/アプリ,プレイヤ/マネージャなど関係なくこなし,「いそうだけどいないタイプ」と評価される。

仕事以外では,自転車,ジョギング,サックス等を趣味にし,密かに「エンジニアと健康」についてダイエット成功論の連載を企む。

コメント

コメントの記入