レポート

ソフトウェアアーキテクチャの求め方からC++11プログラミングまで盛りだくさん “プログラミング生放送勉強会 第25回@品川”レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2013年8月24日(土)に株式会社マイクロソフトのセミナールームで,コミュニティ「プログラミング生放送(プロ生)⁠によるIT・開発系イベント,プログラミング生放送勉強会を開催しました。その模様をお届けします。

プロ生勉強会は,IT・開発系であればなんでもOKの勉強会です。今回は,ソフトウェアアーキテクチャWindowsストア アプリのUIデザインLeap MotionC++11など多彩な内容となっています。セッションは動画で公開しています。いずれも楽しい内容になっていますので,ぜひ視聴してみてください。

会場の模様。今回は約100名の参加がありました

会場の模様。今回は約100名の参加がありました

コミュニティのキャラクター「プロ生ちゃん」がお出迎え!

コミュニティのキャラクター「プロ生ちゃん」がお出迎え!

ソフトウェアアーキテクチャの求め方

それでは,各セッション内容を簡単に紹介します。株式会社gloops 尾上雅則さん@ugaya40「ソフトウェアアーキテクチャの求め方」です。

流行の設計用語や技術要素を使えば開発がうまくいくわけではありません。必然性のあるソフトウェアアーキテクチャはどのように導き出すのか,尾上さんが実務経験・探究から身に着けたノウハウの紹介です。

「ソフトウェアアーキテクチャの求め方」株式会社gloops 尾上雅則さん

「ソフトウェアアーキテクチャの求め方」株式会社gloops 尾上雅則さん

ソフトウェアアーキテクチャとは?

アーキテクチャという言葉の定義は「万人の合意」は存在しないものとされているが,多くの開発者の関心事として挙げられています。なぜならソフトウェア設計は「複雑すぎる行為」であるためとのこと。

セッションでは,はじめにアーキテクチャ設計とは「ソフトウェア開発に関わるすべての複雑さへの対処」と定義し,順に詳細化して説明し,ソフトウェアアーキテクチャを説明しています。

複雑へのアプローチとして,整理・細部化という「関心事の分離」を行います。アーキテクチャ設計とは,関心事の分離を繰り返す作業となります。ソフトウェアアーキテクチャ設計とは,関心事の分離を繰り返して開発目標となるソフトウェアを分解する作業となります。

ソフトウェアアーキテクチャでの分離された関心事が満たすべき特性としてモジュール化とカプセル化,分離を行う代表的な視点として,製品選定,開発プロセスに対する配慮,設計パターン,言語パラダイムを挙げています。

設計パターンではなく設計視点

次に設計パターンを用いた関心事の分離と,設計パターンのわかりにくさを説明しています。

設計パターンを用いてアプリケーションを分離した場合,例えばMVCによる分離,リポジトリパターンによる分離などがあります。設計パターンとは,分離した結果ではなく,分離する視点が設計パターンとのこと。設計パターンという言葉は害悪であり,混乱した際は,設計視点として考えると良いと説明しています。

セッションでは,続いて実際の分離で使用する視点の例へと進みます。詳しくは動画とスライドを参照してください。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21813008

資料公開場所
プログラミング生放送勉強会第25回@品川で話してきました! - the sea of fertility

コメント

コメントの記入