レポート

ソーシャルゲーム,ボードゲーム,ファミコンまで!? Global Game Jam 2014参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

48時間でゲームを作れ!世界最大のゲーム開発者の祭典!

画像

Global Game Jamというイベントをご存じですか?

Global Game Jam(GGJ)とは,世界中のゲーム開発者がイベントで出されるテーマをもとに世界同時にゲームを開発するハッカソンです。開発に与えられる時間はわずか48時間。この短い時間の中でプログラミング,グラフィック,音楽,そしてリリースまでをこなさなければなりません。

参加者はアマチュアの学生やプロで主に構成され,中には高校生や業界20年以上の大ベテランまでいたりします。この集まった参加者から即席のチームを編成し,3日間でゲームを開発します。アマチュアはプロの仕事に触れることができ,プロは仕事では挑戦できないゲームを自由に開発できるのがGGJの醍醐味です。

GGJは2009年から始まり,今年で6年目。1月24~26日の3日間に開催された今回の2014年大会には世界72ヶ国から23,710人のJammerが集い,4,282本のゲームが開発されました。GGJの参加者は毎年増え続けており,今年も世界最大のゲーム開発イベントとして,ギネス記録の記録を更新しました。

本稿ではそんなゲーム開発者の祭典であるGGJの国内会場の一つ,札幌会場の模様をレポートします。

札幌会場は札幌ゲーム製作者コミュニティKawazのメンバーが中心となって運営されており,札幌で行うGGJとしては今年で4年目です。今年の参加者は約80名11チーム。これは国内21会場のうち,八王子会場に次ぐ規模です。札幌会場はエンジニアだけではなく,イラストレーター,コンポーザ,ライターなど,幅広い技術を持った人たちが集まるのが特徴です。

画像

オープニングとテーマ発表

イベント初日の1月24日18時頃。GGJの参加者が続々と会場に集まり始めます。

画像

GGJでは毎年「テーマ」が用意され,参加者たちはそのテーマに沿って各々の作品を製作します。

過去のテーマを振り返ってみると,「Taboo(禁忌)」,「Deception(騙す)」,「Extinction(絶滅)」という単語が続きましたが,一昨年は打って変わって「ウロボロスの画像」,続く昨年は「心臓の音」という変わり種のテーマが出されました。

2012年大会のテーマの「ウロボロスの画像」では,与えられたのは次の1枚

画像

そして今回2014年大会。オープニングにて知らされたテーマは次のものでしたテーマ発表動画はこちら)。

今大会のテーマ

画像

このテーマの発表と共に,48時間の長いようで短い戦いが幕を開けました。

この画像に書かれている言葉We don't see things as they are, we see things as we are.はフランスの作家アナイス・ニンが残した一節で,日本語に訳すと「私達は物事をあるようには見ないで,私達が在るように見ている」と言った意味です。単語,画像,音と来て,今回のテーマは言葉。抽象的で非常に難解なテーマとなりました。

難解と言えど,GGJでのテーマは発想を縛るものではありません。また,テーマを守る義務やレギュレーションもありません。そのため,常識に捕らわれない解釈を披露しあうのもGGJの楽しみの一つです。

PCゲームだけじゃない! 札幌会場の製作風景

いよいよ製作開始。様々な職種の参加者たちが自分の得意なスキルを発揮します。

モデリング

画像

グラフィック

画像

プログラミング

画像

GGJはコンピューターゲーム開発のイベントだと思われがちですが,今年の札幌会場では多種多様なゲームが開発されました。

例えばボードゲームを開発するチーム。ボードゲームは企画からテストプレイまでが容易です。会場内では何度もプレイされ,バランス調整がされていました。

ボードゲーム試遊会(左図)。
粘土を使ったゲームを製作をするチームも!(右図)

画像 画像

札幌会場で最も注目を集めたのは,ファミコンを実機開発するチームです。

実機で動くコードをアセンブラで記述し,実機のROMに書き込み,ブラウン管に繋いだファミコンで動作させていました。グラフィックをアセンブラにコンバートするツールも開発し,iPadでファミコンのグラフィックを描くという他では見られない光景もありました。

ファミコン実機デバッグ。ここだけ昭和の光景(左図)。
他所では見られないiPadでのファミコン開発!(右図)

画像 画像

会場にはRed Bullの冷蔵庫が設置されており,無限に翼を授かり続けることができました。3日間開発できたのはRed Bullのおかげです。

無限に沸いてくるRed Bull

画像

全部屋に設置されたスクリーンとソーシャルストリームも札幌会場ならではでしょう。開発中の様子が他のフロアの参加者にも伝わり,独特の一体感がありました。

設置されたソーシャルストリーム

画像

著者プロフィール

giginet

突っ走るプログラマ。札幌市在住。普段はiOSアプリを中心に,インディーズゲーム開発を行っている。札幌ゲーム製作者コミュニティKawazを運営しており,昨年のGlobal Game Jamオーガナイザーも勤めた。

ゲーム開発のみならず,はてなやクックパッドのインターンシップにも参加するなど,Web分野での活動も行っている。本業は大学院生。

ブログ:http://giginet.hateblo.jp/
Twitter:@giginet


meyco

アートとデザイン紙一重を目指すGame UX / UI インタラクションデザイナー。また,QRcode Artistとしても活躍しており,2013年TEDxKGにスピーカーとして登壇した。Brilliant Color Internationalに所属し,現在は世界7カ国と仕事している。札幌市在住。

Twitter:@meyco
ポートフォリオ:http://meycou.com/
meycoのUX/UI技術メモ:http://meyco.hateblo.jp/

バックナンバー

2014年

  • ソーシャルゲーム,ボードゲーム,ファミコンまで!? Global Game Jam 2014参加レポート

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入