レポート

Infinity Ventures Summit 2013 Springレポートその1:パズドラの次のメガアプリは?IT業界と放送業界のキーマンがIVS初参加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

毎年恒例で5月ごろ・12月ごろに開催されるIT業界の経営者向け招待制イベントInfinity Ventures Summit(IVS)」⁠が5月23日と5月24日に札幌にて開催されました。IVSはIT業界の経営陣が一同に会するイベントであり,その時期の勢いのある会社や事業が自ずとスポットライトを浴びます。それに加えてIVSでは以前からIT業界,スタートアップの枠にとどまらず,医師や登山家,棋士など精神性にも関わったセッションが設けられていましたが,今回のIVSではクリエイティビティー,社会起業家に関するセッションも設けられ今まで以上に広がりを感じることができたIVSでした。

初日と2日目の2回に分けてIVSの模様を振り返ってみたいと思います。

とにかく創ってみよう,ビジネスモデルに答えはない

IVS最初のセッションはクリエイティブラボPARTYの中村洋基氏が登壇しました。中村氏は電通勤務後,会社を超えた共感できる仲間5名でPARTYを2011年に設立します。⁠クリエイティブの世界では創り続けることで見えてくることがあるので,とにかく試行錯誤を増やしている」という中村氏。逆説的だが創り方を考えるためには創ることが必要なので,⁠面白いことを思いついたらとにかく,創ってみる」という姿勢が大事なようです。

PARTYクリエイティブディレクター中村洋基氏

PARTYクリエイティブディレクター中村洋基氏

その中村氏が今の時代に心がけていることとして3点挙げたのが,1.グローバルインサイト,2.コミュニケーションのスイッチ,3.NOWISMの3つです。

中村氏が今の時代に心がけていること

中村氏が今の時代に心がけていること

世界で通用するものを創り,ユーザが自発的に参加できコミュニケーションが伝播していく仕掛けを盛り込み,いまを共有できるサービスづくり。そうした考え方に基づいて制作された数々の事例の中の1つが,Chrome World Wide Mazeです。自分のお気に入りのWebサイトを立体迷路化してPCのブラウザ上に表示。その迷路の中で転がるボールを手元のスマホを傾けて操作するというChrome用のゲームです。Webならではのインラクティブ性を活かした意欲的な作品です。

Chrome World Wide Mazeの紹介動画

中村氏は「クリエイティブに答えはない。ビジネスアイディアも同じ。そうした答えのない仕事を受注している」と話し講演を締めくくりました。中村氏が話したクリエティブへの考え方はスタートアップや新規サービスを考える上でも共通したヒントとなりそうです。

パズドラに続くメガアプリは?業界キーマンによる注目アプリ

「スマホ・マネタイズの王者たち」と題したセッションでは,グリーインターナショナルCEOの青柳直樹氏,サミーネットワークスCEOの里見治紀氏,DeNA取締役の小林賢治氏,LINE執行役員の舛田淳氏,AppAnnieCEOのBetrand Schmitt氏というソーシャルゲーム業界のキーマンによるディスカッションが行われ,パズドラを代表とする巨大な収益を生み出す大ヒットのネイティブアプリ,いわゆるメガアプリに関する話題が中心となりました。

各自が挙げていた注目しているメガアプリをここで紹介すると,里見氏,枡田氏,Bertrand氏が選んだのは英king.com社のCandy Crush Sagaというパズルゲーム。iOSの課金売上では137カ国で最高1位にランクインしたことがあるお化けアプリです。サミーネットワークスの里見氏は絵のテイストが日本でも伸びないと考えていたそうですが,日本でもトップアプリにランクインしており「課金へ誘導するタイミングが絶妙である」といいます。

King.com社のCandy Crush Saga

King.com社のCandy Crush Saga

グリーインターナショナルの青柳氏が挙げたのはKabam社のFast & Furious 6(日本名:ワイルド・スピード EURO MISSION)です。同名映画を元にしたゲームで本社があるシリコンバレーではなくカナダのバンクーバーで制作されており,青柳氏は「Kabam社は今中国で制作しているタイトルも多い。アメリカ以外の国で制作しアメリカ市場にランクインするゲームを創ってきているのが面白い」と述べました。

Kabam社のFast & Furious 6: The Game

Kabam社のFas

DeNAの小林氏のオススメアプリはコナミのパワフルプロ野球TOUCH2013。割り切りが良く,ゲームとしての完成度が高いことが選出の理由だそうです。

コナミデジタルエンタテインメントのパワフルプロ野球TOUCH2013

コナミデジタルエンタテインメントのパワフルプロ野球TOUCH2013

その他に各自が定番の注目アプリとして挙げていたのがSpercell社のClash of Clans。Supercell社は他にHay Dayと合わせて2本のタイトルしか出していませんが,2本とも5月のiOSの月間収益ランキングのトップ10にランクインしています。

Cell社のClash of Clans

Cell社のClash of Clans

DeNA小林氏はこうしたメガアプリに続こうと大ヒット作パズル&ドラゴンズのフォロワーが生まれてきているものの死屍累々で,⁠ヒットアプリメーカが3個目めを自分立ちで重ねていくのも難しい」と語り,⁠ストII(ストリートファイターII)がゲーセンで流行ったときに格闘ゲームに感度が高い人がゲーセンに集まり,そこに格闘ゲームを投じればヒットするという状況が生まれた。それと同じことが起きたのが日本のカードパドルゲーム。1社だけでこうした状態をつくるのは難しく,こうした状況をつくることにプラットフォーマーの価値があるのでは?」と語りました。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入