レポート

Making Makers――Maker Conference Tokyo 2013レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2013年6月15日,お台場科学未来館にてMaker Conference Tokyo 2013(主催:オライリー・ジャパン)が開催されました。ここでは,その模様をお届けします。

Making Makers

最初の基調講演は,『MAKE magazine』の編集長であり,Boing Boingの創設者としても知られるマーク・フラウエンフェルダー氏の「Making Makers: Makerをつくる」でした。

20世紀初頭のMakersと21世紀のMakersの類似点を示すフラウエンフェルダー氏。ユニークな例ばかりで,会場には度々笑いが巻き起こっていました

20世紀初頭のMakersと21世紀のMakersの類似点を示すフラウエンフェルダー氏。ユニークな例ばかりで,会場には度々笑いが巻き起こっていました

フラウエンフェルダー氏はまず,20世紀前半のDIY雑誌やカタログの表紙と現在のMakerたちの作品との類似点をユニークな例とともに紹介し,20世紀前半においては誰もがMakersであったと述べました。

しかし,その流れはいつまでも続くことはなく,1970年から2000年にかけてはMakerたちにとっての暗黒時代だったと言います。氏はその理由として,今では直すよりも新しいものを購入したほうがずっと手っ取り早いからではないかという仮説を提示されていました。たとえば,1954年当時のテレビの価格を2013年の貨幣価値に直してみると,現在のテレビの70倍もの価値があったのです。

そんな中でも,DIYの精神はサブカルチャーとして生き延びていました。パンク・ロックのアーティストたちが自らの音楽を自分たちで届けていたことや,⁠zine」と呼ばれる個人出版の雑誌などはその現れであり,こういった土壌が2000年以降のMakerムーブメントの土壌となったと言います。

Makerムーブメントの2つのフェーズ

そういった流れの先にある現在のMakerムーブメントですが,氏によれば,このムーブメントは2つのフェーズに分けることができると言います。

まず,フェーズ1として「作るのが単純に楽しい」という段階。そして,次のフェーズ2である「他の人が使えるツールを作り,コミュニケーションしていく」という段階です。そして,現在進行しているフェーズ2は「組織の力がなければものを作ることのできなかった時代の終わり」ではないかと氏は続けます。なぜなら,大きな組織が持っていた研究開発,デザインなどの各々の機能を,MakerたちはWebを通じて分散化しているからです。

そして最後に,このような状況にあるMakerムーブメントにおいては,⁠ものを作りたいというスピリット」⁠自分のパーソナリティを妥協しないこと」⁠他の人たちと共有できるものづくりを続けていること」が,よいMakerの条件であるとして講演を締めくくりました。

Indie Products

続いては,深セン(中国)にてSeeed StudioというMakerのための企業を経営するエリック・パン氏が「Indie Products: 独立系の製品」と題して,Makerの生態系を作っていくためのアイデアについて講演されました。

エリック・パン氏の講演では,Makerのエコシステムをより進化させていくためのさまざまな提案がなされました

エリック・パン氏の講演では,Makerのエコシステムをより進化させていくためのさまざまな提案がなされました

パン氏はまず,子どものころからテレビゲームやコンピュータが好きだったこと,大学ではロボティクスや組込み開発のコンテストに出ていたこと,そしてIntelでの開発職などを経て現在のSeeed Studioを立ち上げたことなど,自らの経歴を紹介されました。そして,Makerたちは要求を持つ「ユーザ」⁠問題を解決できる「デザイナー」⁠それを広めていく「マーケター」という3つの要素を持っていると述べました。

ハードウェアの4つのレイヤ:Skin,Skelton,Guts,Soul

次に,ハードウェア製品は「Skin: 皮膚」⁠Skelton: 骨格」⁠Guts: 内臓」⁠Soul: 魂」の4つのレイヤから成っていることを紹介し,Makerにとってのそれぞれの例を提示されました。たとえば,オープンソースの「内臓」としてのArduinoや,⁠骨格」を作るものとしての3Dプリンタなどです。Makerは,4つのレイヤすべてを自らの手で作る必要はなく,必要に応じて組み合わせていくことができるのです。 これによって,製品を作るための「アイデア→プロトタイプ→開発サンプル→量産化」というステップを早めることができるようになったと言います。

