レポート

PyCon China 2013 上海 参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

こんにちは,田原悠西です。Python大好きのPythonプログラマーです。2013年12月8日(日)に中国の上海でPyCon China 2013 上海が開催されました。私はこのイベントに参加して発表もしてきました。どうやら日本からの参加者は私だけだったようです。そこで日本では知られていないこのイベントの参加レポートをお届けします。

PyCon Chinaとは

PyConはプログラミング言語Pythonのコミュニティーが主催して行われるカンファレンスで毎年世界各国で開催されています。今年の9月には日本でPyCon APAC 2013が開催されました。

PyCon Chinaは中国で行われるPyConで今回は第3回目とのことです。そして中国のPyConはなんと4都市で別々に開催され,今回は12月8日に上海,珠海,杭州の3箇所同時開催,14日は北京で開催ということでした。一つの国でPyConが複数都市に分かれて実施されるというのは珍しいと思います。さすが国土が広くて人口も多い中国です。

PyCon China 2013 上海の概要

公式サイトhttp://cn.pycon.org/2013
上海会場http://cn.pycon.org/2013/shanghai
開催日2013年12月8日(日)
構成1トラックで基本は中国語セッション
参加費用無料
会場浦软大厦
参加人数約250~350名

PyCon Chinaに行くきっかけ

私は仕事でPythonを10年くらい使っていて過去にアメリカと日本のPyConに参加したことがあり,このイベントには馴染みがありましたが,これまで中国のPyConに行くことを考えたことはありませんでした。今回,私の勤務先が欧州企業の日本支社ということで,欧州のほうから「中国のPyConに行ってみなよ」という声がかかりました。それでは行ってみるかということで思い立ったのが開催の一週間くらい前で,親会社で働いている中国人スタッフも参加するということで2名で参加することになりました。

参加登録する

PyConは有料のことが多いのですが,今回のPyCon Chinaは無料でした。しかし事前の参加登録が必要です。公式サイトをチェックして参加登録のページを発見,上海のPyConではheadin.cn海丁网というサイトのサービスを利用して参加者の管理をしているということが分かりました。ここで上手く登録することができず,主催者にEメールでイベントに参加したいとの旨を伝えました。するとすぐに返事が来て,さらに何かPyConで披露したいトピックがあるかと聞いてくれました。そのとき私は2ヶ月前の日本のPyConで発表の申し込みをしたものの落選していたので,これは良いチャンスと思い,発表をさせてもらうことになりました。この時点で既に開催まで1週間しかないのですが,上海のPyConは開催直前までスケジュールの調整が可能なようです。その後主催者からリハーサルを開催前日に行うと連絡がありましたので,土曜日の午後に上海で行われるリハーサルに参加することにしました。

上海へ向かう

土曜日のリハーサルから参加するために金曜日に日本を発つことにしました。中国に行くのははじめてでこの旅行自体が直前に決めたため,中国や上海のことはほとんど何も事前に調べられませんでした。出発ゲートで搭乗時間を待っていると出発時間が遅れるという連絡がありました。上海の空港が濃霧で飛行機が現在着陸できないとのことです。噂のPM2.5かと思いつつ,結局出発は2時間遅れました。上海到着後,市内に向う磁浮と呼ばれるリニアモーターカーに乗り,地下鉄に乗り継いでホテルに着いた頃には霧は薄くなり,空気も気にならない感じになっていました。

土曜日のリハーサル

リハーサルは13時30分から18時まで翌日のカンファレンス会場とは別の浦東にあるAutoDesk社の会議室で行われました。なんでもスポンサーのGoogleがこの場所を提供してくれたそうです。リハーサルは翌日の本番での発表の品質向上のため,ほとんどの発表者とPyCon主催者グループのメンバー13名が集まって,みんなの前でプロジェクターでスクリーンに発表資料を投影して本番のように発表を行い,かかる時間の計測をしたり,お互いに発表内容に対するアドバイスをし合いました。私は,資料のページ数を増やしていいから1ページ当たりの情報量を減らすべき,最後に見せる技術デモは聴衆がすぐに理解できるようにもっと単純にするべき,といったアドバイスをもらって,発表内容を改善することができました。

リハーサルの後には発表者のためのウェルカムディナーを主催者が開いてくれました。リハーサルには参加できなかった発表者も合流して素敵な中華レストランで食事を楽しみました。このウェルカムパーティーの費用もスポンサー企業が出してくれたそうです。

画像

イベント当日

イベント当日は朝8時30分開場,9時15分開演で,結構朝早いです。天気はものすごい濃霧で,会場の建物の正面まで来ても霞んでよく見えないくらいです。

画像

会場の中に入るとスタッフの方々が忙しそうに準備をしていました。このPyConは1トラックなので発表はすべて大ホール(約200席)で行われます。発表者はホールの一番前の席に通されました。ノベルティグッズはPyConキャップでPythonの蛇が龍になっていて格好いいです。スタッフと発表者のキャップは紺色,参加者のキャップは茜色でした。

画像 画像

著者プロフィール

田原悠西(たはらゆうせい)

オープンソースERPのERP5開発者の一人。自由ソフトウェアが好き。

コメント

コメントの記入