レポート

「システムテスト自動化カンファレンス」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2013年12月1日,オラクル青山センターでシステムテスト自動化カンファレンス(STAC)が開催されました。私自身はテスト自動化研究会(STAR)のコミッターですが,今回縁あってカンファレンスのレポート役をさせていただくことになりました。

それではさっそく報告に入りましょう。

よりよいテスト自動化のためにちょっと考えてみませんか?―スコープ,ROI,プロセスを中心に―
近江 久美子(STAR)

今回のカンファレンスの位置づけと全体の方向づけを行うものです。このカンファレンスで扱われるテストは「ソフトウェアのユーザに価値がある単位で行われるテスト」,一般的にはシステムテスト,受け入れテストと呼ばれるテストレベルになります。

画像

次にテスト自動化の目的を考えましょう。代表的なものとしては効率化したい,手動ではできないテストをしたい,などが挙げられますが,大事なことはただ自動化してもよい自動化にはならないということです。

近江さんはここで,良い自動化のポイントとして3つ挙げました。

  • スコープ
  • ROI(Return On Investment)
  • プロセス

自動化には手間も時間もかかるので,自動化しておいしいところを絞る必要があります。スコープとは具体的にはテストレベル,テストタイプ,テストプロセスが挙げられます。

ROIに関しては時間による変化を考えることが重要です。ツール,テストプロセス,人,プロダクトに対して導入前と導入後の保守フェーズでかかる費用に違いが生まれます。

プロセスに関してはテスト対象を自動化しやすい形に変更するなど,開発側と協働で進める必要がでてくるかもしれません。ただし実行とレポーティングは工数が減るので,これらとのトレードオフになります。

最後に全体のまとめとして,テストは自動化により柔軟になり,幅が広がる。テスト自動化を通じて,よりよいテスト,よりよいプロジェクト,よりよいプロダクトを目指してくださいとのことでした。

事例から見るテスト自動化のポイント
前川博志,森田誠,川口慎一郎(TABOK関西)

「現代に舞い降りた漆黒のJenkins使い」前川さん,「ガイアがオレにささやくメガネ男子」森田さん,「オレのコードで踊り狂えテスト自動化マニア」川口さんの発表です。

左から,前川さん,川口さん,森田さん

左から,前川さん,川口さん,森田さん

TABOKとはTest Automation Body Of Knowledgeの略で,米国ATI(Automated Testing Institute)が出している自動化に関する知識体系です。本講演はSTARとほぼ同時期にTABOKの勉強を始められたTABOK関西からの発表になります。

TABOK関西ではテスト自動化のアンチパターンを集めてみました。

「3分クッキング」
→事前に自前で自動化環境を用意し,紹介すると同時に一気に運用へ
「自動化ハイ」「建て増し旅館」
→自動化しすぎて,管理コストが増大してくる
「原住民蜂起」
→メンテできなくなったテストのおかげで手動に戻る
「インディージョーンズ」
→自動化しようと成果物をあさると,昔誰かが試みたテストが出てくる
→たいてい失敗プロジェクトの名残で呪われている

続いて川口さんから「ファクトリーオートメーションにおけるシステムテスト自動化」と題して,より具体的な事例の紹介です。

ファクトリーオートメーション(FA)の世界は超ミッションクリティカルです。そんな中であらゆる環境の変化に対応した巨大自動化システムを構築したのですが,動かすためにかかる労力が半端なく結局お蔵入りとなってしまいました。そこでそもそも何のために自動化しているのか,という原点に立ち返って考えてみたところ,表面上見えていた行為と,人がやっていた仕事の差が見えてきたそうです。

自動化の難しさは,決して人間が頭を使ってやってきた仕事は置き換えられません。自動化で成功するには,獲得した技術を適用するときに,プロセスの流れが最適になるように技術をはめていくこと,そして効果の計測と改善を繰り返すことです。

最後に出てきた立石一真(オムロン創業者)「機械にできることは機械に任せ,人はより活動てきな分野で活動を楽しむべき」という言葉が印象に残りました。

著者プロフィール

森龍二(もりりゅうじ)

株式会社エクサでR&D部門に所属。CAD開発,Webシステム開発を経てテストや品質の世界に突入。現在プロジェクトの成果物を第三者視点でレビューする活動(QI)に従事。2012年よりSTARのコミッターとして研究会に参画。Software Test Automation(Fewster & Graham)の翻訳プロジェクトに関わる。参加コミュニティはSTE(エンプラ系テスト研究会),WACATEなど。

Twitter:@mori_ryuji

コメント

コメントの記入