レポート

変化の時代を生きるエンジニアの心得とは?─エンジニアの未来サミット for students 2012 第2回開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

12月12日,技術評論社×芝浦工業大学×サイボウズ共催「エンジニアの未来サミット for students 2012」の第2回が,芝浦工業大学豊洲キャンパスにて開催されました。

「エンジニアの未来サミット for students」は,2008~2009年に開催された技術評論社主催「エンジニアの未来サミット」を受け継ぎ,第一線で活躍するエンジニアが,これから社会に出ようとする学生とともにエンジニアの未来をについて考えるイベントです。2010年に初めて開催され,以後毎年11月~1月にかけ2,3回開催されるのが恒例となっています。

今回の会場となった芝浦工業大学豊洲キャンパス

今回の会場となった芝浦工業大学豊洲キャンパス

大企業も変化なくして生き残れない

今年2回目となるこのイベント,前半は「変化を楽しむエンジニアになる」と題し,⁠モバツイ」の開発者として知られる藤川真一(えふしん)氏による講演が行われました。

講演を行う藤川真一氏

講演を行う藤川真一氏

藤川氏がキャリアをスタートさせたのは半導体設備メーカです。その後Web業界に転身し,ご存じ「モバツイ」の開発を期に起業,さらに会社の合併,売却と,変化に富んだエンジニア人生を送って来られました。講演はその経験を披露しながら,企業とは? エンジニアとは? を問いかけていくものでした。

最初のテーマは「大企業」について。一般的に安定していて就職しても将来の見通しが立てやすいイメージがありますが,藤川氏はデータを挙げてこれを否定します。大企業に就職して終身雇用の恩恵を受けられる人は,実は全体の9%足らずだそうです。また,誰もが名前を知っているような大きな企業も,10年スパンで見ると柱となる製品や業態に変化がないところはほとんどありません。とくにインターネットやWebの出現は大きく,ほとんどの企業に多大な影響を及ぼしているといえるでしょう。⁠大企業といえども変化し続けている。変化への対応はmust」⁠藤川氏)⁠

では何を軸にして自分は大企業向きかを判断するのか? 藤川氏は「自分の希望する仕事の粒度」を会社の規模と比較することを勧めています。また自分がそこで成長するために必要なものがあるかも重要なポイントとのこと。

重ねて「⁠安定的に儲かる仕事を持っている』というのは疑ってかかる必要がある。⁠新しい市場に適切な製品を生み出す力がある』方を重視したい」⁠藤川氏)⁠そして「新しい製品を生み出す機会が自分に与えられるか」が最重要と説きます。いずれにしても,⁠変化を楽しめる社会人になるのがお得」⁠藤川氏)でしょうね。

次のテーマは「技術」⁠エンジニアは特定の技術を深く追求するイメージがありますが,たとえばWebエンジニアに必要な職能をとってもプログラミングの他,企画,マーケティング,IA(情報設計)といくつも挙げることができます。これを最初から1人でカバーするのは容易ではありません。足りないものはチームで補いあう必要があります。そのためには「無知を自覚すること」⁠藤川氏)⁠

自分と違う職能の人と協力して仕事するとき大切なのは「技術ののりしろ」を意識することです。たとえば開発者とデザイナーの間に重なる部分が少しあるだけで,共通認識をもつことが容易になります。⁠自分ののりしろを大きくすること,そして人ののりしろに関心をもつことを心がけたい」⁠藤川氏)⁠

のりしろを広げることで,できることが大きく広がっていく

のりしろを広げることで,できることが大きく広がっていく のりしろを広げることで,できることが大きく広がっていく

話は「エンジニア」に移ります。まず前提として「コンピュータテクノロジーの進化は,抽象化と仮想化の繰り返し」と説きます。それまで難しかったことが,抽象化,仮想化することで多くの人が簡単にできるようになるのです。

そして,抽象化,仮想化された技術が普及することで,社会が便利になっていきます。藤川氏は,そんなサイクルの中でエンジニアが果たす役割は「そのとき進化している抽象化された技術を使って目的を具象化すること」だと論じます。つまり,⁠常に技術の進化について行きながら,それを適切に使って具体的な成果物に変換できる人が優れたエンジニアと言える」⁠藤川氏)のです。

抽象化,仮想化によって生み出されたコンピュータの進化

抽象化,仮想化によって生み出されたコンピュータの進化

最後に,仕事を面白くするコツとして「願望,野望を持て」と説きました。スティーブ・ジョブズの例を挙げるまでもなく,藤川氏の知るベンチャー社長はたいていワガママで願望の固まりだと言います。⁠格好悪いという人もいるが,かわまない。独立したい,有名になりたい,ナンバーワンになりたいなど,自分の願望をもって自ら変化を起こそうとすることも大切」⁠藤川氏)⁠そして「変化をポジティブに捉えて,自分も進化できる環境を探そう」と講演を結びました。

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入