レポート

Oracle OpenWorld 2012の"disったー"はSAP HANA!? ラリー・エリソン基調講演で見えるオラクルのターゲット

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

9月30日~10月4日にかけ,米サンフランシスコで開催されたオラクルの年次イベント「Oracle OpenWorld 2012」⁠この期間中,サンフランシスコは街全体がオラクルレッドで文字通り赤く染まります。ダウンタウンの中心スポットであるユニオンスクエアも,この期間中はオラクルスクエアに様変わり。会場であるモスコーン・コンベンションセンターの周辺道路は完全封鎖。サンフランシスコ市民にとってはなんとも不便を強いられる1週間ですが,ダウンタウンはもとより,空港近くのホテルまでほぼ満室の状態がつづくこの期間の経済効果ははかりしれません。

OOW期間中はユニオン・スクエアもオラクルスクエアになる

OOW期間中はユニオン・スクエアもオラクルスクエアになる

オラクルにとってもサンフランシスコにとっても年に一度のフェスティバルであるOracle OpenWorldですが,その主役はやはりこの人,ローレンス・エリソンCEO,通称"ラリー"をおいてほかにいません。世界中のプレス関係者は毎回彼がOOWで何を言ってくれるのか,もとい,どの会社を徹底的にdisるのかを期待に胸膨らませながら,ラリーのキーノートを待つのです。そう,OOWでは毎年,ラリーはある特定の企業にターゲット絞って急接近します。ターゲットとなるのはほとんどがその市場でトップを勝ち得ている企業,つまりラリーとオラクルがなんとしても打ち負かしたい企業でもあります。

過去,俎上に上がったRed Hat,IBM,Salesforce.comなどの名前を見れば,オラクルがどの市場でシェアを獲りたいのかが見えてきます。もっとも4月に日本で行われたOOW Tokyoでは,競合他社に対しての攻撃よりも,Javaパテントの件で係争中だったGoogleに対しての腹ただしい感情を隠すことなくぶちまけていた姿が印象的でした。

Oracle OpenWorldの主役,Larry Ellison CEO,異論は許さない

Oracle OpenWorldの主役,Larry Ellison CEO,異論は許さない

というわけで,筆者にとっては久々のOOWでの生ラリー,いったいどんな悪口雑言を聞かせてくれるのかとワクワクしていたのですが……あれ? なんか様子が違う?? どうも今年は社長のマーク・ハード氏にきつく言い含められたらしく,競合他社を攻撃するシーンはキーノートの中でもほとんど見られませんでした。しかし! disらないラリーなんてラリーじゃない!! というのは本人も自覚しているのか,自身の内なるdisりキャラを抑えられないのか,キーノートのところどころでプチdisったーを披露してくれる場面もちょこちょこと。いくぶん消化不良な感はありますが,本稿では数少ないdisり発言の中から,SAP HANAに対する口撃を取り上げ,オラクルの2013年度の戦略の一端を(無理やり)ひもといてみたいと思います。

オラクル社長のマーク・ハード氏,ラリーに釘を刺したつもりが…

オラクル社長のマーク・ハード氏,ラリーに釘を刺したつもりが…

disりにつける薬なし

ラリーはOOWの期間中,たいていキーノートを2回行います。今回は初日の9月30日,3日目の10月2日にそれぞれ登場しました。

9月30日のプレゼンでは,いきなり4つの新発表を自らの口で公開。こういう発表は日を追って順に行われると思っていた我々プレス陣は大慌て。おかげで,その後のエグゼクティブの発表がどうしてもラリーの後追いにしか聞こえず,インパクトがかなり弱まることになってしまいましたが,これもラリーのせいなら仕方がないでしょう……。

ラリーが発表した4つの新発表は次の4つです。

  • IaaS市場への参入
  • Oracle Private Cloudの開始
  • Oracle Database 12cのリリース
  • インメモリマシンに生まれ変わったExadata X3

ここで注目したいのはオラクルのフラグシップデータベースマシンであるExadataがインメモリマシンとして進化したことです。今年ずいぶん耳にする機会が多かったインメモリという単語ですが,そのトレンドをワールドワイドで牽引したのがSAPのインメモリデータベース「SAP HANA」であることは間違いありません。ディスクではなく,メモリ上でデータベース処理を行い,リアルタイム分析などに強い威力を発揮するソリューションとして,ビッグデータブームとも重なり,非常に高い注目を集めています。

オラクルはインメモリ分析アプライアンスとしてTimesTenを搭載したExalyticsをラインナップに持っていますが,正直,知名度としてはSAP HANAのほうがかなり上です。二番手以下という言葉を腹の底から嫌うラリーのこと,インメモリからイメージされる企業がSAPでなくてオラクルであるためには,フラグシップ機をインメモリにしてしまうという発想を得ても不思議ではないでしょう。

Exadata X3のインメモリ機構は,1ラックあたり最大で22テラバイトのフラッシュメモリ(SSD),そして4テラバイトのDRAMを備えています。つまり最大26テラバイトという計算になります。26テラバイトのメモリをフルに使えば,それはそれは高速なI/Oが実現することでしょう。とくに書き込み速度は秒間100万を超えるとも言われており,オラクルのシステムテクノロジ担当シニアバイスプレジデントのホアン・ルイーザ氏は「20年以上,データベースで仕事をしてきたけど,書き込みがここまで爆速なシステムは本当にはじめて」とコメントしています。

インメモリマシンExadata X3のメモリはDRAM 4TBとフラッシュメモリ22TBで26TBだが…

インメモリマシンExadata X3のメモリはDRAM 4TBとフラッシュメモリ22TBで26TBだが…

もともと超高速データベースマシンを掲げるExadataですが,それをインメモリでさらに加速させたことを自慢したくてたまらないラリー,マーク・ハード社長から「HANAをdisったらダメだからね!」ときつく注意されていたにもかかわらず,キーノートでの「26テラバイトのインメモリってすごいだろ。えーと,SAPのHANAとかいうシステムは0.5テラバイト…? いやーずいぶん小さいんだねえ(ぷーくすくすくす)⁠という発言を抑えることをできず,我々プレスを大いに喜ばせてくれました。翌日,マーク・ハードは「ラリーには絶対disるなって言ったんだけどなあ……」と苦笑いでコメントしています。disりキャラにはつける薬なしといったところでしょうか。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

  • つっこみまち?

    役不足ってわざと?

    もうすでにテンプレ化してるからなぁ・・・

    Commented : #1  foo (2012/10/09, 20:16)

コメントの記入