レポート

「第39回 HTML5とか勉強会 ~AndroidとWeb技術,ハイブリッドアプリの実情」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2013年5月28日,第39回目となる「HTML5とか勉強会」「日本Androidの会」との初の合同勉強会というかたちで,東海大学の講堂をお借りして開催しました。

今回は「AndroidとWeb技術,ハイブリッドアプリの実情」といった部分に焦点を当てたセッションがありました。本稿では,今回の内容についてレポートします。

画像

最近のHTML5はどうなっているのか

はじめに最近のHTML5の動向について,html5jの管理人である白石俊平さんから紹介いただきました。

画像

まず,なぜHTML5が注目され続けているかについての説明がありました。大きく分けて次の3つの点があると言います。

  • マルチプラットフォーム対応
  • マルチデバイス対応
  • 技術的な成熟を迎えつつある

今回は3つ目の「技術的な成熟」という点から,HTML5で注目すべき7つのキーワードをあげ,キーワードごとに説明しました。

オフラインWeb
  • アプリケーションキャッシュ
  • WebStorage
  • Indexed Database API
  • File API

上記の機能やAPIを使うことで,オフラインでもアプリケーションを利用することができるようになる。

リアルタイムWeb

Googleのスプレッドシートなどのように,複数人で同時に一つのドキュメントを編集するものなど,リアルタイム性が高いアプリケーションが増えている。リアルタイムWebの実現にはWebSocketやServer-Sent Events,WebRTCなどが用いられる。

レスポンシブWeb

レスポンシブWebデザインはブラウザの表示幅によって適切なデザインで表示する手法。レスポンシブWebに用いられるのはメディアクエリーやレスポンシブ・イメージなどがある。

セマンティックWeb

エンジニアがマークアップする際に,各要素に対して意味を込められるようになっている。人間だけでなく,コンピュータがHTMLの持っている意味を理解できるようになることで,検索結果がリッチになるなどの効果がある。

スピーディなWeb

SPDYという新しいプロトコルがある。SPDYは普通のhttpと違い,コネクションを維持したまま通信を行うことでよりスピーディなWebを実現する。

プラットフォームとしてのWeb

TizenやChrome OSやWindows 8など,プラットフォームとしてのWebが増えている。デバイス固有の機能にアクセスできるように機能が拡張されていっていることで,車載デバイスやテレビ,また電子書籍など様々なところで利用されるようになってきている。

インプレッシブWeb

今までWebではできなかった3Dを使ったものや,様々な感動を与えるような表現をしているものなどが増えている。WebGLやWeb Audio APIを用いることでWebで表現できることがどんどん増えてきている。

詳しくは資料動画をご覧ください。

AndroidとChromeの統合について

つぎにAndroidの会の丸山不二夫さんより,WebアプリとAndroidのアプリの現状とこの先のChromeの展望についての予想を紹介いただきました。

画像

Webアプリと言ったときに指すものが少しずつ変わってきています。今まではサーバサイドのアプリを指すことが普通でしたが,今ではサーバサイドのWebアプリにHTML5を利用したものを指すようになってきているとのことです。しかし一方でクライアント側単体で動くアプリケーションが出てくるなど,多様化してきてると話します。

そしてクライアント側のアプリケーションの中でも,特にPackaged Web Appを注目していると言います。Packaged Web Appは,次のような特徴を持っていると示しました。

  • ネットワーク接続を必須としない
  • デバイスの固有のセンサーなどへのアクセス
  • アプリマーケットでの配布
  • 新しいセキュリティポリシー

講演ではAndroidのChromeへの言及もありました。AndroidのHTML5対応は標準ブラウザの存在から対応が遅れていました。しかし昨年AndroidにChromeが搭載され始めたことで,HTML5への対応が飛躍的に進んでいるとのことです。現在PC用のChromeとAndroid用のChromeにはバージョンの違いがありますが,遠くないうちに同一のバージョンになるだろうと述べていました。

講演では他にもAndroidとChromeのアプリマーケットの統合についての予想などがありました。詳しくは資料動画をご覧ください。

著者プロフィール

中島直博(なかじまなおひろ)

DMM.com Labo所属。

html5j/HTML5とか勉強会スタッフ。

フロントエンドエンジニアとして主にスマートフォン向けサービスの開発に従事。ツチノコの巣に迷い込んだひよっこ。

twitter:@nakajmg

コメント

コメントの記入