レポート

大阪発信の注目サービス・プロダクト・取り組みが盛りだくさん!――大阪近郊で作られているIT系のサービス・商品をアピールするイベント「Shoot from Osaka(n) vol.4」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2013年3月22日,オオサカンスペース主催のイベント「Shoot from Osaka(n) vol.4」が開催されました。

本イベントは,大阪の企業にフォーカスを当て,地元IT企業によるプレゼンテーションと交流パーティで構成された地域活性のためのイベントで,今回で4回目の開催となります。

本イベントの世話役である株式会社EC studio スペース大崎弘子氏は,イベント開催の背景について,

  • IT関連の東京集中に対する大阪からの課題意識
  • ピッチやLTに慣れていない方へのサポート
  • 「大阪発世界へ」の起点となる

ことを目指しているそうで,Shoot名前には,言葉の意味に含まれる)打つ以外に,⁠語呂から)シュッとするという意味を込めている」そうです。

開催の挨拶を述べる大崎弘子氏

開催の挨拶を述べる大崎弘子氏

今回で4回目となるイベント開催に先立ち,⁠さらに盛り上げて行きたいと思います!」という意気込みを込めて開会の挨拶が締めくくられました。

電子系女子から公募校長まで,全11組の濃厚なプレゼン!

今回のShoot from Osaka(n)では,スポンサードセッションを含め,全11組のプレゼンテーションが行われました。まず,各プレゼンテーションを紹介していきます。

まさかの電子部品でギーク&キュートなアクセサリー

トップバッターを務めたのは,電子アクセサリー販売さのものを運営しているWebディレクターの石田さち子氏。

さのもので取り扱っている電子アクセサリーの紹介を行いました。電子部品を選んだ理由として,⁠機械っぽいかっこ良さ」⁠色が可愛い」⁠数字や模様が意味深で素敵」など,ご自身の観点で見た電子部品の魅力,そして,それを活かしたアイテム制作について発表しました。

石田氏は自身が制作したアクセサリーを身に付けての登場

石田氏は自身が制作したアクセサリーを身に付けての登場

販売には,いま注目のBASEを採用しており,それまで使っていたSTORESと比較して,⁠無料版での扱えるアイテム数」「Facebookなどソーシャルメディアを利用した情報発信」に魅力を感じて乗り換えたとのこと。

大阪市主催のものづくりイベントを企画・設計・運営し,そこで学んだ大阪のものづくりの今と未来について

続いて登場したのは,株式会社ジーオービーの谷口正樹氏。谷口氏は大阪でのものづくりの活性化を目指し,さまざまなイベントを企画しています。今回は,1月26,27日に開催されたものアプリハッカソン!!を紹介しました。

「まだまだハードウェアの波に気づいていない人が多いのではないか」とさらなる盛り上がりに期待する谷口氏

「まだまだハードウェアの波に気づいていない人が多いのではないか」とさらなる盛り上がりに期待する谷口氏

谷口氏は「行政主導でもいろいろなことができると思い,イベント企画に取り組んでいます。今回紹介したものアプリハッカソン!!には,44名の参加者が集まり,いろいろなものが生まれました。開催してみて感じたのは,集まる人が集まればたった2日でもすばらしいものが生み出せるということ。ソフトウェアにはない,ハードウェアの楽しみを伝えていければと考えています」と,最近の『Makers』などに通ずるハードウェアブームの波に乗りながら,大阪からのものづくりを活性化させたい意気込みを紹介しました。

完璧な翻訳アプリ,翻訳成功率が夢の100%

3番目に登場したのは,すでに多くの企業への導入実績を持ち,ビジネスとしてさらに拡張を目指す翻訳アプリ・サービスを展開する株式会社アールシステム取締役篠原裕幸氏。

同社ではTelTellコンシェルジュというiPad/iPhone/iPod touch向けの翻訳アプリ・サービスを提供しています。翻訳に取り組んだ背景には「インターネットの登場,進歩により時間と距離(の概念)は死んだが,言葉の壁というのはなくなっていない」⁠篠原氏)という状況があり,TelTellコンシェルジュでは,人力の翻訳を利用しながら,ユーザが簡単に他言語でのコミュニケーションが図れるようにサポートします。

今回の発表の中で,最も完成度が高く,すでにビジネスとしての軌道が見えていたTelTellコンシェルジュを紹介した篠原氏

今回の発表の中で,最も完成度が高く,すでにビジネスとしての軌道が見えていたTelTellコンシェルジュを紹介した篠原氏

すでに東京メトロやJR・私鉄各社,その他明治神宮などの寺社を含めた観光地など,海外からのお客さんが多い企業や場所で採用が決まっており,これまでの実績で平均7分で翻訳を完了できるようになっているとのこと。

今後は,翻訳を担当する外国人ネイティブの方に資格を取ってもらって翻訳の品質を高めたり,実際の旅行をテストケースに個人向けサービスも拡充しながら,アプリ全体の品質向上を目指していくそうです。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入