レポート

「私はまだ,このインターネットの世界に参加する」──村井純氏 ~ HTML5 Conference 2013 オープニングセッションより

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2013年11月30日,HTML5コミュニティhtml5jが主催するWeb技術者のためのイベントHTML5 Conference 2013が開催されれた。オープニングセッションでは,慶應義塾大学 環境情報学部 村井純教授, グーグルの及川卓也氏,html5jコミュニティを率いる白石俊平氏がそれぞれ登壇し,この1年で起こった技術やコミュニティの変化を振り返った。その中から,今回は村井純教授が語ったインターネットの歴史から見た日本のIT戦略の話をレポートする。

画像

2013年6月14日,日本のIT戦略に1つの変化が起こった。それは,世界最先端IT国家創造宣言の閣議決定だ。これまで,日本のIT戦略は,総理大臣と各関係大臣,村井氏らが参加する「IT戦略本部」によって決められていた。村井氏はこの変化について,⁠日本のIT戦略が閣議決定されたということは,インターネットはすべての分野に貢献するという意味の裏付けでもある」と話す。

「インターネットはすべての分野に貢献する」とは,具体的にどのような意味か。例えば,医療。次の写真は,3Dプリンタで作られたギブスである。

画像

患者の腕を3Dスキャンし,スキャンデータを基に3Dプリンタで印刷する。この方法を使えば,プロの医療従事者が作成するギブスと同等,あるいはそれ以上のものができるという。また,足をけがしてしまったアヒルに,3Dプリンタで作った足を付けるというようなことも行われている。こういったことが,安価で,いとも簡単にできるような世の中になってきている。⁠今,医療業界は大変な盛り上がりをみせている。しかし,この流れは医療に留まらないだろう。近い将来,3Dプリンタのインクの中にRFIDを入れ,シリアル番号を管理するなんてこともできるようになる。すると,物流のコントロールが可能になる」⁠村井氏)⁠

画像

インターネットの歴史を振り返ると,90年代は技術やビジネスを作る時代だった。しかし,今では,インターネットがつながることは当たり前,速くて当たり前の時代になった。そして,個人がスマートフォンを持ち,多くの人がそのスーパーコンピュータを毎日使う。

画像

村井氏は言う ─⁠─⁠インターネットを作った当初は,グローバルスペースしかなかった。だが,今のインターネットにはローカルスペースがある。⁠近所のラーメン屋』などの情報も,今では当たり前の情報だ。他にも,昔はなかったものがある。ソーシャル,パーソナル,モバイル,双方向,ビッグデータと,インターネットの姿は確実に変化している。次は,どんなインターネットを作るのか。その夢を,私は『世界最先端IT国家創造宣言』で語っている。

私はまだ,このインターネットの世界に参加する。世界最先端IT国家創造宣言にある夢を,7年先の2020年に向けて実現する。今日,このイベントに来て,これだけの若いエネルギーがあることがとても心強いと感じた。ここにいる皆さんは,7年後に向けてどのような目標を立てるだろうか」⁠村井氏)⁠

著者プロフィール

太田智美(おおたともみ)

国立音楽大学を卒業後,慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学。大学院在学中に,情報処理学会 第12回「Internet and Operation Technology(IOT)」研究会において「おところりん:ソーシャルネットワークにおける偶然性を用いた音楽生成」を発表し,学生奨励賞を受賞。2011年12月,JPNIC主催「Internet Week 2011」の中のパネルディスカッション「IP Meeting 2011」に登壇。2012年5月には,第383回「Programming Tools and Techniques(PTT)」にて研究成果を発表。同大学院を修了後,IT界隈をふらふらしている。年間100以上のコミュニティ・イベントに参加し,最近ではドラ娘/マスコットキャラクター/コメンテーター/凸撃娘など,雑食的な活動を楽しんでいる。

Facebook:https://www.facebook.com/tb.bot/
Twitter:@tb_bot

コメント

コメントの記入