レポート

次世代Webはどうなる?,スクラムをどう取り入れている? ~「エンジニアサポート新年会2013 CROSS」レポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

1月18日に,ベルサール新宿グランドで勉強会の祭典エンジニアサポートCROSS 2013を開催しました。このイベントのレポートを2回に分けてお届けします。

「CROSS足りてる?」

「エンジニアサポートCROSS(以下,⁠CROSS」⁠は,⁠複数の技術を身につけなければWebサービスは作れない=クロスしないと生きていけない」をテーマとした技術イベントです。このイベントでは通常のイベントのように「一つの技術についてスピーカー達が語る」ことはせずに,⁠複数の技術について複数のスピーカーおよび参加者が語り合う」ことを目指し,⁠交流=CROSS」を主軸に据えたイベントです。

イベントの概要は,イベント紹介の記事前半後半をご覧ください。

画像

レポートの前半となる今回は,プログラムの中から次世代Webセッション⁠スポンサーセッションDeNA×グリー×Aiming:大企業・ベンチャーが語る「スクラム」開発)⁠を取り上げます。

次世代Webセッション

次世代Webセッションでは,大きな変化を迎えようとしているWebで「なにが起こっているのか」⁠どこに向かっているのか」この2つを軸とし,セッションオーナーの@Jxck_氏の声がけで集まった登壇者による,2つのパネルディスカッションを行いました。

2つのパネルディスカッションはそれぞれ,次のテーマで議論されました。

  • プロトコル編:HTTP2.0やSPDYといった新しいプロトコルについて
  • アーキテクチャ編:新しいプロトコルの登場に応じてアーキテクチャがどのように変化していくか

プロトコル編

プロトコル編のパネルディスカッションの登壇者は、清水一貴氏、小松健作氏、大津繁樹氏とセッションオーナーの@Jxck_氏です。

画像

このセッションでは,HTTP2.0やSPDYといった今まさに注目を集めている新しい通信プロトコルについて語られ,100名の会場がいっぱいになるほどの盛り上がりでした。参加人数が盛り上がりを示しているように関心が高まっている一方で,必ずしもすべてのWebサービスが新しいプロトコルのメリットを得られるわけではない,という興味深い示唆がありました。

SPDYの特徴の1つは,1度張ったコネクション使いまわすことで通信を効率化することです。SPDYにより結果として高速化が目指せるものの,次のような問題があることを挙げました。

  1. 従来のHTTPでのステートレス性を活かした,ロードバランサによる分散構成による利便性を失ってしまう。
  2. 従来の高速化ノウハウによりチューニングされたWebページなどでは,かえって遅くなってしまう場合がある。

SPDYやHTTP2.0との関連技術についての議論の中では,次の小松さんの発言(動画中23:10くらい)が印象的でした。

「DNS,証明書,Proxy,SSL,RTT,3-way-handshakeなど,それぞれのキーワードはそれぞれ独立のレイヤーで扱いわなければならないということがインターネットの教科書に書いてあるのに,SPDYは全部まとめて扱わないと早くできないじゃん!って全部ひっくるめて新しい別の『Web』っていうレイヤーを作ってるよね」

この言葉は,このセッションのタイトルが示す通りWebが大きな変化を迎えている今,本来テキストを転送するというプロトコルから始まった従来のHTTPが,周辺のレイヤの技術も巻き込んで,大きく見直されはじめていることを表していると感じました。

アーキテクチャ編

前半のプロトコル編に続き,後半はこれら新プロトコルによるWebサービス・ソフトウェアなどWebがどうなっていくのか,について議論されました。

このアーキテクチャ編の登壇者は、江島健太郎氏、佐々木庸平氏、山本陽平氏、和田卓人氏とセッションオーナーの@Jxck_氏です。

画像

序盤,山本さんの「RESTのプロモに成功しすぎて,RESTに従っていればよい,という思考停止に陥っている。⁠RESTに従っていればいいというわけではないから)もうちょっと頭を使いましょう」という言葉が会場の笑いを誘いました。

しかし,この話は一番最後に,江島さんの「⁠RESTやフレームワークを)覚えても新しいもの,自分が作りたいものを生み出せないんですよ,自分の頭で考えることをやろうよ。それが一番楽しいと思うんだよね」という答えによって締められていたことは,まさに,REST厨に染め上げられていた時代が変わりつつある時にこそ,原点に振り返って「考えること」の大切さを痛感させられるものでした。

また,セッション内では頻繁にRPC(Remote Procedure Call)という言葉が取り上げられていました。アプリケーションプロトコルであるHTTPというWebの通信の上で,結局こうして様々なトランスポートプロトコルが生まれている現状に対して江島さんを始め皆さん「みんなオレオレのRPCがやりたいんだよね」と語っていました。

これに対して和田さんは「結局のところ僕たちは自分の語彙でしゃべりいたい。HTTPはGETとPOSTとPUTとDELETEと後いくつかあるけど,4つしか無いのは耐えられない」と述べていました。これは,Googleがなぜ改めて既存のレイヤを打ち壊してSPDYを構築しているのか,にもつながるのではないでしょうか。また,江島さんが言及した「頭を使って新しいものを考えよう」というマインドと同義なのではないでしょうか。

最後にJxckさんも言及していましたが,これまで自分の頭で考えるためにはまだまだまとまってなかった「次世代Web」の素材がこのセッションでみなさんに共有され,次世代のWebを考えるきっかけになったセッションでした。

参考サイト
参考ブログ

著者プロフィール

森藤大地(もりふじだいち)

ニフティ株式会社 データマイニング/Webエンジニア

自然言語処理・言語発達のニューラルネットワークなどの研究を行った後,ニフティ株式会社に入社。レコメンデーションエンジンの設計開発などを行ない,現在,全社的なデータ保持・解析基盤の構築・データマイニング業務に携わる。興味の赴くままにHTML5,JavaScript,Node,MongoDB,Hadoop,OpenIDなどの勉強会に参加しつつ,日々開発業務を楽しんでいます。

Twitter:@muddydixon

コメント

コメントの記入