レポート

「第42回 HTML5とか勉強会 ~Webプラットフォームとマネタイズ」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2013年9月25日,第42回のHTMLとか勉強会は日本マイクロソフト株式会社に会場をお借りして開催しました。

Web開発者として,制作したアプリからどのように収入を得るかは非常に気になる点かと思います。今回の勉強会は「Webプラットフォームとマネタイズ」をテーマとし,Web技術者が容易に扱えるマネタイズ手法について,APIやアプリマーケットの観点から解説いただきました。

本稿では,その内容についてレポートします。

画像

Webアプリのマネタイズの『これまで』

最初のセッションではmenue株式会社の成田守さんに,コンテンツの課金手段についてこれまでの歴史を振り返っていただきました。

現在Web上でコンテンツやサービスを購入するときの手段は,キャリア課金やクレジット決済など多数の方法がありますが,そのマネタイズの世界はスマートフォンの登場以前と以後で大きく変化があったと話します。

画像

スマートフォン登場以前のマネタイズ

スマートフォンが登場する前は,次の2つがありました。

  • PCをベースとした経済圏
  • モバイルをベースとした経済圏

1つ目の『PCをベースとした経済圏』は,オープンインターネット上のサービスで形成されており,Amazonや楽天などのECサイト,動画配信やオンラインゲームなどのコンテンツ・サービスが主役でした。クレジットカード決済やプリペイド支払いが主に使用され,単価は比較的高めという特徴があり,また集客は基本的に自力で行わなければなりませんでした。

2つ目の『モバイル(フィーチャーフォン)をベースにした経済圏』では,一部クローズドなキャリアネットワーク上でのサービスで形成されており,着メロや待受画像などのコンテンツ,乗り換え案内等の情報サービスが主役でした。年齢層は比較的若く,単価も少額の傾向があり,集客は自力とキャリア公式メニュー(ポータル)で行うことができました。

スマートフォン登場以後のマネタイズ

約3年前にスマートフォンが登場したことで,キャリアに依存しないOS主導のコンテンツマーケットが現れました。課金手段が統一され,ワールドワイドに向けてアプリを公開することができます。ここでの一番大きな変化は,ビジネス参入障壁が下がったことです。

「スマートフォンの登場により,これまでの経済圏の壁がなくなり,新しい経済圏が形成されている段階である」と述べていました。

しかしネイティブアプリマーケットもメリットだけではないと言います。マーケットのレギュレーションが世界共通であり,App StoreやGoogle Playでは売り上げの30%を手数料として取られてしまいます。

最後に,これから来るWebアプリマーケットへの期待を述べて,講演を締めくくりました。詳しくは資料動画をご覧ください。

決済会社から見た,成功するコンテンツ

続いて株式会社ウェブマネーの竹島弘幸さんより,決済側から見た成功するコンテンツという観点でお話いただきました。

画像

決済システム

まずは,決済システムの全体像を解説しました。

画像

決済システムにはクレジットカードのようなポストペイド型や,電子マネーのようなプリペイド型の2種類があります。しかしクレジットカードやキャリア決済を行うためには審査があり,個人が加盟するのは厳しいが,ウェブマネーは個人でも加盟店になることができることを説明しました。

決済会社から見た当たるコンテンツ

そして,決済ソリューションを提供する側から見た,アプリの成功事例について紹介しました。

ガラケー時代は,会員が非常に多いプラットフォームに乗って提供し,会員を集めることができたアプリというのが成功事例の1つでした。また,最近では自分の作るゲームに誇りを持っており,ユーザがどうやったら喜ぶかを一番に考えた結果,成功するアプリになっていると述べていました。

講演の中では他にもウェブマネーの利用者属性なども取り上げました。詳しくは資料動画をご覧ください。

課金関連の基礎技術:認証やセキュリティ等の標準化や動向

次に株式会社レビダムの林達也さんより,課金関連で使用されている技術やその標準化動向について解説いただきました。

はじめに林さんは,⁠認証なくして課金なし』と強調して述べていました。

画像

Authorization・AuthenticationとID系の技術

AuthorizationとAuthenticationという言葉と,OAuth2.0,OpenID Connectといった技術について解説しました。Authorization(認可)とAuthentication(認証)はよく混乱されますが,2つは別のものを指します。

OAuth2.0はWebで使われる「認可」のためのフレームワークです。既にメインの部分の標準化は終わっており,現在はトークンのフォーマットや周辺エンドポイント等の議論が行われています。

OpenID ConnectはOAuth2.0をベースとしている,Webにおける次世代の「認証」技術です。メインの部分にOAuth2.0を使用しており,認証に必要なパーツをそれ追加したプロトコルとなっています。現時点でほぼ仕様は決まっている状態であるとのことです。

ID系の技術で有名なまとめたものが次の図です。

画像

右上のUMA(User-Managed Access)はまだ標準化されておらず,検討中であるとのことです。

WebPayments

WebPaymentsはW3Cで話し合いが進められている課金の標準化を目指した技術で,現時点で次のようなユースケースが挙げられています。

  • 店舗での支払い
  • ECサイトでの支払い
  • 人と人の間での支払い

講演中には他にもSecure Elements APIの解説やUIセキュリティの解説がありました。詳しくは資料動画をご覧ください。

著者プロフィール

本間咲来(ほんまさき)

NTTコミュニケーションズ 先端IPアーキテクチャセンタ所属。

html5jスタッフ。

twitter:@sakkuru

コメント

コメントの記入