レポート

「全文検索エンジンGroongaを囲む夕べ 4」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

11月29日,DeNAの会議室をお借りして,全文検索エンジンGroongaを囲む夕べ 4が開催されました。Groongaは29日を定期的なリリース日としています。いい肉の日となる11月29日に毎年イベントを開催するようにしており,今年で4回目になります。

本稿では,各セッションの模様をレポートしていきます。

第1部:Groonga開発チームから

第1部は,Groonga開発チームからの発表です。

Groonga族 2013(須藤功平さん)

クリアコードの須藤功平さんは,Groonga関連プロジェクトの最新情報を発表しましたスライドはこちら)⁠

まず始めに大事なお知らせとして,今日は「にく」の日なので,Groonga族である,Groonga3.1.0, Mroonga3.1.0, Rroonga3.1.0, Droonga0.7.0を続々とリリースしたことを告知しました。また,Groongaを世界進出させるために,Groongaの頭文字は大文字にした話がありました。

画像

そして,Groonga族の概要を改めて紹介しました。

GroongaはFedoraのオフィシャルパッケージになったこと,mrubyへの対応,Mroonga用の機能拡張をしていることを説明しました。MroongaはWindowsサポートを開始して,さらにMariaDBへのバンドル作業も開始しているとのことです。Rroongaは最新のGroongaに追従させていて,64bit版WindowsのRuby用バイナリも提供しているそうです。新しいGrnxxやDroongaについては概要を示しました。その他,周辺ツールであるgrndump, grntest, groonga-query-log-analyzeへの言及もありました。

セッションの最後では,Mroongaは全文検索だけではなく,カラムストアDBとしても使えることも紹介しました。

※発表では、先頭文字をなぜ大文字にしたかなども説明されていますので、興味のあ る方はUsteramの録画第1部の0分目頃)をご覧ください。

画像

Mroonga 今年の収穫(斯波健徳さん)

スパイラルアームの斯波健徳さんは,Mroongaの今年の成果について発表しましたスライドはこちら)⁠

画像

MySQL互換のノーマライザーがGroongaのプラグインとして提供されていて,Mroonga以外のGroonga族でも利用できます。現在はUTF-8に対応していますが,MySQLすべての文字コードに対応したいと考えてるそうです。

Groongaに直接クエリーを実行できるmroonga_command()や,特別な文字をエスケープするmroonga_escape()というUDF関数を追加したことも紹介しました。また,auto_incrementの値を,テーブルを作るときにも参照し,かつ直近のレコードが削除されてもそのまま保持することに対応したとのことです。

最適化については,Tritonnで使えたWプラグマをサポートし,GROUP BYをインデクスに使って検索できるように対応したことを紹介しました。また,既存のテーブルをFULLTEXT INDEXだけではなく,INDEXの対象となる語彙表として使えるように対応したとのことです。

MroongaはMySQL/MariaDBのプラグインでどちらでも使えます。今後の予定としてMariaDBへのバンドルの作業中だと言います。

最後に,⁠Groongaの機能でまだMroongaで使えないものを使えるようにしていきますので,要望はgroonga-devというMLに投げてください」と述べていました。

発表に興味のある方はUsteramの録画第1部の録画の17分14秒目頃)をご覧ください。

Droongaの紹介(森大二郎さん)

未来検索ブラジルの森大二郎さんは,Droongaについて発表しましたスライドはこちら)⁠

画像

Droongaはリアルタイム分散処理エンジン,分散データストア,分散型全文検索エンジンとして使えます。今日初めてリリースデビューしました。Droongaではストリーム指向,リアルタイム指向,可用性重視,拡張性重視という意図があって設計したと言います。また,入出力をJSONにしたストリーム処理をカスケードして様々な処理ができること,Rubyで書いたPluginによって機能拡張ができることを紹介しました。

これからは,droonga.orgで情報を発信していくそうです。

発表では,内部のモジュール構成など設計方針について説明していますので,興味のある方はUstreamの録画第1部の録画の30分目頃)をご覧ください。

Grnxxの紹介(矢田晋さん)

未来検索ブラジルの矢田晋さんは,Grnxxについて発表しましたスライドはこちら)⁠

画像

Grnxx(ぐるんたす)はGroongaの後継で,名称の由来はGroongaとC++を組み合わせたものだと紹介しました。

開発の経緯は,Groongaよりも「大きなデータを扱えるように」⁠速くデータを検索・更新できるように」⁠小さくデータを格納できるように」するためとのことです。そのため,設計が新しくなっています。

発表では,新設計の利点や解決すべき課題についても説明していますので,興味のある方はUsteramの録画第1部の録画の45分20秒目頃)をご覧ください。

第2部:Groongaと商用利用

第2部はGroongaと商用利用についてです。

SCSKさんのMroongaサポートの紹介(池田さん)

SCSKの池田さんは,SCSKではMroongaの技術サポートを始めたことを発表しました。

SCSKではGroongaの前身であるTritonnの技術サポートをしており,⁠MySQL + Senna」を提供していたそうです。詳しくは会社のサイトを確認してみてくださいと話していました。

興味のある方はUsteramの録画第2部の録画の5分20秒目頃)をご覧ください。

画像

Groongaビジネスパートナー募集(南慎一郎さん)

クリアコードの南慎一郎さんは,Groongaについてのビジネスパートナーを募集していることを発表しましたスライドはこちら)⁠

クリアコードではGroongaのサポートサービスを1年余りやっているけれども,お客様のニーズに応えられないケースが多く,Groongaの普及にはサポート体制の強化が必要であると感じたそうです。そこで,様々な方と連携してGroongaに関連したビジネスを立ち上げ盛り上げていくために,ビジネスパートナーの構想を作っていきたいと述べていました。

興味のある方はUsteramの録画第2部の録画の16分37秒目頃)をご覧ください。

画像

著者プロフィール

浅川倫之(あさかわともゆき)

株式会社 デジタルファーム CTO / 株式会社 インターネット尾張 取締役

SORDにてCP/M,MS-DOSなどの移植を経験した後フリーになり,組み込み系システム等を制作 NEXTSTEPを利用したシステム開発を行い,複数のISPの立ち上げにも関与。現在はWEBシステムの開発を主にしている。

基本的にサーバーとしてはFreeBSDを使用しているが,クライアントマシンはMAC OS X/iOS。しかし純粋なマカーではなく,OS 9以前は邪悪なOSと公言してる。

Twitter:@asakawaya

コメント

コメントの記入