レポート

「Hadoopには力強い未来がある」Doug Cutting氏からのメッセージ─Hadoop Conference Japan 2013 Winterレポート(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

1月21日,東京ビッグサイトにおいて日本Hadoopユーザ会主催のユーザイベント「Hadoop Conference Japan 2013 Winter」が開催されました。今年で4回目となるカンファレンスですが,事前登録者数1,000名超,3トラック21講演を終日,東京ビッグサイトで行うという,いちオープンソースのユーザイベントとは思えない規模の開催となりました。

基調講演が行われた東京ビッグサイト 国際会議場の模様

基調講演が行われた東京ビッグサイト 国際会議場の模様

本稿では午前中に行われた基調講演のうち,Hadoop生みの親であるDoug Cutting氏のビデオメッセージの内容を中心にその模様をレポートします。

1000名超えの参加者はHadoop普及の証?

基調講演の冒頭,日本Hadoopユーザ会の会長である濱野賢一朗氏が開催にあたっての挨拶を行いました。2009年から開始された本カンファレンスですが,「初回,2回めは300名程度の参加者だったが,昨年は1,000名を超えた。そして今年もその勢いのまま1,000名を超え,会場も東京ビッグサイトになった。コミュニティレベルでの開催としてはそろそろ限界に近づいているかもしれない」と,すでにユーザカンファレンスの域を超えた規模になっていることを明らかにしています。

開会挨拶を行う濱野賢一朗氏

開会挨拶を行う濱野賢一朗氏

本カンファレンスが多くの登録者を集めたということは,Hadoopの普及が日本でも本格的に始まったということのあらわれなのでしょうか。濱野氏はここで登録者を対象に行った事前アンケートの結果を紹介しています。

まずユーザの範囲に関しては「劇的に変化しているということはなく,使っているユーザの経験年数が増えている。とくに(Hadoop使用歴が)6ヵ月未満というユーザの割合が減って,使い続けているユーザが多くなっているという印象。ということは,新規で使いはじめる人はまだ少ないのではないか」と語り,Hadoopが本格的に普及しはじめたとは言いがたい状況にあると指摘しています。

Hadoopの本格的な普及を妨げている要因のひとつとして濱野氏が挙げたのが「謎が多いHadoopのバージョン」です。周知の通り,Hadoopには大きく2つの系統があり,また開発スピードが非常に早いため,ただでさえ複雑なバージョンの存在がよりわかりにくいものになっているとのこと。それを裏付けるように「Hadoopの導入予定があると答えた人も,バージョンとなると決めきれていないケースがほとんど」(濱野氏)だったそうです。

なお,Hadoopユーザに最も使われているのはやはり0.20系で,ディストリビューションではCDH 3がトップという結果でした。また,Hadoopエコシステムではどのプロダクトを利用しているかという質問に対しては,HiveやHBaseといった回答が多かったそうです。

ためらうな!Hadoopを使い続けろ

濱野氏は続けて,Hadoop生みの親であるDoug Cutting氏のビデオメッセージを紹介しました。現在はClouderaでチーフアーキテクトを務めるCutting氏ですが,本当ならば今回のイベントのために来日したかったとのこと。残念ながらどうしてもスケジュールの調整がつかず,来日はかないませんでしたが,日本のHadoopユーザのために「Beyond Batch the Evolution of Apache Hadoop」と題したビデオメッセージを送ってくれました。ここではその概要を紹介します。

Cutting氏はHadoopの名前の元となったゾウのぬいぐるみを手に登場

Cutting氏は“Hadoop”の名前の元となったゾウのぬいぐるみを手に登場

「Hadoopはとてもポピュラーな存在になった。一方でそのことを不安に思うユーザから"いまはHadoopバブルじゃないのか"という声を聞くこともある」とCutting氏。そんな質問を受けたとき,同氏はきまって「ためらうな! Hadoopを使い続けるんだ。なぜならHadoopには力強い未来があるのだから」と答えるそうです。Hadoopの前途は明るいものだと信じて疑わないと断言するCutting氏。

では"Hadoopの力強い未来"の根拠はどこにあるのでしょうか。まずは歴史から,ということでCutting氏はHadoopがバッチプロセッシングシステムとしてプロジェクトがスタートした経緯を振り返っています。テラバイト級,あるいはペタバイト級の大量のデータをバッチ処理するために誕生したHadoopは,シンプルで,汎用的で,効率的でパワフルな分散処理コンピューティングを可能にしました。とくにバッチエンジンとしてのMapReduceは非常に効率性にすぐれた処理モデルでした。加えてCutting氏は,「PigやHiveといったコンポーネントがともに成長したことも大きい。開発者に余計な負担をかけずに済んだ」と振り返っています。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

フリーランスライター兼エディター。札幌市出身。東京都立大学経済学部卒。技術評論社で雑誌/書籍の編集に携わった後,「マイコミジャーナル」で主に技術系記事の取材/執筆/編集を担当する。フィールドワークはOSS,Javaプログラミング,Webアプリ開発,クラウドコンピューティングなどエンタープライズITが中心。ビジネス英語やマネジメント,コーチングスキルなどビジネス系のネタもたまに手がける。

Twitter:http://twitter.com/g3akk

バックナンバー

2013年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入