レポート

INBOUND MKTG 2013 TOKYOレポート(その1)~インバウンドマーケティングの心構えと実践

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2013年2月25日に恵比寿でインバウンドマーケティングのカンファレンスINBOUND MKTG 2013 TOKYOが開催されました。

インバウンドマーケティングとは,という問いに答えることは本カンファレンスの内容の一部にあたることでもあり,主催であるマーケティングエンジン社のWebサイトから引用させていただきます。

INBOUND MKTG 2013 TOKYO

「インバウンドマーケティング Inbound Marketing」とは,見込客に有益なコンテンツをネット上で提供することで,検索結果やソーシャルメディア上で自社を「見つけられ」やすくし,自社のサイトへ来てもらいやすくする,というマーケティングコンセプトです。米国 HubSpot,Inc.の創業者,ブライアン・ハリガン Brian Halligan とダーメッシュ・シャー Dharmesh Shar によって2005年に提唱されました。

本稿をご覧いただく皆さんもインバウンドマーケティングの理解を深め,考えていくために,レポート部分ではあまりまとめることをせずレポーティングを重視してお届けし,最後に筆者が感じられたコメントという構成でお届けしたいと思います。

オープニングノート(株式会社スケダチ代表取締役/株式会社マーケティングエンジン代表取締役社長CEO/共同創業者)

インバウンドマーケティングに取り組むにはマインドセットが大切

オープニングノートを務めた高広氏

オープニングノートを務めた高広氏

冒頭ではインバウンドマーケティングという言葉を提唱した,米HubSpot社の創業者,ブライアン・ハリガン氏からのビデオメッセージが流されました。ブライアン氏は,従来のマスマーケティングでは人々にリーチすることが難しくなってきており,人が変わったのであれば,マーケティングのやり方も変えなければと,インバウンドマーケティングを提唱した背景と日本でインバウンドマーケティングのムーブメントが広がっていく期待のメッセージを寄せました。

これを受けて高広氏は,私たちは情報の洪水の中にいることをカクテルパーティにたとえ,ガヤガヤした雑踏の中でも自分に興味,関心があることであれば注意を払うことがある。これをセレクティブアトラクション(選択的注意)といい,このように情報が選択される時代において,マーケターはどのようにすべきなのか,ここにインバウンドマーケティングの本質があると語りました。

インバウンドマーケティングは自分たちがどこかに出て行くというマーケティングではなく,こちら側に来てくれる人に対してマーケティングを行っていこうという考え方であり,非常にシンプルです。ただし,シンプルであるがゆえに誤解が生まれるとのこと。

たとえば,インバウンドマーケティングに使われるツールには,SEO,メールマーケティング,パーソナライゼーションなどすでにあるものばかりですが,大事なのはマインドセット,考え方を変えること。本カンファレンスでは,このマインドセット,考え方を変えることを話して行きたいと趣旨を語りました。

Old EconomyからNew Economyへの変化

Old EconomyからNew Economyへの変化したと高広氏は語ります。例として,ソフトウェアを買うという行為は,以前(Old Economy)では店頭でパッケージを買うという行為だったが,(New Economy)では,30日トライアル版,機能限定の無料版を使ってアップグレードといったようなことがあたりまえになっています。

New Economyの時代はツールを提供するのではなく,自分たちの考え方を知ってもらう,自分たちの会社やサービスをトライアルしてもらうということが今よりももっと大切になってくると語りました。

検索で見つけられる,そして,作ることはつながること(Making is Connecting)

New Economy時代には「検索」が重要な購買行動のフックになっており,そこにはコンテンツがないと当然検索結果にはHITせず,それは,存在しないことと一緒だと言います。

高広氏は,イギリスの社会学者David Gauntlett氏の言葉を借り,作ることはつながること(Making is Connecting)。つまり,(現代は)ブログやソーシャルメディアで書き,コンテンツを作ることが顧客とつながること,つながるために作る時代。こういった時代のマーケターはコンテンツの提供者,パブリッシャーであると語りました。

マーケティングは狩猟型(ハンター型)から農耕型(ハーベスター)

従来のマーケティングは,ターゲットというように自分たちが狙う獲物を狙うハンター型でした。ここもマインドセットを変える必要があり,これからのマーケティングは,コンテンツを作ることで種をまき,自分たちで顧客を生み出していくということであると,高広氏は主張します。

大切なことはAuthentic=嘘をつかないこと

よくある誤解でコンテンツの数を増やせばインバウンドマーケティングであるという話がありますが,そのコンテンツがスパム的なものであったり,役に立たないものであればそれはインバウンドマーケティングではありません。大事なのはAutentic,正当で嘘をつかないことが大事であるとも述べました。

そして,そこに向こうからやってきてくれるような状況をいろんなツールを使って作ること,これをあわせて,Be Inboundy,インバウンド的であることと語り,本カンファレンスではBe Inboundyを考えていくためにセッションを続けていくとオープニングノートを締めくくりました。

著者プロフィール

和田嘉弘(わだよしひろ)

インテリジェントネット株式会社COO/WebSig24/7代表。

大手企業のコミュニケーションデザイン,コンサルティング,制作に多数携わる。2004年に業界団体WebSig24/7を立ち上げ,WebSig1日学校など参加型の勉強会を主催。

インテリジェントネット株式会社
WebSig24/7
WebSig1日学校

コメント

コメントの記入