最後に,Makerたちが多様化するニーズに応えようとしている現状を,⁠大企業=恐竜」の時代から「Makerたち=小さな哺乳類」が栄える時代への進化になぞらえ,今後は日本のMakerたちともコラボレーションをしていきたいとして講演を締めくくりました。

Makerフレンドリーな製品をつくる

昼食を挟んで,Aホールでは「Makerフレンドリーな製品をつくる」と題したセッションが行われました。

まずモデレータの多摩美術大学教授 久保田晃弘氏から「設計図や部品が誰にでも手に入る」⁠ユーザコミュニティがあり,情報を共有できる」という製品が増えてきている現状を踏まえ,その事例をお聞きしたいという趣旨説明が行われ,Roland DGの村松一治氏と宮本数人氏,KORGの坂巻匡彦氏の発表が始まりました。

Roland DGとiModela

まずはRoland DGの村松氏と宮本氏による3D切削加工機「iModela」についての発表です。村松氏からRoland DGの沿革,およびiModelaのコンセプトのひとつとして「分解・交換が可能」であることが挙げられるとの説明に続き,実際の開発を担当した宮本氏からiModela開発時のエピソードが紹介されました。

中でも,iModela開発の着想を得るためにミニ四駆のパーツショップを訪れたエピソードは興味深いものでした。ショップに居合せた少年とモータの特性について会話を交わした際に,⁠おじさん,作ってみればわかるよ」と教えられたことがエンジニアスピリットを目覚めさせ,これまでの「設計から試作へ」ではなく「試作から設計へ」という流れで開発をはじめたとのこと。

その他,発想をゆるがしてしまわないよう,最初のプロトタイプ制作が終わるまではインターネットで情報を収集しなかったというお話や,当初の「組立式」という構想は購入時の製品品質を保つという目的に叶わず実現されなかったが,そういった狙いを持って開発していたおかげで,ユーザによる分解・交換を容易で安全なものとできたというお話などが印象的な発表でした。

KORGとmonotron

次に,KORGの坂巻氏からアナログ・シンセサイザmonotronについての発表が行われました。アナログシンセサイザからデジタルシンセサイザへの変遷によってシンセサイザという楽器は器用貧乏になってしまったのではないかと考えた坂巻氏は,⁠シンセサイザをもう一度楽器にしたい」という想いから,非常にシンプルなアナログシンセサイザであるmonotronを企画したのだと言います。

KORGの坂巻氏。セッション後にはiModelaやmonotronに触れようとたくさんの人が演台に集まっていました

KORGの坂巻氏。セッション後にはiModelaやmonotronに触れようとたくさんの人が演台に集まっていました

そして,今でこそ「改造のしやすさ」でMakerたちに知られているmonotronですが,これは当初からの構想ではなく,実際の開発にあたったエンジニアである高橋氏のアイデアだというエピソードが紹介されました。高橋氏は大学を卒業してから1年間,職に就くことなく一人でシンセサイザを自作し,それをKORGに持参して採用されたという異色の経歴の持ち主。そういった経験が「基盤の裏側に改造のためのtipsを書く」という発想につながったのだそうです。

これ対するMakerたちの反響は大きく,monotronの発売後に改造monotronが次々と制作されることとなりました。そしてこの流れは,オフィシャルサイトでの改造monotronの公開や回路図のオープン化,さらには公式の改造monotronというコンセプトでの兄弟機の発売など,Makerたちの動きがKORG自身にもフィードバックされていったと言います。

こうした中で坂巻氏は,⁠シンセサイザをもういちど楽器にすることとは,シンセサイザをユーザの手に戻すことである」と気付いたとして,発表を締めくくりました。

コメント

コメントの記入