レポート

世界最大のオープンナレッジイベント「OKFestival 2012」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

2012年9月17日から22日までの6日間,北欧フィンランドの首都ヘルシンキにおいて,1,000名以上の参加者を集めた世界最大のオープンナレッジに関するイベントOKFestival 2012が開催されました。

オープンナレッジとは,簡単に説明すると,オープンなデータ,アイデア,テクノロジーをつないだ知識の共有といった意味となるでしょう。その具体的な事例は,みなさんがご存じのオープンソースソフトウェアとなります。

本稿では,OKFestival 2012に参加した筆者によるレポートをお届けします。

画像

主催側のRufus Pollock氏へのインタビュー

このフェスティバルは,Open Knowledge Foundation,Aalto Media FactoryとFinnish Institute in Londonがオーガナイザーとなり開催したものです。その中でも中心となっているOpen Knowledge Foundation(OKF)は,2004年にRufus Pollock氏によって設立された英国のNPO法人です。

今回は特別に,Pollock氏にインタビューすることができました。彼によれば,90年代のオープンソース運動に触発されて,OKFを設立したそうです。それは,OKFのサイトにある「オープンの定義」にも表れています。この定義は,オープンソースイニシアティブが定義する「オープンソース」をベースに決められたそうです。

Rufus Pollock氏

Rufus Pollock氏

「オープンな知識とはテクノロジーがなくても,今まで存在していたのではないか」ということを聞いたところ,Pollock氏は「デジタルになることで,非常に安価に情報を保存し,共有できるようになったことが大きな違いだ」と言います。話をしていて本当に熱く伝わってくることは,彼が「オープンの持つ力」を本当に信じているということです。

OKFには,ストリームと呼ばれる大きなトピックを扱った活動と,各国のチャプターと呼ばれる支部活動があります。Pollock氏によれば日本のチャプターも,最近正式に承認されたよ」ということで,⁠非常に大きな期待をしている」とのことでした。

OKFestivalとは?

それでは実際に,OKFestivalの内容を紹介しましょう。

OKFestivalは,2004年から開催されているフェスティバルです。今回の開催都市は,ヘルシンキです。ヘルシンキといえば,Linuxの父「リーナス・トーバルズ」の出身地です。まさにオープンソースの聖地の1つといっていい場所かもしれません。

フェスティバル会場として,使用されたのは,アアルト大学です。大学の名称であるアアルトとは,世界的建築家であったフィンランド出身アルヴァ・アアルトにちなんだ名前です。そのためか,ビジネス・経済・工学部だけでなく,芸術学部を持つ総合大学です。メイン会場は,芸術学部があるキャンパスのため,建物のデザインはいうまでもなく,教室も非常にクリエティブな感覚があふれていました。それは,フェスティバルの参加者を示す名前が刻印されたネームプレートを見ても,感じていただけるでしょう。かなりシャレています。

アアルト大学

アアルト大学

メイン会場外観

メイン会場外観

フェスティバル参加者の名前が刻印されたネームプレート

フェスティバル参加者の名前が刻印されたネームプレート

当日のランチ風景

当日のランチ風景

フェスティバルは6日間,13の主要テーマに沿って行われました。オープンソースは,その主要テーマの1つです。それ以外に,ジャーナリズム,ダイバーシティなどさまざまなテーマがあり,多岐にわたったものでした。今回のレポートでは,主に3つの分野に分類して紹介します。

  1. オープンソースソフトウェアへの取り組み
  2. オープンソースを活用した事例
  3. 女性を中心にしたジェンダーやダイバーシティに関わる課題

著者プロフィール

赤井誠(あかいまこと)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)に入社後,ソフトウェアR&D,事業企画,マーケティング部門を歴任。2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり,日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。また,x86サーバーを活用したハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を立ち上げ,HPC No.1ベンダーに導く。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し,現職。
キャリアデベロップメントカウンセラー

著作・翻訳:
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降,ライター活動も実施中。『リーダーにカリスマ性はいらない』,『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリー・ジャパン)など多数。

コメント

コメントの記入