レポート

「Plone Conference 2012」参加レポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2012年10月10日から12日までの3日間,オランダのアーネムにてPlone Conference 2012が開催されました。前2日間はトレーニング,後2日間はスプリントも行われ世界27カ国250名以上が参加しました。

Ploneとは,CMS(コンテンツマネージメントシステム)の一つで,オープンソースで制作されたWebフレームワークです。プログラミング言語PythonとWebアプリケーションサーバZopeをベースに開発されており,オブジェクトデータベース,Webサーバー,ワークフローなどの機能を標準搭載しています。

オープンソースであるため非営利組織であるPlone Foundation(2004年5月設立)が中心となり,開発とマーケティングのためのサポートをしています。また,Ploneの保護や促進のためにコミュニティーの支援やカンファレンスでも大きな役割を担っています。現在も開発が継続されており,最新バージョンは2012年9月12日にリリースされたPlone4.2.1です。

本稿では,オランダで開催されたPlone Conference 2012の話題を中心にレポートを前後編に分けてお届けします。

スケジュール

今回の旅は筆者と筆者が所属するCMSコミュニケーションズ代表取締役社長の寺田の2名で参加しました。私達はまずFINNAIRを利用してフィンランド入りし,ヘルシンキで3日間過ごした後Plone Conferenceの会場があるオランダに向かいました。フィンランドに立ち寄ったのは,同行した寺田の知人が勤める会社を訪問することが目的です。また,ヘルシンキとアムステルダムでは観光もしました。アーネムに移動してからは毎日Plone Conferenceに参加しました。2カ国で9泊11日の旅です。

10月5日フィンランドへ移動,Hexagon IT訪問
10月6日ヘルシンキ観光
10月7日仕事
10月8日オランダへ移動,アムステルダム観光
10月9日アーネムへ移動,仕事
10月10日~12日Plone Conference 2012
10月13日Plone Sprint 2012
10月14日~15日日本へ帰国

FINNAIR@成田空港

FINNAIR@成田空港

Hexagon IT訪問

成田空港を出発して約10時間でヴァンター国際空港に到着しました。空港からホテルまではタクシーを利用しましたが,北欧のイメージに合わないとてもアグレッシブなドライブでした。その後,宿泊先のホテルでHexagon ITに勤める知人と待ち合せをして彼の案内で会社に向かいました。

地下鉄の駅から徒歩3分。ビルの中に入り片開きドアのエレベータに乗り6階まで上がるとそこにHexagon ITがあります。会社の中に入ると社員の皆さんが席を立ち一人づつ握手で出迎えてくれました。笑顔で話し方がとても丁寧で人の温かさを感じます。社内は大きく分けて5つの部屋に別れておりスペースが広く,ゆっくりソファーでくつろぎながら仕事をすることもあるそうです。壁には社長が書いた絵画もたくさん飾られており,テーブルの上には社員やお客さんが自由に食べてよいサンドイッチやプチトマトやお菓子(サルミアッキ)が用意されていました。

Hexagon ITの社内

Hexagon ITの社内

ミーティングの話題は主に今年の9月に東京で行われたPyCon JP 2012とお互いの会社で制作したウェブシステムの紹介です。私の見た印象では,Hexagon ITはPloneのプロダクト開発に力を入れているように思えました。Ploneの各コンテンツを部屋の家具に見立てて表示するユニークなものから,Ploneにおけるフレキシブルデザインなど,同じPloneをベースにしたシステム開発でもお互い異なった視点からビジネスに繋げている点など参考になりました。

Hexagon ITの皆さんとの会話はすべて日本語とフィンランド語の両方を話すことができる寺田の知人が間に入り翻訳してもらいました。また,金曜日は就業時間が16時までなのにも関わらず,夜までお付き合い及び会社訪問を受け入れて頂いたHexagon ITの皆さんに感謝します。

ミーティングの様子

ミーティングの様子

ヘルシンキの街

次の日は朝早くからユネスコの世界遺産に登録されているスオメンリンナ島に行きました。この島はヘルシンキの中心街から南に3~4kmのところにあり,スウェーデン・ロシア戦争やクリミア戦争では要塞として重要な舞台となった場所ですが,今は自然豊かな美しい公園になっています。私達はそこでバックパッカーの日本人女性2人と偶然出会い一緒に散歩しました。島には公共のフェリーで行き,到着してまず向かったのが島南部を見渡すことができる丘です。そこにはいくつもの大きな大砲がありました。大砲の中は空洞になっているので前と後からお互いに覗き込んでみたり,発射台に登って写真を撮ったりして遊びました。最南端では,島と島との狭い間を大型船(シリアライン・バイキングライン)が通り抜ける大迫力の光景を間近でみることができました。こちらが大きく手を振ると船に乗っている人達も手を振り返してくれました。

スオメンリンナ島にある大砲

スオメンリンナ島にある大砲

大型船バイキングライン

大型船バイキングライン

その後,船でマーケット広場に戻りランチを食べながら夕食の話になり,若者(女性2人と私)「⁠トナカイの)肉が食べたい」と意見が一致したので夜は5人でラップランド料理のレストラン「ラッピ(Lappi)⁠で夕食を頂きました。店内は木に包まれた北欧チックなおしゃれな空間で,椅子に座ると民族衣装を着たウエイトレスさんから日本語のメニューを渡されました。注文した料理の説明も日本語です。テーブルの上には,野生動物の盛り合わせやトナカイの肉,血のソーセージその他多数の料理で埋め尽くされました。トナカイの肉の味は癖もなく,日本で食べている他の肉とも味が違うのですごくおいしかったです。また女性2人がドイツの列車内で起こったエピソードやスウェーデン深夜の壮絶バトルなど旅の思い出を語ってくれて場が盛り上がりとても楽しかったです。彼女達はこの記事を執筆している今も世界のどこかを旅しているので,フィンランド以降に訪れた国の話も是非聞いてみたいです。

トナカイの肉料理

トナカイの肉料理

次の日はHexagon ITで仕事をして,翌日はオランダに向けてフィンランドをあとにしました。

著者プロフィール

間中宏修(まなかひろのぶ)

1985年生まれ。理系大学院を卒業後,Web業界に進みPloneを使ったWebサイトの構築にあたる。個人では,オフィシャルからプライベートまで音楽系のWebプロジェクトを企画している。趣味は音楽の鑑賞とピアノの演奏,またライブ遠征が転じて旅行にも興味を持つ。プロフィールの写真はお気に入りの場所サンフランシスコのハイドストリート。

コメント

コメントの記入