レポート

第2回を迎えた「察知人間コンテスト」~最終選考&授賞式レポート~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

KDDIが提供する「SATCH」は,スマートフォンで手軽にAR(拡張現実)を楽しめるアプリ,およびその開発のためのプラットフォームの総称です。KDDIでは,ARアプリを開発するための無償ツール「SACTH SDK」を提供するとともに,開発者向けのサイト「SATCH Developers」も用意して,AR開発をバックアップしています。こういった環境の整備が進む中,今年もKDDIと技術評論社による,⁠SATCH」を使用したARアプリ開発コンテスト「察知人間コンテスト」が開催されました。今回は,その決勝戦と授賞式の模様をお届けします。

東京・代官山「シアターサイバード」入り口

東京・代官山「シアターサイバード」入り口

第2回「察知人間コンテスト」,6作品が最終審査に臨む

KDDIと技術評論社の共催による,⁠SATCH」を使用したARアプリ開発コンテスト「察知人間コンテスト」が今年も開催されました。2013年5月17日,50点の応募の中から2回の審査を勝ち抜いた6チームが,東京・代官山の「シアターサイバード」に集まりました。なお,この様子はUstreamでも生中継されました。

開会の言葉は,前回に引き続き審査委員長を務める,AR三兄弟の長男である川田十夢氏が登壇。

「おかげさまで『察知人間コンテスト』も今回で2回目を迎えることができました。今回も本当におもしろい,見たことのないような優秀な作品が集まり,審査員の間で議論を重ねた結果,6作品が最終審査に残りました。この6作品はシステム的にもおもしろく,いずれも一般にリリースしても遜色のない品質に仕上がっています。

『察知人間コンテスト』という名前は私が考えたのですが,システムというものは人間が介在して初めて成立するものです。実用性も大事ですが,やはりアプリを使うことで未来がキラキラして見えたり,楽しい,おもしろいと感じられるものが良いと思います。今回の6作品は,二次審査では非常に僅差でした。この最終審査のパフォーマンス次第で,誰が大賞を取ってもおかしくない状態です。みなさん気を楽にして,楽しくプレゼンしてください。私も楽しみにしています」と述べました。

続いて,審査委員が紹介されました。最終審査の審査委員は以下のとおりです。

  • KDDI⁠株⁠ 新規ビジネス推進本部 オープンプラットフォームビジネス部長:鴨志田博礼氏
  • AR三兄弟 長男:川田十夢氏
  • ⁠株⁠ワンパク 代表取締役 クリエイティブディレクター:阿部淳也氏
  • ⁠株⁠人間 代表取締役:山根淳氏
  • ⁠株⁠技術評論社 クロスメディア事業部:馮(ふぉん)富久氏

審査員の皆さん。左から川田氏,阿部氏,鴨志田氏,馮氏,山根氏

審査員の皆さん。左から川田氏,阿部氏,鴨志田氏,馮氏,山根氏

音色カメラ

そして,いよいよ6作品のプレゼンテーションの開始です。プレゼンは,田中雅也氏の「音色カメラ」から始まりました。田中氏は「ARというと,カメラを何かにかざすことで3D画像や動画,情報などが表示されるというイメージがあると思います。でも,ARは『拡張現実』ですから,表示に限定されるものではないと考え,⁠音』に注目しました」と言います。

田中雅也氏

田中雅也氏

とはいえ,マーカーを写すことで音楽を鳴らすだけではおもしろくありません。そこで田中氏は,目の前の色を使って何かできないか,たとえば赤なら「ド」⁠黄色なら「レ」というように音を鳴らすことで現実を拡張してみようと考え,作成したのが本アプリです。アプリは,マーカーを認識して音を再生する「オートモード」と,カメラで写した場所の音を再生する「マニュアルモード」の2種類のモードを用意しました。ただし,マニュアルモードは「SATCH SDK」では実現できないため,標準のAPIを活用しています。

オートモード

オートモード

マニュアルモード

マニュアルモード

オートモードでは,画像をマーカーとして登録しています。SATCHの画像認識は特徴点のみ認識し,色は無視するという特徴があるので,それを逆手にとって空いているスペースに色を配置するようにしました。配置した色を順に読み込むことで音楽を再生するようにしたのです。マーカー内に指定できる色の数は,マーカーごとに固定で持たせており,枠内にマーカーを写すと情報を引き抜き,再生ボタンを押すことで音を再生します。一方,マニュアルモードでは,画面に表示されている枠内の色を判断して再生します。

デモでは,まずオートモードを紹介しました。アプリが画像を認識すると色を枠で表示し,再生ボタンを押すことで認識した色を音で再生しました。また,音色はギターやピアノなどに切り替えられます。マニュアルモードでは折り紙やクレヨンで塗った色を写し,色に合わせた音を再生しました。音階だけでなく音声を再生することもできるとして,認識した色を「あか」⁠きいろ」など音声で再生。さらに信号の絵を写して「動く」⁠止まる」などの音声を再生し,知育にも活用できることをアピールしました。

オートモードのデモ

オートモードのデモ

田中氏は今後の課題として,太陽光や蛍光灯など環境によって誤認識が発生することを挙げました。キャリブレーション用のマーカーで精度を上げるようにしているのですが,まだ精度に問題があると言います。また,複数の色を同時に認識して同時再生したり,再生にリズムを取り入れて音楽らしい表現を可能にしたいとしました。さらには,音色データをインターネットからダウンロードして追加できるようにしたいと言います。そのために,音色の作成ツール,マーカーの設定ツールも作成しており,審査員を驚かせました。

田中氏が制作したツール

田中氏が制作したツール

コメント

コメントの記入