レポート

2歳児からプロレスラーまで! MongoDB JP「第一回 納涼もんご祭り」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2013年7月28日に大岡山・東工大蔵前会館で開催された「第一回 納涼もんご祭り」の模様をレポートします。

納涼もんご祭りとは

このイベントは,MongoDBやNoSQLのことを広く知ってもらおうと,日本MongoDBユーザ会(MongoDB JP)が開催したものです。MongoDBに興味がある技術者からそうではない一般の方まで,広くさまざまな人たちが集まり交流することを目的としています。

会場には,小さなお子様からプロレスラー,MongoDBの開発元である10genの中の人まで,延べ170名を超えるさまざまな方々に足を運んでいただきました。

ここからはイベントで行われたMongoDBに関するセッションと,展示ブースの様子をお届けします。

開会式

イベント開幕の挨拶では,MongoDB JPの代表・窪田さんが「今後ともMongoDBの普及に貢献するべく,翻訳,出版等をしていきたいと思っています。MongoDB JPのメンバーは現在絶賛募集中です」と述べ,共催の鈴木さんの「MongoDBは,本当にエンタープライズ領域で使えるのかという,"渡り"の時期にある。ここからがまさに重要な時期だ」という言葉を皮切りに,第一回 納涼もんご祭りは開幕となりました。

画像

画像

セッションの内容

セッションは2つの会場で行われました。その中から,私の参加できたセッションの内容をお伝えします。

MongoDBの魅力を北米に住む人の視点から解説

1994年に北米に渡り,北米企業の日本への進出をサポートする仕事をしている鈴木逸平さんから,⁠米国におけるMongoDBビジネスモデル」のタイトルでお話をいただきました。鈴木さんはMongoDB JPの副代表(アドバイザー)でもあり,MongoDB開発元の10genとの交渉や協力関係の構築を行っています。

画像

鈴木さんによると,現在北米でMongoDBの良さが大きく評価され,さまざまな北米企業で採用されているとのことです。その理由として,性能と高可用性の確保が容易であるのもさることながら,どこに行っても必ず耳にするのが,⁠使いやすい」というフレーズで,コミュニティが活発な理由の原点もそこにあるとのことです。セッションの後半では,北米企業でのMongoDBの採用事例を紹介していただきました。

MongoDBの障害復旧の実演セッション

MongoDB JP代表の窪田さんより「実演!MongoDB障害運用」と題して,MongoDBの障害時の動きを解説していただきました。

画像

画像

セッションの前半でMongoDBの哲学やレプリカセットに関する基礎知識について解説し,後半では実際にMongoDB JPの公式Webサイトの裏で動いているMongoDBを1台,2台と落としていき,復旧させる様子を紹介しました。

また,完全にデータを削除してしまった場合に,バックアップから簡単にリストアする様子も実演しました。

MongoDBに対する会場の率直な声を引き出すセッション

「日本のMongoDBビジネス事情」と題し,今回のイベントのディレクター・福崎さんと,小笠原さんの取り仕切りで,MongoDBに対してどう考えているか,率直な声を会場から聞き出そうというセッションが行われました。

「MongoDB のどこが良いか?」という質問に対しては,⁠やはり何よりもスキーマレスであることが使いやすい」という声が上がりました。

逆に「MongoDB を実際に仕事に使おうとしたとき,何が問題になるか?」という問いには,⁠トラブルがあったとき,サポートはどうするのか,と内部で必ず聞かれます」と,ありそうなシチュエーションが出てきていました。

画像

他にも,MongoDB開発元の10genのサポートが受けられる「MongoDBの商用サポート」に関して,⁠どういうものか知らない」⁠存在を知らなかった」⁠知ってはいるが1番低いサポートレベルでもそれなりに高い値段だった記憶がある」等の声が上がり,更に「日本でのMongoDBのビジネス展開に足りないものを1つあげるとすると?」との質問に対しては「知名度がないこと」という鋭い意見が飛び出し,MongoDB普及にあたっての課題が見えたセッションでした。

その他のセッション

この他にも,別の会場でさくらインターネットの社長・田中さんによる基調講演,野村総合研究所の渡部さんによる「MongoDB の位置づけとユースケース」⁠キッチハイクの藤崎さんら3名による来場者参加型の「MongoDB チューニンガソン on AWS」⁠⁠丸の内MongoDB勉強会 in 納涼もんご祭り」等のセッションが行われました。

さくらインターネットの社長・田中さんによる基調講演では,進撃の巨人ロゴジェネレータに代表される,田中さんがこれまで趣味で作ってきたロゴジェネレータシリーズの裏のDBをMongoDBに移行した事例が紹介されました。生成された画像数はすでに700万近くになっており,MySQLではレンジサーチが遅くなっていたためMongoDBに移行したところ,スループットが2~3倍向上したとのことです。また,移行についても1日で完了したとのことでした。

画像

チューニンガソンでは,Amazonの好意で提供されたEC2インスタンスが参加者全員に割り振られ,MongoDBのチューニングを競いました。

また,丸の内MongoDB勉強会からは,MongoDBのホスティングサービスを本番環境で使ってみた報告が発表され,シャーディングができなかったり,誤請求が生じたりといろいろとあったものの,ホスティングサービスの提供側がMongoDBに精通していたので困った時に相談できたり,細かな監視ができたり,すぐに利用開始できたりと,メリットも多くあることが発表されました。

画像

著者プロフィール

本村健太(もとむらけんた)

マシンリソースを1ビットも無駄にしないコーディングがポリシーのソフトウェアエンジニア。C言語が何よりも好きだが,最近はJavaScriptで書くことが多い。使いやすいUI,ライブラリに頼らない独自のデータビジュアリゼーションに興味がある。

某社のハッカソン2枚の写真から直方体の3Dモデルを作るJavaScriptカメラアプリを作り優勝。南国が好きで沖縄に住んでいたこともある潜水系エンジニア。

コメント

コメントの記入